第2回 ドイツモーゼルワインを楽しむ夕べ

第2回ドイツモーゼルワインを楽しむ夕べが、6月23日いわきワシントンホテルで開かれました。主催はSMWザール・モーゼル・ヴィンツアーゼクト社で、共催はいわき市平にある株式会社三国屋とワインサークル・キャンティでした。現在、三国屋の社長高野さんはワイン事業部を立ち上げ、ドイツモーゼルワインを輸入販売しています。

(主催者の挨拶をするシュミット社長)
ワインの夕べ

会は、主催者のSMW社のアドルフ・シュミットさんの挨拶、来賓として参議院議員 日独友好議員連盟副会長の岩城光英さん、早稲田大学学長代理の藁谷友紀さんなどからの祝辞の後、乾杯となりました。

(早稲田大学教授 藁谷さん)
ワインの夕べ 1

乾杯には、白のゼクトリースリング クレマン ブリュットが使われました。ちなみに、ゼクトとはフランスワインではスパークリングのことです。その後は、前菜、肉料理、魚料理、デザートそれぞれに合わせたワインがそれぞれに合わせたグラスに注がれ、シュミットさんの通訳付きの説明で和やかなパーティーとなりました。

(和やかな雰囲気のワインの夕べ)
ワインの夕べ 2

酔いが回ると、グラス片手に交流が深まります。昨年のワイン会の折にシュミットさんに吟醸酒「神谷(かべや)」をプレゼントしていますので、感想などを聞いてみました。大変気に入ったと言うことですので来年またプレゼントすることにします。

(ヴィンツアーゼクト社のスタッフとの記念撮影)
ワインの夕べ 3

この会は、三国屋の社長高野達也さんと早稲田大学教授の藁谷友紀さんとの交友から始まったようです。藁谷さんは早稲田大学を卒業後ボン大学に留学し博士号を取得、外務省にも勤務したと聞いています。ちなみに、藁谷さんのシュミットさんへの歓迎の挨拶は流ちょうなドイツ語でした。

(ブドウの木の認定書を受け取る高野さん)
ワインの夕べ 4

会の最後に、高野さんにはシュミット社長から自社のブドウの木のオーナーになったという認定書が奥さん共々授与されました。これで高野さんは、昨年授与された名誉ケナーに加えてブドウの木のオーナーとなった訳ですので、日独ワイン同盟は一層深まったようです。

(各種モーゼルワイン)
ワインの夕べ 5




続きを読む »

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

皐月の庭

先祖が庭木に興味があったらしく、我が家の庭には多くの樹木が植えてあります。特に多いのは皐月です。皐月の開花は5月から6月にかけて2週間程度です。この期間が我が家の庭の最も美しいのですが意外と来客は少なく、「誰かに見せたいものだ」と思っているうちに散ってしまいます。

(皐月の庭)
皐月の庭 2

ところが、今年はイスタンブールの友人アビディンさんと学生時代の東京の友人平山君が、ちょうど良い時期に訪れました。アビディンさんはトルコには皐月はないというので、皐月の古木を見て驚いていました。
裏庭のアジサイも見ごろとでしたので、二人はちょうど良い時の訪問となったようです。アビディンさんは庭いじりが好きでイスタンブールの自宅の庭には、果物・野菜・花木など所狭しと植えてあります。マラティアの自宅の庭にはサクランボの木があったのを思い出します。

(アビディンさんと平山君)
皐月の庭 3

花の咲く植物は、咲いている時期は誰でも手入れをしますが、大切なのは咲いていない時期の管理です。当然咲いていない期間のほうが長いのですから根気のいる仕事なのです。

(裏庭のアジサイと夏椿)
裏庭

皐月は花が終わると出来るだけ早く刈り込みをします。そうすると、8月には新芽が出て花芽が作られるのです。これが、来年美しい花を咲かせるコツです。最近、刈り込みは電動バリカンのような機具がありますので便利ですが、熱い時期なので大変です。今月の末には来年の美しい開花を期待しながら作業開始となります。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

木村さんの合鴨農法

有機農法で水稲耕作をしている木村健一さんは、今年から合鴨の利用を始めました。合鴨による高い除草効果やウンカなどの害虫発生を抑制する効果も期待され、除草剤を使わない木村さんの農法には打って付けです。

(自宅で飼育する合鴨)
合鴨 1

と言っても、合鴨は生き物ですので管理は大変です。ひよこで購入しますので、水田に放す前は自宅で餌を与え飼育します。6月の初めに水田に放しますが、活動させる水田には逃げ出さないように網を張ります。また、夜間に収容する小屋も必要です。その他、イタチなど外敵に対する配慮も必要です。

