千代田さくらまつり

「ふるさとマルシェ」では、千代田さくらまつりに合わせて行われた靖国神社の「さくらフェステバル」に出店しました。今年は3月25日(金)~ 27日(日)の3日間、参道の両側に約200の露店が軒を並べました。境内にある東京都の桜の標本木は3分咲き位でしたが、3日間とも好天に恵まれましたので、30万人を超す参拝者と花見客で賑わいました。

(千代田さくらまつり 靖国神社大鳥居)
さくらまつり 1

(境内の標本木は3分咲き)
さくらまつり 5

「ふるさとマルシェ」の出店は今年で5年目になります。震災の翌年、さくらまつり主催者の千代田区商店街連合会から参加の呼びかけがあり、以後毎年の恒例行事として出店しています。

(「ふるさとマルシェ」 5年目の出店)
さくらまつり 2

今年の主力商品はお酒とウニの貝焼きです。お酒は「ふるさとマルシェ」のオリジナル商品、三代目「神谷(かべや)」と「神谷原酒」に加えて「又君と杯を挙げん」を提供しました。「又君と杯を挙げん」は、いわきの四家酒造と提携した吟醸酒です。ウニの貝焼きとお酒の組み合わせはお花見にぴったりだったようです。

(人気のウニの貝焼
さくらまつり 3

貝焼きの香りに惹かれてお酒を求め、芳醇なお酒の肴にウニを食む、相乗効果が功を奏し大変な人気でした。お陰様でウニは早々と完売となってしまいました。「ふるさとマルシェ」の両隣は、秋田県と岩手県の海産物など販売するブースでしたので、お客様にとっては魅力的なコーナーとなっていたようです。

(美酒「神谷」に酔う お花見グループ)
さくらまつり 4

神谷」を大量に買い込んだグループを追跡してみると境内の一角で宴たけなわです。「神谷」の感想を聞いてみると、スッキリした飲み口ですいすい飲めるということでした。杯を片手に「花よりお酒」といった雰囲気です。
「来年も出店しますので、神谷お忘れなく」とのあいさつに「来年も待っています」とのこと。三代目神谷のお花見デビューは大盛況でした。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

京都の食文化

その土地ならではの食に触れるのは旅の楽しみです。特に京都は長い歴史の中で育まれた日本人の伝統的な食文化の原点と言えるでしょう。2月の旅行の折、幾つかの伝統料理を味わってみました。
錦市場で買い物を済ませると宵闇も迫っていました。「何処ぞで一杯」と考えながら歩いていると、鮨・京料理「味楽」の看板が目に留まり地階にある店に入ってみました。コース料理と幾つかの単品を頼みましたが逸品でした。ご主人の「地元の方以外、観光客はほとんど来ません」という話通り、食事が終わるまでお客さんは来ませんでした。

(楽味の店主 黒崎さん)
京の食 2

(造りは日本海の鮮魚)
京の食 3

(焼肴 蛤・小串)
京の食 4

(京都といえば「鱧料理」)
京の食 5

昼食は臨済宗大徳寺派の大本山「大徳寺」の境内で営業する「泉仙」にしました。ここの名物は、僧侶が托鉢の際に用いる鉢をかたどった「鉄鉢料理」です。
調理の心得「喜心」には、イヤイヤながら調理しないこと、そんな心で作っても美味しい料理は作れません。作る人の心が料理に表れるものです。と書かれています。この言葉に感銘を受け熱燗一本を飲みながら美味しくいただきました。

(大徳寺の「鉄鉢料理」)
京の食 8

南禅寺と言えば「湯豆腐」、総本家ゆどうふ「奥丹」の看板に惹かれのれんを潜りました。店の案内には、「四季折々に、情趣を愛でられて350余年、総本家ゆどうふ処奥丹は、遠く寛永12年、将軍家光の頃より閑雅静寂の地、南禅寺のほとりに京ならではの枯淡な味わいをつくり続けてまいりました」と書かれています。
私の舌が肥えたのか、日ごろ食べる豆腐の味が良くなったのか、奥会津の玉梨豆腐と比べどうなのか、などと考えながら熱燗で名物ゆどうふを摘まみました。

(奥丹のゆどうふ)
京の食 7

錦市場は安土桃山の時代から「京の台所」と呼ばれていました。京野菜や豆腐、魚などの生鮮食料品を販売する店が所狭しと軒を並べています。試食品を摘まみながら歩くと、これを肴に一杯やらない手はない、となってしまいました。マグロの中落ち、ウナギの肝焼き、ツグミの焼き鳥、千枚漬けなどを買い込み、ホテルで京の美酒「英薫」を心行くまで酌み交わしました。

(食欲をそそる錦市場の食材)
京の食 9


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

いわきの桜が開花しました。

このところの春の陽気に誘われ、いわきの桜が咲きだしました。本格的な春の到来が感じられる今日この頃です。

(高坂団地の桜 3月17日)
いわきの桜

いわき市内郷にある高坂団地は、丘陵地の南斜面に位置しますので日当たりも良く温暖です。3月17日、住宅地の斜面に植えられているソメイヨシノが3分咲き位になっていました。地域の人に聞くとここの桜がこの地域で一番早く咲くのではないかと言っています。

