サンシャイン「いわき」

1月初旬まで暖冬かと思っていたら急変し日本中が極寒に見舞われています。長崎は15センチの積雪を観測し沖縄でもみぞれが降ったというのですから驚きです。このところ、天気予報の地図上は日本中雪のマークで埋まっています。

神奈川の友人が電話で開口一番「福島の雪は大変でしょう」とのお言葉。テレビの県外天気予報は県庁所在地ですので、そう思うのも無理はありません。福島と言えば会津、会津と言えば雪国、県内すべて雪と思うのも当然です。

(雪が残るのは水石山の山頂だけ)
サンシャインいわき 2

ところが、いわき市は1月23日にうっすらと雪化粧になったものの、雪らしい雪はほとんど降っていません。東北の湘南と言われていますが、この地域は関東圏より雪は降りません。23日、東京の大雪のニュースも別世界の話のようです。

(夏井川河口付近の大規模ソーラー発電)
いサンシャインいわき 1

「サンシャインいわき」を紹介しましょう。1月25日のいわき市です。夏井川の河口付近に設置されている大規模ソーラー発電所は終日フル稼働しています。いわき市は日照時間が年間2000時間を超え全国トップクラスで、震災以後ソーラー発電が急増しています。

(再開が待たれる薄磯海水浴場)
サンシャインいわき 3

豊間の薄磯海岸は津波で大きな被害を受けました。現在、一帯の地盤かさ上げ工事が急ピッチで進んでいます。この浜辺の風景の中で忍びないのは、風光明媚な遠浅な海水浴場が未だに再開できないことです。塩谷崎灯台の下には美空ひばりの記念碑が青空のもとにすっくと立っています。

(極寒の海に向かう若者)
サンシャインいわき 4

灯台西側の豊間海岸は波がサーフィンに適しているため、サーファーには人気のスポットになっています。25日は晴天、酷寒の海もサーファーには気にならないようで、多くの若者が波乗りに興じていました。

(サファーの人気スポット豊間海岸)
サンシャインいわき 5

原発事故の直後はできるだけ遠くへ避難する人が多かったのですが、いわき市の安全が宣言されると移住者が増加しています。それに伴いマンション建設や宅地の造成が急速に進み異様な活気を呈しています。自然災害が少なく温暖で住みやすいことが好感をもたれているのでしょう。
2月14日には、いわき市が主催するサンシャインマラソンが開催されます。雪のないサンシャインロードを走ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

恒例の「餅つき大会」 中神谷西区

中神谷西区、恒例の「語り部の話を聴く会・餅つき大会」が1月11日神谷公民館で開催されました。「語り部の話を聴く会」は、今年も語り部の小澤洋子さんを招き行われました。今年は「食わず女房」など5つの民話が語られました。ワークショップを取り入れた興味ある内容でしたので、子供も大人も童心に帰って聴き入りました。

(ワークショップを取り入れた小澤さんの民話)
餅つき大会 1

(子供も大人も興味津々)
餅つき大会 2

「餅つき大会」は、晴天に恵まれて屋外での開催です。会場となった公民館の庭先は、元気な子供たちのはしゃぎ声にあふれました。最近は便利な餅つき器の普及で、子供たちにとって臼や杵は民俗館の展示物と言ったところでしょう。つきたての餅は、お雑煮、黄粉餅にしてお代わり無制限、もち米10k分の餅は完食です。

(楽しい餅つき)
餅つき大会 3

食後は、縁起物の「花餅飾り」の製作。水木という樹木の枝に色のついた餅を飾り付けます。親子での芸術作品の制作は微笑ましい光景です。この行事は、多くの地方で小正月に行われていたようです。

(冬空に餅の花が満開)
餅つき大会 4

震災前、これらの行事は「鳥小屋」の一環として行われていましたが、震災後は屋外行事の自粛で中止しています。子供たちに「鳥小屋」の中でいろりを囲み、民話を聴いたり、餅を焼いて食べたりすることで伝統文化の体験をさせることを目的にしていました。放射性物質の安全宣言が出ましたので、そろそろ復活しては、との声もあるのですが、中断された行事を再開するのは難しいものです。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

金沢美千代著「日本初ロケット戦闘機」

いわき市出身の金沢美代子さんが書いた「日本初ロケット戦闘機」を読みました。この書は、金沢さんの父親道一さんから聞いた、道一さんの戦争体験記です。道一さんは戦争末期の昭和20年から終戦にかけて、神奈川県追浜にあった航空隊の研究所に配属されていたということです。

