続 これで良いのか「いわきの医療」

前回のブログで、東京大学医学部教授上昌広さんのいわきの医療に対する指摘を紹介しました。その中で、いわき市の人口1000人当たりの医師の数は1.7人でメキシコの平均と同じと言っていたことに驚きました。

3年前の2月、いわきの医療問題に直面しました。92歳になる母が突然倒れ救急車を要請した時のことです。救急車は10分以内で到着したのですが、ホッとしたのも束の間それからが大変でした。救急隊員が受け入れ病院を照会すると、休日ともあって無いのです。挙句の果てに、付添いの私に「知り合いの病院は無いのか」と言う始末です。受け入れ病院が見つけるのに40分位かかってしまいました。これがいわき市の現状なのです。

(待機する救急車 搬送先を探すのに一苦労)
救急車

今回は「医療公開シンポジウム」で講演した、鴨川市の亀田総合病院副院長の小松秀樹さんの指摘を紹介します。小松さんは東京大学医学部を卒業後、山梨医科大学泌尿器科助教授、虎の門病院泌尿器科部長を経て現在に至っています。

(医療公開シンポジウム 小松秀樹さん 左から2人目)
医療シンポジウム

(いわき市との関係)
東日本大震災の直後、福島県の透析患者、人工透析器装着患者などを鴨川に受け入れた。その後、南相馬市の医療再建を支援した。こうした活動を通していわき市の「ときわ会」のような活動的な医療介護提供者と知り合うことが出来た。しかし、福島県に独立自尊の気風が弱いこと、地域エゴをコントロールできないことが、医療の発展を阻害していることをしばしば感じた。

(ときわ会 常磐病院 人工透析センター)
透析センター

(福島医大の医局は、他の医局と争うやくざの組織と同じ)
震災前、浜通りの医師の供給は東北大学と福島県立医大に依存していた。両大学とも医師の派遣要請に応えきれない状況が続いていた。福島県立医大の医局には、医師を引き揚げるにも関わらず、他からの採用を邪魔することがあった。医局は、自然発生の排他的運命共同体であり、法に追認をうけていない。やくざの組織と同様、医局の勢力を他の医局と争っている。

(病院が医師の育成に当たるべき)
日本で評価されている病院は、医師の教育制度を充実させ、自力で医師を育成している。地方の中規模病院でも、元気がよいのは、自力で医師を育てている病院だけである。医師の供給を大学だけに求めてきた病院が苦境に陥っているのは、医局員の数がニーズに対し相対的に減少していることに加えて、医局が医局外の参入障壁になっているためである。
医師を集めるのに、特定大学だけに依存すると、全国区の医師募集はできなくなる。東北地方の大学病院そのものが医師不足なので、大学に頼っても派遣医師は減少し続ける。医師1名、年間5000万円の費用を要する寄付講座からの派遣が増える。この方法での医師の調達は基本的に間違っている。

(南相馬市立総合病院は医師の数を震災前の倍にした)
南相馬市立総合病院では、常勤医師の数を審査以前の2倍を上回る状態になっている。これは、「攻めの医師募集」として、医師30名を募集した。その際、ミッションを明確にして、医師に生きがいとこの病院で働くことの価値を提示したことが功を奏したのだと思う。亀田総合病院からも出向させた。
いわき市ではいわき共立病院の改築を進めているが、病院を新しくしたからと言って医師が集まるものではない。

(ときわ会 常磐病院)
ときわ会

7月に、私の友人が初期の癌で「ときわ会 常磐病院」に入院しました。手術は成功し、現在は普通の生活に戻っています。彼は「常磐病院は変わった、医師の対応、インフォームドコンセンサスがとてもよかった」と語っています。
小松さんは「地域の医療を変えるのは公立病院ではない、やる気のある医療機関だ。」と話していました。「ときわ会」が先駆となっていわきの医療を変えてほしいと考えるのは私だけではないでしょう。

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

これで良いのか「いわきの医療」

先日、いわき市文化センターで「いわきの医療公開シンポジウム」が行われました。主催したのはいわきの医療を考える会で中心となったのは公認会計士で市会議員の吉田実貴人さんです。
シンポジウムは、上昌広さん(東京大学医科学研究所教授)、小松秀樹さん(亀田総合病院グループ副院長)、木村守和さん(いわき医師会副会長)の講演の後、吉田実貴人さんがコーディネイターとなって7名の専門家で行われました。
特に、上さん・小松さんの講演は、いわきの医療を客観的に見たもので大変参考になりました。お二人のいわきの医療に対する指摘を中心に紹介します。

(コーディネイターを務めた吉田実貴人市議)
吉田市議

上さんは東京大学医学部を卒業し、現在、東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門の特任教授をしています。いわき市とのつながりは、原発事故後にときわ会の透析患者を千葉県鴨川市に搬送することに関わったことだと話していました。

