そば処「心平庵」の手打ち蕎麦祭り

そば処「心平庵」と三菱自動車販売いわき内郷店が共同で主催する「手打ち蕎麦祭り」が12月21日、同店のロビーで行われました。この企画は「心平庵」の経営者である新妻幸子さんと三菱自動車販売関係者との個人的な関係から恒例化したと聞いています。

心平庵そば祭り 4

蕎麦打ちをしたのは、いわき・ら・ら・ミュウ一階の「心平庵」の店長をしている鈴木富士子さんです。鈴木さんの蕎麦打ちの経歴については、2012年2月のブログでも紹介しましたが、彼女の腕前は一段と向上しているようです。

(「水まわし」の作業 子供たちも興味津々)
心平庵そば祭り

蕎麦打ちの作業は、そば粉に水で湿らす「水まわし」、生地全体をまとめ上げてから、体重をかけるようにして、ゆっくり空気を押し出すように錬る「練り」、練った生地から空気を抜くように丸める作業、丸めた生地を麺台に移して伸ばす作業と続きます。鈴木さんは一連の作業をリズミカルに進めてゆきます。

(練った生地から空気を抜くように丸める)
心平庵そば祭り 1

実は、私も一時蕎麦打ちにはまった時期がありましたので、蕎麦打ちの奥の深さ身を以て感じています。会津若松の渡辺宗太商店の店主、渡辺宗喜さんにも教えていただいたことがありますが、熱しやすく冷めやすい性格の私はついにモノにならなかった苦い思い出があります。その後は食べることだけに徹しているところです。

(麺台で伸ばす作業 これがなかなか難しい)
心平庵そば祭り 2

それにしても、鈴木さんのように女性でお客さんの前で楽しそうに腕前を披露する人はそうはいないでしょう。作業中に話しかけられても嫌がることなく世間話をしながら作業を進めてゆきます。しかし、仕事は的確で出来栄えは見事です。特に、駒板と包丁を使って蕎麦を細く切ってゆく作業は、蕎麦打ちの醍醐味とも言えますが、実にリズミカルで見入ってしまいます。

(包丁で細く切る 蕎麦打ちの醍醐味)
心平庵そば祭り 3

妻が三菱自動車から乗用車を購入したことが縁で毎年「手打ち蕎麦祭り」に招待されるようになりました。鈴木さんの打った蕎麦を食べることを年中行事の一つにしています。今回も勧められるままに3杯を平らげてしまいました。実に旨い蕎麦です。

心平庵そば祭り 5
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

第7回 「ふるさとマルシェ」コンペが行われました

第7回「ふるさとマルシェ」ゴルフコンペが18月8日、小名浜オーシャンカントリークラブで行われました。日頃暖かないわき市も、師走に入って冷たい西風の吹く日が多かったのですが、当日は小春日和で絶好のコンデションでした。
しかし、コンデションに比例しないのがゴルフです。また、競技方法はWぺリア方式でしたので、常日頃の行いを見ていたゴルフの神様が判定していたようです。

(小春日和のベストコンデション)
DSCN8210_convert_20141217164647.jpg

優勝したのは森山利浩さんで、グロス94、ハンデキャップ24を得て見事勝ち取りました。ベストグロス賞は、このところ常連となっている山崎修一さんでした。山崎さんは私のゴルフの師匠です。私のことで恐縮ですが、前半は45で後半次第では90を切れるぞと張り切ったのが裏目に出、ハンデキャップにも見放され、栄えあるブービー賞となってしまいました。師匠はベスグロ、門下生はブービーではちょっと情けない話です。

(スタート前の記念撮影 右 ベスグロの山崎さん)
DSCN8208_convert_20141217165458.jpg

優勝した森山さんには優勝カップとゴルフバックが贈られました。上位者の結果は下記のとおりです。「ふるさとマルシェ」ゴルフコンペでは、フランス語でマルシェは市場(18=イチバ)ということで18位を特別賞にしています。マルシェ賞をゲットしたのは薗部利夫さんで、小名浜オーシャンペア宿泊券が贈られました。ちなみに、栄えあるブービー賞もペア宿泊券であったことを申し添えます。

