いわき夢ワイン 「いわきヌーヴォー2016」

いわき夢ワインを育てる会が主催する、今年生産された〝ヌーヴォー″を楽しむ「いわきヌーヴォー2016」が23日、いわき産業創造館で開かれました。

(今年の ヌーヴォーいわきワイン)
ワイン会1

会場は満員、約250人が参加し晩秋の宵をいわき産のワインに酔いしれました。
いわきワイナリーはNPO法人みどりの杜福祉会が運営するもので、障がい者の就業支援を兼ねています。

(Hagi フランス料理店シェフ 萩さん)
ワイン会3

イベントは主催者会長、Hagiフランス料理店の萩春朋シェフの挨拶で開会となりました。乾杯は、今年できた「スパークリング梨ワイン豊水」です。

(ワインを楽しむ いわき市長 清水さん 中央)
ワイン会4

今年醸造のワイン4種類に加え、昨年のワイン9種類が用意され、飲み放題です。萩シェフ自慢のオードブルも振る舞われ、ワイン談議に花が咲きました。会費3000円也、格安で心行くまでいわきワインを堪能しました。

(フィナーレの乾杯)
ワイン会2


スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

錦秋の古都 (奈良県庁屋上は隠れた観光スポット)

奈良県庁は隠れた観光スポットです。屋上広場さらに上の展望台からは、奈良盆地の景観が一望のもとに眺められます。

(東側 若草山方面)
奈良県庁1

東側から南側に広がる奈良公園内には天平の甍が広がります。東側には左から東大寺大仏殿、二月堂、三月堂、春日大社などが望まれ、奥には若草山、春日山がなだらかに広がっています。大仏殿の巨大な屋根が際立っています。

(際立つ東大寺大仏殿)
奈良県庁2

南側には興福寺の伽藍が広がり、五重塔が間近に見えます。五重塔をほぼ水平位置から見ることの出来るスポットは他にはないでしょう。

(南側 興福寺五重塔)
奈良県庁3

西側には奈良の市街地越しに生駒山地の山並みが望まれます。この方向が大阪湾に至る飛鳥、藤原、奈良の都と海をつなぐ道が通っています。この道を通って、中国や半島の進んだ文化が伝わったのでしょう。

(西側 市街地越しに生駒山地)
奈良県庁4

奈良観光を始める前に県庁屋上に立って奈良盆地を概観することをお勧めします。神社仏閣の位置関係を見定め観光コースを設定するのにもってこいの場所だと思います。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

神谷(かべや)エゴマの搾油

神谷(かべや)で収穫したエゴマ約80キログラムを金山町に運びました。金山町玉梨エゴマの会の栗木さんに依頼し搾油してもらうためです。晩秋の奥会津は今年最後の輝きを見せるような紅葉です。

(晩秋の奥会津金山町)
エゴマの搾油1

搾油所で栗木さんに神谷エゴマを見てもらうと、粒も大きく上出来だということです。栗木さんの話によると、耕作面積の割には収穫量が少なかったのは、実の落とし方に問題があるのではないかと言うことでした。

(金山町の搾油所で 神谷エゴマクラブメンバー)
エゴマの搾油2

エゴマの実は非常に細かいので、刈り取った枝を持ち歩くと落ちてしまうので、その場で落とすのが良いようです。それに、稲の刈り時期の後にエゴマを収穫となったため雀の格好の餌場となってしまったようです。来年の課題です。

(韓国製のエゴマ搾油器)
エゴマの搾油3

搾油所には金山町の各地から持ち込まれたエゴマがありましたが、会津地区外のエゴマは神谷産だけでした。奥会津産と比べてもそん色はありません。今後も自信を持ち栽培できそうです。

(問題のあった今年のエゴマの実落とし)
エゴマの搾油4

搾油所では、持ち込まれたエゴマの実を数回洗浄し、乾燥した後搾油します。12月の上旬には神谷エゴマ油が出来上がる予定です。「神谷エゴマクラブ」に参加した皆さんに配布するのも間近です。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