(東京大学医学部教授 上昌広さん)
上昌広教授

(我が国の医学部の偏在)
多くの人は「東京に集中している」と考えているだろうが、実態は違う。医学部の数でみると、東京には13あるが九州には10、四国には4ある。人口割で見た場合西日本に多いことが分かる。東京以外の東日本は少ない。
人口千人当たりの医師の数で見ると、最も少ないのが埼玉で1.5人、千葉が1.8人となっており、徳島の3.2人、福岡の3.0の半分程度だ。いわき市は1.7人でメキシコの平均程度である。
国内の医学部偏在の格差の要因は戊辰戦争が関係している。官軍となった西国雄藩が優先的に国立大学を地元に配置して医学部を設置したことによる。

(看護師の不足について)
看護師の平均年収は約472万円だが、これは我が国のサラリーマンの平均所得(409万円)より上だ。看護師は業務独占資格であるため、既得権を持つ抵抗勢力があり、新規参入が難しい。
東京都の舛添知事は看護師不足解消に本気で対応しようとしている。そうなると、関東圏に隣接するいわき市から人材が流出する恐れがある。それを見越したいわき市の対応が必要となるだろう。

(東北地方に医学部の新設について)
東日本大震災を経て、東北に医学部が新設されることが決まった。安倍総理の英断で規制が緩和された。今こそ、戊辰戦争以来、抑圧されてきた東北の飛躍の時期かもしれない。にも拘らず、これに対して最も反対したのが、岩手医大・東北大・福島医大の幹部だった。このような姿勢では、医学部の偏在、医師の偏在の解消は不可能であろう。

(いわき共立病院の新築について)
なぜ今、共立病院の改築なのか。6年後のオリンピックを控えて建築費が高騰するのは目に見えている。300億では上がらないだろう。ハコモノを作っていったい誰のためになるのだろうか。その借金は子供たちが払うことになる。
ハコモノに金をかければ待遇が据え置かれるのが一般的、それでは人材は集まらない。

(改築が予定されている「いわき共立病院」)
いわき共立病院

(医療の充実は教育の充実)
医療の充実は一朝一夕には行かない。地域の医師数は、地元の中学や高校の教育レベルに直轄する。いわきの医療を充実されるには、いわきの教育の充実を図らなければならない。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

お盆の風物詩「じゃんがら念仏踊り」

いわき地方のお盆の風物詩となっている「じゃんがら念仏踊り」が新盆の家々を供養して巡りました。「じゃんがら」は踊念仏の一種で、太鼓と鉦に合わせて踊る伝統芸能です。「じゃんがら」の呼称は鉦の音がジャンカ、ジャンカ、ジャンカと聞こえることからそう呼ばれるようになったのでしょう。

起源は江戸時代にまで遡りますが由来は諸説あります。江戸時代前期の浄土宗の高僧祐天上人(現在のいわき市四倉出身)が、村人達の慰安と念仏の普及を兼ねて南無阿弥陀仏の称名を歌の節にあわせて踊りと共に唱えさせたのが始まりと考えるのが通説でした。しかし、それを裏付ける資料はありません。

(草野地区の青年会による「じゃんがら」)
じゃんがら

近年の調査研究により、磐城平藩の郡奉行で用水路の工事を指揮した澤村勘兵衛勝為の霊を慰めるため、当時江戸で流行した泡斎念仏を村人たちが始めたとする説が有力視されています。澤村勘兵衛は17世紀の中頃、「小川江筋」と呼ばれる農業用水路を開削しました。しかし、澤村勘兵衛は水路完成後とある讒言によって切腹を命じられ、明暦元(1655)年に亡くなりました。

その一周忌にあたる明暦2(1656)年7月14日、たくさんの農民が集まり供養念仏を行ったことが、いわき市平泉崎の光明寺の僧歓順が書いた「小川江筋由緒書」に書かれています。この時踊られた念仏踊りが「じゃんがら」の始まりだというのです。現在でも、光明寺では月遅れのお盆の8月14日に澤村勘兵衛の供養塔の前で「じゃんがら」が行われています。

(七夕まつりで踊る平商業高校の「じゃんがら」同好会)
じゃんがら 平商

この2つの説のどちらを支持すると言うわけではありませんが、私は当時の世相にこんな考えを持っています。「じゃんがら」は太鼓と鉦のメインの踊りに入る前に、歌(甚句)に合わせて手踊りが行われます。この甚句は即興でも歌われましたので色々とあったようです。

(女性じゃんがらチーム「さくらつつじ」 神谷地区)
女性じゃんがら さくらつつじ

この地域で歌われる甚句の文句にこんな件があります。「盆でば米の飯 おつけでば茄子汁 十六ささげの 汚しはどうだい・・・」と歌われます。これにはこんな意味が隠れています。「お盆になると米のご飯が食べられ、茄子の味噌汁が添えられる。十六ささげのゴマ汚しも食べられる。」と言うのです。
17世紀の農民の食生活は、日常的には米など食べられませんし、味噌汁は贅沢で一般的には塩汁でした。十六ささげ(インゲン豆の一種)のゴマ汚しは最高の御馳走だったのです。