(優勝した森山さんに、会田社長から優勝カップ)
DSCN8227_convert_20141217165931.jpg

コンペも回を重ねてまいりましたので、常連の方々が顔なじみになって来ているようです。私たち関係者は「ふるさとマルシェ」がとりなす人の輪が拡大することを喜びとしています。次回は5月に開催する予定ですので、またお会いすることを楽しみにしております。

(マルシェ賞 薗部さん)
DSCN8228_convert_20141217170529.jpg

今回も開催に当たりまして協賛をいただきました。小名浜オーシャンカントリークラブ様、サザンコーヒー様、木村健一様まことにありがとうございました。











grosshdcpnet賞  品
優 勝森山利浩 様9424.070.0優勝カップ・ゴルフバック他
準優勝円谷隆志 様8715.671.4牛肉の味噌漬け
3 位勝沼富士男様8614.471.6貴千かまぼこセット
4 位会田和子 様9320.472.6サザン珈琲セット
5 位瀬谷正一 様807.272.8神谷米


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

飲酒の漢詩 白居易

吟醸酒「二代目神谷(かべや)」にピッタリな漢詩を紹介します。唐の詩人白居易もので、いわき市に住む書家、川島大佳さんに書いてもらいました。ちなみに、美酒「神谷」のラベルの書も川島さんが書いたものです。風格のある篆書で多くの方から賞賛を頂いています。

(白居易の飲酒の漢詩)
漢詩

それほど難しい漢詩ではありませんので並んだ漢字から意味が解ります。
読みは 一盃 復た両盃 
    多くとも 三四を過ぎず
    便(すなわ) 心中の適を得て
    尽(ことごと)く 身外の事を忘る
    更に復た 一盃を強うれば
    陶然として 萬累を遺(わす)る

意味は 一杯、また二杯と盃を重ね、多くても三、四杯を越えることはない。たちまち、心の中が愉快になってきて、世間での利害などは、すべて忘れてしまう。さらにまた、強いてもう一杯を重ねれば、陶々然として酔いがまわり、あらゆる心配事が気にならなくなる。

他人に気がねしない独酔の楽しみを通じて、白居易は、適量だけ飲んで酔い心地味わうことこそ、上手な酒の飲み方だと主張しています。ただそれが、単なるお説教としてではなく、一杯ごとの酒を心から楽しんでいるという実感があふれているところに、白居易の飲酒詩の説得力が見られると思います。             (松浦友久著 中国名詩集参照)

(川島大佳さんが書いた「神谷」のラベル)
蔵と神谷

私も日本酒が大好きなので、このところ新酒の「二代目神谷」を毎夜飲んでいます。「一盃、復た両盃。多くても、三四を過ぎず。」にしておけば「心中の適を得て、」大変良い状態で酔いを楽しめるのですが、更に復一盃そして復一盃となり、翌朝後悔の念に苛まれることも多いのです。
白居易の詩を口ずさみ、「二代目神谷」を一盃復両盃と重ね今年を締めくくってみては如何でしょうか。陶然として、悪しきことを全て忘れること請け合いです。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

イスラム教のお祭り クルバンバイラムの賑わい

トルコの旅も残り少なくなりました。11月6日はイスタンブールのアビディン宅の訪問し、イスラム教のお祭りの御呼ばれの約束です。昨日の4マラティアからの戻りが深夜でしたので午前中はホテルでゆっくり過ごしました。

午後、アビディンさんの車でイスタンブール郊外の自宅に向かいました。到着すると奥さんと大学生の娘さんが迎えてくれました。自宅からはイスタンブールのベットタウンになっている高級住宅街が見渡せます。西側には遠くにアルマラ海が望まれ大変環境の良い所です。

