FC2ブログ

中欧4カ国紀行 2 プラハ旧市街地散策

9月26日の午後はプラハ旧市街地の散策です。市民会館近くのレストランで昼食を済ませ散策がスタートしました。共和国広場からミュシャのムハ美術館に立ち寄りヴァーツラフ広場に向かいました。

(ティーン教会前の旧市街広場)
プラハ6

ヴァーツラフ広場はチェコの革命の舞台となった所です。特に、1968年のプラハの春ではソ連が介入し戦車が広場に乗りいれたことなど、我々世代には記憶に残ることです。現在はプラハ大通りと言ったところで平和そのものです。

(民族衣装をまとった鍛冶屋)
プラハ8

広場は歩行者天国で各種の催しが行われ賑わっています。古来の方法で農具をつくる鍛冶屋は日本と同じで、文化の共通性を感じました。広場から200mくらいのところにハベル市場があります。

(店頭に並ぶ色とりどりの果物)
プラハ9

市場は常設で、野菜や土産物の雑貨などが売られています。色とりどりの新鮮な果物が目を引きます。販売者はしつこく売りつけることもなくおおらかです。記念にプラハ城を描いた絵を1枚購入しました。

(迷路のような石畳の裏通り)
プラハ7

(便利な充電式のスクーター)
プラハ10

石畳の迷路のような風景に惑わされ、集合場所の旧市街広場に中々たどり着けません。結局、添乗員に日本経由の国際電話で連絡を取り落ち合ったのは午後7時でした。ちなみに、外国での日本人のスマホ利用は、近くにいても電波は日本を経由することになりますので国際電話料金になってしまいます。
日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中欧4カ国紀行 1 プラハ

9月25日から8日間、秋の中欧4カ国を旅しました。直行便がないのでフィンランドのヘルシンキ経由でプラハへ、約12時間のフライトです。プラハの到着は午後8時過ぎとなりましたので、この日は宿泊のみです。

(プラハ城内に建つ聖ヴィート大聖堂)
プラハ1

プラハ城は、かつてボヘミア大国や神聖ローマ皇帝の居城でした。現在はチェコ共和国の大統領府がおかれていますので、大統領になれば国王になった気分でしょう。ギネスブックによると、世界で最も古く大きな城で「世界の名城25選」に選ばれています。

(ヴルタヴァ川越に望むプラハ城)
プラハ5

プラハ城の中にはゴシック建築の代表例である聖ヴィート大聖堂が聳えています。天井の高い聖堂内部には複雑なステンドグラスが荘厳さを醸し出し、中でもミュシャのステンドグラスが目を引きます。

(天井の高い聖堂内部)
プラハ2

(ミュシャのステンドグラス)
プラハ3

プラハの街は、フラチャヌイの丘の頂にあるプラハ城を中心とした城下町です。城と大聖堂の尖塔は市内の各地から眺めることが出来ますが、ヴルタヴァ川に架かるカレル橋方面からの遠景が良いようです。

(城内からの眺望 カレル橋方面)
プラハ4

ヨーロッパの都市は石文化が発達しましたが、プラハも坂道の多い石畳の都市です。市内は似たような石の建造物と石畳の景観が続きますので、地図を片手に歩いても迷いがちです。私も予定の集合時間に遅れてしまいました。市内の散策は次回に掲載します。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!