(いわき万本桜 回廊美術館付近の桜)
いわきの桜 1

いわき市平中神谷の「いわき万本桜プロジェクト」が植樹をしてきた各種の桜は4000本位になっています。スタートから5年が経過していますので幹も大分太くなってきました。回廊美術館付近に植えられた桜が咲きだしています。植樹に協力した方は、自分の桜が咲くのを心待ちにしているようです。

(菜の花が咲きだした回廊美術館 後ろの山頂に再生の塔)
いわきの桜 3

「いわき万本桜プロジェクト」では本格的な桜の季節を前に施設の整備が進んでいます。蔡國強さんがプロデュースした「再生の塔」の組み立ても進んでいます。地域の復興のシンボルとなるような見事な塔が出現しました。塔の周りには地元の小学校の児童による植樹が進んでいます。3月の植樹会は27日(日)に行われる予定です。

(万本桜のシンボル「再生の塔」)
いわきの桜 2

いわきは県内で桜の開花が最も早い地域です。この陽気続くと今月中に見頃を迎えるのではないでしょうか。

(わが家の緋寒桜)
いわきの桜 4

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

幕張メッセ「FOODEX JAPAN 2016」

ケイアンドエム社の前島一夫さんの招待で「FOODEX JAPAN 2016」に行ってきました。会場は千葉・幕張メッセです。この企画は、アジア最大級の食品・飲料専門展示会で1976年より毎年開催されています。今年は過去最大規模となる81カ国、国内約1100社、海外約1700社の展示ブースが集結しました。私も過去3度見ていますが、規模・内容ともに年々充実して来ています。

(オリーブ輸出会社のクレタ島生まれの青年)
幕張食品展

この展示会は出店者・来場者双方のビジネス拡大に絶好の場として高い評価を得ています。前島さんはギリシャのオリーブオイルを販売する会社を支援するため開催期間中顔を出しているようです。前島さんのケイアンドエム社は銀座でクレタ島から輸入したオリーブオイルを日本人向けに販売しています。

(クレタ島テラクレタ社の新商品のオリーブオイル)
幕張食品展 1

(日本での輸入元を探しているオリーブの加工品)
幕張食品展 2

展示ブースのほとんどが試食・試飲のための商品を用意していますので食通にはたまりません。私はフランス・イタリア・ドイツなどのワインの飲み比べに徹しましたのでほろ酔い気分です。神戸でワイン輸入会社を経営するウォルフガングS.フォスターさんは巧みな日本語でお勧めのワインを紹介していました。聞けば、日本滞在も30年になるということです。

(中央 ワイン販売会社トップルの社長フォスターさん)
幕張食品展 3

親日国トルコのコナーに立ち寄ると女性のアテンダントがドライフルーツや菓子類を勧めてくれます。一昨年トルコの旅を楽しみましたので、立ち寄ったマラティアやネムルート山の話をすると意気投合し、しばし歓談しました。

(トルコ菓子を勧めるアテンダント)
幕張食品展 4

FOODEX JAPAN 2016」目的は食の商談会ですが、それ以上に食を通した異文化交流の格好の場となっているようです。

(「FOODEX JAPAN 2016」の広大な会場)
幕張食品展 5



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 出張 - ジャンル : 就職・お仕事

5年目を迎えた「福島を忘れない祈りの集い」

下村満子の生き方塾盛和塾福島が主催する「福島を忘れない祈りの集い」が3月5日、いわき市四倉海岸で開催されました。天候は曇り、日の出を見ることは出来ませんでしたが、午前6時参加者全員が東の空に向かって33秒間黙祷し震災で犠牲になられた方の冥福を祈りました。

(主催者の下村満子さん)
祈りの集い 1

震災1年目に当たる2012年3月11日にスタートしたこの行事は、今年で5年目になります。1年目は薄磯海岸、2年・3年目は新舞子海岸、4年目からは四倉海岸といわきの海岸線を移動して開催して来ました。年を重ねるにしたがって共催・後援をする団体の幅も広がりを見せています。

(鎮魂の祈りを込めた じゃんがら念仏踊り)
祈りの集い 2

昨年からは地元四倉町にも実行委員会がつくられ、地域を挙げた企画となり組織的に充実を見せてきました。私の知り合いの方もボランティアとして朝食の提供に当たっていました。

(いわきテレワークセンターの参加者)
祈りの集い 4

あの忌まわしい大震災から早5年。福島は「風評被害」と「風化」の風にさらされながら復興の歩みを続けています。しかし、最近のアンケート調査によると、震災地域内の絆、震災地域と取り巻く地域の絆は弱まってきているとの結果が出ています。

(四倉町内会のボランティアの皆様)
祈りの集い 5

この集いも、1年目に1000人以上あった参加者も逓減しているようです。年を重ねる毎に企画の充実を見てきただけに参加者減は残念です。確かに、震災関係の追悼行事は各地で数多く行われていますので、年を経ることに形骸化現象が起こるのは避けられないのかもしれません。
震災地域に生きる者として、この企画が形と心が一体となった「祈りの集い」として歴史を刻むことに期待を寄せています。

(提供された手打ちそばを味わう参加者)
祈りの集い 6



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 福島県 - ジャンル : 地域情報