(愛らしい合鴨)
合鴨 2

今年、木村さんは10アールの圃場で22羽の合鴨による農法を試みています。合鴨は農薬を使った圃場では育ちませんので完全無農薬農法の証明のようなものです。この秋に収穫される「ふるさとマルシェ」取り扱いの「神谷(かべや)米」には、その旨を表記する予定です。

(全員で除草作業開始)
合鴨 3

この圃場は市道に面していますので、朝夕小学生など多くの人が通ります。散歩を日課としているご夫婦が「可愛いですね」と、しばし足を止め眺めています。ちょっとした観光農園と言ったところです。

(人気の観光農園)
合鴨 4

余談ですが、役目を終えた合鴨はどうなるのでしょうか。残念ながら、合鴨は翌年になると稲の根まで食べるようになるので使えないのだそうです。そうすると「かもなべ」かな。木村さんは、「一生懸命働いてもらった合鴨を鍋にするなんて・・・」と困り顔です。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

洋上から見た東北の海岸線

茨城県大洗港から苫小牧港まで、カーフェリーで片道約19時間の船旅をしました。往路は夜間でしたが、復路は午前中に三陸沖、常磐沖を航行しました。風が強いものの好天でしたので、東北地方の海岸線を眺望することが出来ます。

(気仙沼付近 防潮堤工事が確認できる)
東北の海岸線 1

岩手・宮城のリアス式の海岸線は、東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、洋上からでは復興の様子は確認できません。この海底で大きな地殻変動が起こり、巨大津波がこの海岸線を飲み込んだのだと思うとある種の戦慄を覚えます。

(不気味な福島第一原発)
東北の海岸線 2

福島県に入ると海岸線に点在する発電所が目に入って来ます。相馬共同火力発電所、福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所、広野火力発電所、常磐共同火力発電所と並んでいます。あらためて福島県の海岸線が電力供給基地になっていることがわかります。

(広野火力発電所)
東北の海岸線 3

残念ながら、持参したカメラの望遠では原発の状況を確認することは出来ません。福島第一原発が、今だ「アンダーコントロール」の状況には至っていないことは周知の事実ですので洋上から見ると不気味な感じがします。

(浮体式洋上風力発電の巨大な風車)
東北の海岸線 4

原発沖を通過すると、楢葉沖の巨大な風力発電設備1基が見えてきます。この設備は経済産業省などが浮体式洋上風力発電の実証研究事業で、1基で2千キロワットの発電ができるということです。近隣の小名浜港で組み立て曳航し設置するということで、全部で3基稼働の予定だそうです。82メートルあるという風車はのんびりと平和に発電している様子で、背後に見える原子力発電所とは対照的な光景です。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

自宅敷地内の空間線量モニタリング

昨年7月に行われた自宅敷地内の除染業務事前モニタリングの結果を受けた、詳細線量検査が6月6日に行われました。この結果によって除染の有無を決定するわけです。忌まわしい原発事故から3年以上経過しているわけですから遅きに失しているのではないでしょうか。

詳細線量検査は自宅敷地内の約100地点で実施しました。結果は最も高い箇所で1時間当たり0.12μシーベルト、最も低い箇所で0.04μシーベルト、庭の平均値は0.07位でしょう。正式な通知はこれから届くそうですが、多分この数値では除染の必要はないでしょうとのことでした。

(測定状況を示す表示板 芝生の上の放射線量)
放射線量検査 1

昨年7月の検査では、最も高い地点(大木の下)0.26でした。地上1mの高さで0.23を超える数値が出ると、国が示した年間1mシーベルトの被曝レベルを超えることになり除染の必要になるわけです。0.26は地上1cmの数値で、1mでは0.18でしたので、その時点で基準値内だったのでしょうが、規定通り実施したようです。

(水が溜まりそうな場所の測定 0.07μシーベルト)
放射線量検査 2

市から委託された業者の技師は親切な方で、「心配な所があれば量ります」と言うので、木立の下や雑草の中などを指定し計測したのですが基準値を超える個所は無かったのでした。

(コンクリートの上 0.04μシーベルト)
放射線量検査 3

疑問が残るのは、原発事故の直後に簡易なガイガーカウンターで測定した時には、0.4位の数値はあったような気がします。それを発した放射性物質はどこに行ってしまったのでしょうか。雨水に流され下水道から河川へ、そして最終的には海に蓄積されることになるのでしょうか。原発周辺の帰宅困難地域住民の心労には比較にならないでしょうが、見えない放射線の恐怖を完全に払しょく出来ないのが現状です。

(植込みの中 0.08μシーベルト)
放射線量検査 4

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!