(神谷地区を供養して巡る「じゃんがら」)
じゃんがら 女性

当時、磐城平藩は「小川江筋」の開削事業資金を捻出するため、農民に対する年貢を相当引き上げていました。そのような搾取の中で、農民はお盆を楽しみにし「じゃんがら」を半狂乱的に踊ったのではないでしょうか。「じゃんがら」は搾取の中で流行した郷土芸能だったのです。(筆者の私見)


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

賑わう平七夕祭り

8月6日から8日までの3日間、いわき市平の中心市街地で夏の風物詩となっている「平七夕まつり」が開催されました。

本町通りやレンガ通り・銀座通りには、笹竹に色鮮やかな笹飾りや吹き流しが彩る中、着飾った多くの市民で賑わいました。3日間の人出は好天に恵まれたこともあって約50万人あったということです。震災以後、夏祭りなどの催しが賑わう傾向にあります。

(夏の風物詩 七夕まつり 平本町通り)
七夕まつり

(レンガ通りの賑わい)
レンガ通り

その要因は、いわき市に双相地区からの原発避難民が2万人以上流入しているためだと言われています。移住している方々も異郷の祭りに興じて、一時現実からの逃避をしてみるのも精神的に良いことかもしれません。

(被災地浪江町のB級グルメ なみえ焼きそば)
なみえ焼きそば

出店も通りの両側に所狭し、と並んでいます。昔ながらの綿あめ、金魚すくいは固より仙台の牛タン焼きや広島焼きなど屋台も全国的になっているようです。それを頬張りながら歩く高校生と思われるユカタ姿は、どう見ても色気よりは食い気です。主催者の話では出店数は380軒で過去最高ということでした。

(いつの時代も人気のある金魚すくい)
金魚すくい

他には、趣向を凝らしたステージやじゃんがら大会など多彩な催しが市民を楽しませてくれています。中でも、県立平商業高校の女子生徒で結成する「じゃんがら同好会」は、会場の広場でいわき名物のじゃんがら念仏踊りを披露して目を引きました。

(県立平商業高校の「じゃんがら念仏おどり」)
平商 じゃんがら

平七夕祭りの起源は、大正年間に仙台に本店のある銀行が平三丁目の支店前に仙台七夕の飾りつけをしたことに由来するといわれています。私が両親に連れられ見に来たのは昭和30年代です。風にたなびく吹き流しの下を歩いた思い出がありますが、今とは違った風情があった気がします。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

活気が戻る四倉海水浴場

いわき市は国道6号線に沿って長い海岸線が広がっています。海水浴に適した砂浜も多く磐城七浜と呼ばれ、茨城県に隣接する勿来海水浴場から一番北の波立海水浴場まで7つの海水浴場があります。残念ながら今年海水浴場としてオープンしたのは勿来海水浴場と四倉海水浴場の2つだけです。大震災による津波の被害などにより他の5つの海水浴場は開くことが出来ませんでした。

(活気を取り戻した海水浴場)
四倉海水浴場 1

先日、私の家から東に約7㎞にある四倉海水浴場を覗いてみました。この海水浴場は広大な砂浜が広がり開放的です。夏休みに入り日曜日とあって子供たちの姿も多く、震災前のように賑わっていました。色とりどりのパラソルの花が咲きバーベキューなどを楽しむ姿は平和な夏の浜辺です。あの忌まわしい津波が押し寄せた同じ海とはとても思えません。

(広い砂浜に色とりどりのパラソルの花が咲く)
四倉海水浴場 3

海水浴場に隣接して道の駅「よつくら港」が営業を再開しています。1階は地元の海産物・野菜・果物などの直売コーナーとなっていてお土産を求める人で賑わっていました。2階のフードコーナーには地元の食材を使った料理店が6店舗営業しています。テラス席からは食事をしながら広大な砂浜と太平洋を一望でき人気があります。

(道の駅 「よつくら港」)
道の駅よつくら港 1

(地元産品の直売コーナー)
道の駅よつくら港 店内

道の駅から6号線を300メートルくらい下ったところに、「いわき蟹洗い温泉太平洋健康センター」があります。この施設も津波の被害により営業の休止を余儀なくされましたが、今年の7月に営業を再開しています。展望露天風呂など各種の温泉施設を有するいわき蟹洗い温泉は震災前から人気のスポットでした。営業再開により利用者も以前の状態に戻り活況を呈しています。

(営業を再開した太平洋健康センター 蟹洗い温泉)
太平洋健康センター

このように、四倉地区は集客要因となる施設の復興により活気を取り戻した感があります。相乗効果により海水浴場も賑わいを見せているようです。残された問題は漁港の復興でしょう。沿岸漁業は完全復活には至っておりませんので、近海物の魚が本格的に水揚げされる状態ではありません。名物のウニの貝焼きやアワビなどの海の幸が安心して食べられる日が来ることが待たれます。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!