「神谷(かべや)地区新春の集い」を開催

「神谷地区新春の集い」が1月17日、東日本国際大学で開催されました。この会は神谷(かべや)地区の区長協議会が主催するもので、半世紀以上続いている伝統行事です。趣旨は地区の役員など要職にある方が集う新年の親睦会といったところですが、毎年地元選出の国会議員、県会議員、市会議員が来賓として出席しています。

会は区長協議会長の木村徳夫さんの「震災後の復興は道半ば、議員の方々のご助力、地域の方々の連携をお願いしたい」との挨拶で始まりました。来賓祝辞は、清水敏男いわき市長、吉野正芳衆議院議員、岩城光英参議院議員、森雅子参議院議員秘書、地元選出県会・市会議員などみちなかばであ11名に頂きましたので、1人3分と時間を切ったものの少し長いセレモニーだったようです。

(挨拶する岩城光英参議院議員)
岩城光英

祝辞の中で多くの方が異口同音に触れていたことは、神谷地区は地域内に幼稚園・小学校・中学校・高校・大学まである文教地区で人口も増加しており活気のある地域だということです。そして、この地域が進めている「いわき万本桜プロジェクト」と神谷地区で生産された米を使った吟醸酒「神谷(かべや)」の販売プロジェクトは地域活性化の起爆剤になっていると話していました。

(清水市長と記念写真)
清水市長

祝宴は美酒「神谷」を飲みながら神谷地区の夢を語る会となりました。ちなみに、この地区は中神谷西・中神谷南・中神谷北・鎌田・塩・上神谷・上片寄・下片寄の8つの地域から構成され、昭和25年までは神谷村と言われていました。地域の長老の話では「新春の集い」も神谷村の時代から行われていたということですので、まさに伝統行事であるわけです。

(会場となった東日本国際大学)
東日本国際大学

最近、地域に対する帰属意識や連帯感の希薄が指摘されていますが、この地域にも言えることです。このような会合が単なる宴会に終わることなく、新たな人間関係の構築、更には郷土愛の再確認を行い地域の活性化に繋がるものになってほしいと思います。

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中神谷地区の餅つき大会

1月12日、中神谷西区恒例の「語り部の話を聞く会・餅つき大会」を神谷公民館で開催しました。この催しは震災前には「鳥小屋行事」の一環として行われていました。しかし、いわき市も原発事故による土壌汚染が危惧されましたので、稲わらを使う屋外行事の「鳥小屋」は中止せざるを得なくなりました。それに伴い鳥小屋で行っていた「語り部の話を聞く会」も、公民館での開催となってしまったのです。

(子供たちに語りかける小澤さん)
語り部 小澤さん

第一部「語り部の話を聴く会」は、今年も小澤洋子さんが講師です。小澤さんには、狸の糸車、こぶとり爺さん、病悩山の足長手長など5つの民話を語っていただきました。民話には人間が生きていく上での教訓的内容が含まれていますので、大人が聞いてもうなずけます。今回は地域の行事の関係で子供の参加は15名と少なかったのですが、その分大人が聴き入っていた様子でした。

(小澤さんのお話に聞き入る子供たち)
語り部の話を聞く子供達

第二部は「餅つき大会」では千本杵を使って子供たちにつかせました。最近はこの地域でも餅つき機の利用となってしまいましたので、臼と杵による餅つきは珍しいようです。つきあがった餅はお雑煮ときな粉餅にして頂きました。子供たちの食欲は旺盛で、もち米10Kg分の餅は完食となりました。

(千本杵で餅つきを楽しむ子供たち)
餅つきをする子供達

第三部は五穀豊穣を願う「花餅飾り」です。私たちが子供の頃、農家では小正月の行事として多くの家庭で行われていたものです。水木という樹木の枝に紅白の餅を花が咲いたように飾るのが習わしです。祖母に教えてもらいながら作った花餅を神棚に飾った思い出があります。
親子で協力しながら「花餅飾り」を作る様子はほほえましく、なかなかの芸術作品が出来上がりました。帰宅後の団欒には、持ち帰った作品を見ながら話題となったことでしょう。

(完成した「花餅飾り」)
花餅飾り 1

震災後間もなく4年となりますが、放射能汚染の問題は解決されたわけではありません。この地域の一般住宅地の除染はこれから実施されることになっています。避難の必要がなかったこの地域は、避難地域に比べれば幸せなのかもしれませんが除染が必要な個所があることは事実です。子供たちが何のわだかまりもなく、屋外の活動を行える環境を整えることこそが復興の要ではないでしょうか。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

究極のトルコの旅 (旅の終わりに)

13日間のトルコの旅は前回の観光地を総花的に見て回るツアーとは違って、異文化体験を十分に味わったものとなりました。お付き合いいただいたアビディンさん一家に感謝申し上げます。アビディンさんはディベートに十分な日本語力を持っていますので、旅行中いろいろな話をしました。イスラム国など西アジアの国際問題にも及びました。

(ユーフラテス川の上流 約400Km下流は紛争地シリア)
DSCN0755[1]_convert_20150108170248

そのような話の中で感じたことは、日本人の歴史認識は西洋史観的になりすぎているのではないかという疑問です。また、西アジア史についての知識が不十分なことです。たとえば、日本の高校で学ぶ世界史の教科書の中には「十字軍の遠征」についてかなり詳しく記載されています。しかし、この史実はヨーロッパのキリスト教勢力からイスラム勢力に対する「遠征」であって、イスラム圏側から見れば十字軍の「侵略」に他ならないのです。西洋史観的な捉え方と言えるのではないでしょうか。