錦秋の古都 (長谷寺)

小春日和の午後、桜井市初瀬にある長谷寺を訪ねました。門前の食堂で素麺と柿の葉寿司で腹ごしらえ、山門をくぐると全山紅葉です。仁王門からの登廊は約400段、健脚自慢にも堪えました。

(本堂の内部)
長谷寺 1

長谷詣では初めてです。西国三十三観音の第八番札所になっています。御本尊十一面観音菩薩が安置されている本堂は、初瀬山の中腹の断崖絶壁に立つ舞台造りで清水寺に似た感じです。

(約400段の登廊)
長谷寺 2

テラス状になった舞台からは初瀬の赤や黄色に彩られた山々が見渡せ絶景です。紀貫之や松尾芭蕉など多くの歌人・俳人が詠んだ歌碑や句碑を見るにつけ、古人も同じ風景を眺めながら心を打たれたのだろうと思うのでした。

(断崖に立つ本堂からの眺め)
長谷寺 3

ご本尊の特別拝観期間でしたので、本堂に入り身の丈三丈三尺(10メートル余)の十一面観音菩薩像を見上げながら像の周りを一周しました。何か良いことがありそうな予感です。

(本堂から五重塔を望む)
長谷寺 4

五重塔は昭和29年、日本で戦後初めて建てられたもので「昭和の名塔」と呼ばれています。均整がとれ、塔身の丹色と相輪の金色、檜皮葺の屋根などが周辺の紅葉の景観と調和し光彩を放っています。

(「昭和の名塔」と呼ばれる五重塔)
長谷寺 5

午前中の室生寺、午後からの長谷寺、山岳地形を巧みに活用した密教寺院の魅力に取りつかれました。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

錦秋の古都 (室生寺)

JR奈良駅の近くからレンタカーで、宇陀市郊外にある室生寺に向かいました。約1時間のドライブで着いてしまいましたが、平安時代にあってこの地は深山と清流に恵まれた都を遠く離れた静寂の郷だったようです。

(参道の紅葉のトンネル)
室生寺 1

室生寺は半円状に蛇行する室生川に囲まれた急崚地帯に立っています。門前に連なる茶店や旅館を過ぎると清流に朱塗りの太鼓橋が架かっています。この橋を渡ると室生寺の境内で、今が盛りの紅葉のトンネルを潜ります。

(仁王門を潜り鎧坂へ)
室生寺 2

表門から参道を川に沿って進み仁王門を潜って、幅の広い急な石段(鎧坂)となります。登りだすと石段の頂きに紅葉に囲まれた金堂の屋根が見えてきました。金堂内の本尊釈迦如来像などの諸仏を拝観した後、弥勒堂へと進みます。

(紅葉に囲まれた金堂)
室生寺 3

さらに石段を登ると、やや広い平地となり国宝潅頂堂(本堂)が建っています。山岳の地形を巧みに利用した建築物が立ち並んでいます。そして、極めつけは国宝の五重塔です。朱塗りの小型な五重塔は、周囲の杉の巨木の中に溶け込んで自然と一体感のある佇まいです。さらに登ると奥の院に至るのですが、午後に長谷寺訪問の予定があるので引き返しました。

(自然と一体化した五重塔)
室生寺 4

室生寺は四季それぞれの静かで落ち着いた風情を楽しめる寺院です。今回は錦秋の時期でしたが、春の桜、新緑、石楠花の季節なども魅力的だろうと思いながら室生寺を後にしました。

(鮮やかな紅葉)
室生寺 5

奈良時代の整然とした伽藍をもつ南都仏教の寺院は壮観ですが、平安時代の山岳に建てられた密教寺院は自然との一体感があり、違った魅力を感じます。

(帰路 次回は新緑の季節に)
室生寺 6




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!