(イスタンブール郊外の高級住宅地)
高級住宅

ご馳走はちょっと肌寒い感じでしたが庭のテラスで頂きました。牛肉の炒め物がメインデッシ、滞在も長くなってきましたのでトルコ料理も口にあってきました。ただ、日本なら祭りに付き物の先ずはビールとなるところですが、敬虔なイスラム教徒宅では禁酒です。大学生の娘さんも加わりましたので、英語とトルコ語と日本語で楽しい一時を送りました。

11月7日、今日もイスラム教の祭のクルバンバイラムです。イスタンブールの街は地方から出てきた人達で賑わっています。私たちもトラムに乗りボスポラス海峡側に移動しタクスィム広場に出かけました。カバタシュの駅で下車、通りすがりの人に聞いた近道は急な上り坂で、汗を流すこと約20分やっとたどり着くと広場はかなりの人出です。日本人は祭りにはビールとばかり最寄りのレストランへ、汗をかいた後のエフェスは格別です。

(タクスィム広場)
タクスィム広場 1

タクスィムとは「分配所」と言う意味で、新市街地への水供給のための給水塔があったことに由来すると言うことです。広場からガラタサライに向かうイスティクラル通りは祭りのため大変な賑わいです。通りの中央を走るノスタルジック・トラムは満員でドアにぶらさがり乗っている始末です。

(イスティクラル通りを走るノスタルジック・トラム)
トラム 1

ショーウインドでケバブの切り落とし実演をしているトルコ料理の店には人だかりが出来ています。人の移動する方向に沿って小一時間歩くとガラタ塔のわきに出ました。ここは京都の三年坂に似た雰囲気で、新市街地では人気のスポットのようです。

(トルコの名物料理ケバブ)
ケバブ 1

ガラタ橋からトラムに乗りグランドバザール駅で下車、残念ながらアザールは祭りの3日間は休みです。祭りに託け大売出しでもすれば一儲け出来るのにと思うのですが、これも文化の違いでしょう。レストランでチャイを飲み一休み、夕やみ迫るころホテルに戻りました。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

吟醸酒 二代目「神谷(かべや)」の販売を開始します

吟米醸酒米二代目「神谷(かべや)」が12月22日から販売開始となります。神谷産米「日本晴」を使った初代「神谷」3000本(一升瓶換算)は、お陰様で完売することが出来ました。二代目「神谷」は福島県奨励米「天のつぶ」を使用して醸造したもので、今回も3000本販売する予定です。

(一層充実した「二代目神谷」)
二代目神谷

純米吟醸酒「神谷」は、いわき地区の「米作りのヘリテージ(遺産)」を活用し作り出したお酒です。このプロジェクトに参加したのは、神谷地区の米生産者と渡辺酒造本店、そして「ふるさとマルシェ」の三者です。米生産者と渡辺酒造本店では酒米の耕作方法と「神谷米」に合った醸造の在り方を追求し「ふるさとマルシェ」は消費者への適切な情報の提供を担当しています。

神谷地区が穀倉地帯となったのは江戸時代初期のことで、磐城平藩の郡奉行澤村勘兵衛によって灌漑用水路(小川江筋)が開鑿されたことによるものです。この用水路は約400年が経過した今も使用しているのです。この地区から良質の米が産している要因は、圃場が夏井川の肥沃な氾濫原であること。そして、そこに引き込まれる小川江筋の水は阿武隈山地のカルスト地形を通って来るためアルカリ性になっていることなどが考えられます。まさにこれは「神谷地区のヘリテージ」です。

(神谷地区のヘリテージ「小川江筋」)
小川江筋

今年2月に醸造した初代「神谷」は吟醸酒でありながら、その香りは抑え気味にしています。それが一口含んだ時のキレの良さ、例えれば軽妙洒脱ともいえる味を醸し出し、飲む人は「一杯復両杯」となってしまうのです。今回発売される二代目「神谷」は、更にそれに磨きをかけたものになっています。「低温醸造一回火入れ」で仕上げた純米吟醸「神谷」を、どうぞご賞味下さい。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!