(金沢美千代著「日本初ロケット戦闘機」)
ロケット戦闘機 2

この研究所では、当時の同盟国ナチスドイツから得た技術でロケット戦闘機を開発しようとしていたというのです。この戦闘機で日本に飛来するB29を撃墜しようとしたというのです。この計画は実験機の飛行はしたものの、実戦配備には至りませんでした。この研究所では隊員は厚遇され自由な雰囲気の中でロケット戦闘機の開発に当たったというのです。そして、終戦に際しては破格の手当が支給されたというのですから驚きです。

(在り日の日本初ロケット戦闘機)
秋水 1

金沢さんは、この戦争実話を入院している道一さんを看病する中で聞き取ったということです。親子として長年生活を共にしていても、父親の過去の出来事などじっくりと聞く機会は意外とないものです。特に、戦争を体験した方には予想だにしない実話があるかもしれません。身近な高齢者に尋ねてみてはどうでしょうか。

(三菱重工が復元した「秋水」) 
秋水 2

実は私も幼少のころ、すでに他界した母方の祖父が話したことを思い出します。それは、祖父が兵隊としてバイカル湖の近くまで行き、極寒の地で「オシッコもウンチもカチカチに凍ってしまった」という、子供心に興味のある話でした。それ以上のことは覚えていませんが、後になって調べてみると、祖父のこの体験は「シベリア出兵従軍記」だったのです。今になっては聞きただす術はありません。




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

小寒のいわき

1月6日は小寒、冷え込みが一段と厳しくなる時季なのに一足早く春の到来が感じられる日々が続いています。東北の湘南と言われるいわき市も何時にない暖冬で早春の花々が咲き始めました。

(澤村神社の梅ノ木 12月27日)
小寒のいわき

12月27日に行われた澤村神社(いわき市平)の大祓い折、境内の東側にある梅林に行ってみると3分咲の木を発見。ちょっと早すぎます。

(澤村神社参道のつつじ 12月27日)
小寒のいわき 1

気を付けて周辺を見渡すと、春の兆しを通り越し「春が来た」さえ思えます。澤村神社参道にはつつじが咲き、大國魂神社(いわき市平)の蝋梅は12月中に満開になっています。我が家の庭でも水仙や福寿草が咲きだしています。

(大國魂神社の紅梅 1月3日)
小寒のいわき 2

1月4日、バイロンネルソンの初打ちは春そのもの、防寒具不要といったところです。ゴルフ場内の池にはマガモが春の日差しの中を伸び伸びと泳いでいます。

(バイロンネルソン カントリークラブ 1月4日)
小寒のいわき 4

南太平洋に発生したエルニーニョの影響による暖冬だと言われていますが、異常気象でしょう。地球温暖化の影響は静々と進行しているようです。何時にない灯油安というのに暖冬とは皮肉なものです。

(大國魂神社の蝋梅 1月3日)
小寒のいわき 3


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中神谷出羽神社の歳旦祭

新年おめでとうございます。
いわき市平中神谷にある出羽神社では歳旦祭が行われました。新年を迎える神社の飾り付けは総代・責任役員など総出で行われ、掃き清められた境内は何時になく荘厳な雰囲気になっています。

(歳旦祭 佐藤宮司の祝詞奏上)
歳旦祭 1

大晦日の深夜には参道の両側に灯篭が灯され、元朝参り訪れる氏子・崇敬者を迎えます。参拝者はそれほど多くはありませんが、出羽神社は鎌倉時代の初期1207年に創建され、大物忌神を主神とし月山・湯殿山羽黒山の出羽三山の神々を祭っています。

(除夜の鐘と同時に参拝する氏子)
歳旦祭 2

江戸時代には、正一位羽黒大権現の神階を受け、明治期には郷社に列格する由緒正しき神社で、大物忌神は倉稲魂と同一視され穀物の神として開運、商売繁盛にご利益があるとされています。

(参拝する氏子の皆さん)
歳旦祭 3

出羽神社歳旦祭は、10月に行われる例大祭と並んで大きな行事です。所願祈祷が行われますので、氏子は家内安全・身体堅固など願い事を託した護符を授かります。これで、出羽神社のご加護により平成28年「丙申」の年は平穏な年となるよう心に誓うわけです。

(直会は美酒「神谷」で新春を迎える)
歳旦祭 4

今年の大晦日・元旦は風もなく穏やかで、何か良いことが起こりそうな兆しが感じられます。地震など天変地変のない平和な年であってほしいと思います。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!