(エキゾチックな夜のブルーモスク)
DSCN0673[1]_convert_20150108165118

今回のトルコの旅はイスタンブールが中心でした。この都はいろいろな点で「際」であることが感じとれます。宗教における「際」は、イスラム教とキリスト教です。キリスト教文化がイスラム教文化に取って代わられたため、モスクの壁を剥がすと中からキリストのイコン現れるといった具合です。アヤソフィアの壁画には見事なキリスト像が描かれています。

(モスクの壁を剥がすとキリスト教のイコンが出現)
DSCN3662_convert_20150108171943.jpg

食文化にもトルコならではの特色があります。トルコ料理は、中央アジアに広がるトルコ民族の伝統料理の要素と、ギリシャ、グルジア、シリア地方の料理の要素とが混じり合って独特の発展を遂げたと考えられています。肉はイスラム教国であるため豚肉は用いられません。気候が肉牛の飼育には適さないため牛肉もあまり使われず、もっぱら羊肉や鶏肉が使われているようです。旅行中よくお目にかかったのは、羊や鶏の肉を使ったケバブと呼ばれる肉料理や串焼きにしたシシュケバブで日本人の味覚にも合い美味しくいただきました。

(グランドバザール近くのレストラン Ottoman Meat Cassrole)
DSCN0663[1]_convert_20150108165718

イスタンブールは海に面していますので焼き魚料理なども食べられます。焼いたサバを挟んだ「サバサンド」は人気があり、食べてみると中々の食感でした。

(イスタンブール市内の魚屋の店頭)
魚屋

トルコの女性は美人が多いようです。目鼻立ちが整い魅かれてしまいます。トルコ人はもともと中央アジアに起源をもつ民族ですからモンゴロイドの特徴を持っているわけです。しかし、西へと進んでいく中で、アラブやアナトリアなどの民族との混血が進んでいきます。さらに、オスマン帝国時代にはギリシャ系、アラブ系、スラブ系などと広範囲に混血が進み現在のトルコ人となったと考えられています。混血が多くなると、それぞれの長所が現れ美男美女が多くなるようです。単一民族に近い日本人にとっては羨ましい限りです。

(モスクで見かけたトルコの女性)
DSCN3844_convert_20150108172338.jpg

13日間のトルコの旅はターキッシュエヤーラインの美人フライトアテンダントの行き届いたサービスと美味しい機内食で終わりを告げました。またいつの日か魅惑の町イスタンブールへと考える日々です。

(トルコ航空の機内食)
DSCN4949_convert_20150108172900.jpg


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

二代目 吟醸酒「神谷(かべや)」の試飲・お披露目会を開催

12月29日、二代目 純米吟醸「神谷(かべや)」の試飲・お披露目会を、いわき市南町「居酒屋 門脇 柏谷屋」を貸し切って開催しました。

参加者は、酒米の生産者、醸造を担当した酒造会社、「ふるさとマルシェ」関係者、神谷地区の支援者など36名が出席し大盛況でした。特に今回は、神谷地区で進められている「いわき万本桜プロジェクト」でボランティアをしている方々も参加し、地域活性化の面で連携を深める結果となりました。
また、昨年5月にいわき芸術文化交流館アリオスでコンサートを開いた、サックス奏者の三四郎さんも特別参加し花を添えていただきました。

(入魂の逸品について語る渡辺社長)
IMG_7666_convert_20150106165640.jpg

会は筆者から二代目「神谷」の醸造に至った経緯について話した後、鏡開き、乾杯と続きます。乾杯の音頭をとった前いわき市議会議長の蛭田克さんからは、「この地酒が風評を払しょくする起爆剤になってほしい」とエールが送られました。

その後、美酒「神谷」生産プロジェクトに関わった方々のスピーチが行われました。特に、醸造を担当した渡辺酒造本店の渡辺社長からは「魂を込めた逸品」であること、酒米を耕作した鈴木一成さんからは「私の作った米が美酒と化してうれしい」との話があり大きな拍手となりました。

(楽しい歓談の一時)
歓談の一時

ラベルの「神谷」の文字を書いた川島大佳さんからは、篆書の書体がお酒に合った良い雰囲気を出していること、「谷」の口の部分を笑っているように工夫したことなどの話がありました。そう言われてみると、ラベルの「神谷」は、飲む人に「一緒に飲もう」と微笑みかけているように見えてきます。

(「神谷」と三四郎さんのCDを掲げる柏谷さん)
IMG_7685_convert_20150106171028.jpg

三四郎さんの熱のこもったサックス演奏、柏谷屋さんの御馳走も大サービスでした。生の演奏を聴きながら料理をつまみ、美酒「神谷」を一杯復一杯と酌み交わす贅沢な会となり、夜のふけるのも忘れてしまいました。

(熱演する三四郎さん)
サックスの演奏

12月22日に販売を開始した二代目 吟醸酒 「神谷」も順調なスタートを切りました。地元の方々からは、お歳暮・お年賀の贈答品として最適との評を得ています。また、ネットなどで初代「神谷」を購入いただいた方からは期待を込めたご注文をいただいています。期待を裏切ることのない逸品をどうぞお試しください。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!