平中神谷 出羽神社の「茅の輪くぐり」と「羽黒露沾会展」

7月21日(海の記念日)、平中神谷の出羽神社で伝統的神事「茅の輪くぐり」と羽黒露沾会展の表彰式が行われました。どちらの行事も平成21年に復活し、震災の影響で中止になった23年をのぞいて、今年で5年目になります。

「茅の輪くぐり」は夏の暑さから身を守り、正月からの罪や穢れを祓い清めるための神事です。茅の輪の製作は19日神社総代総出で行いました。夏井川の河原から刈り取った茅を芯にした割竹に巻き付け、直径約2メートルの輪を作り、竹組につるす作業はなかなか大変です。「直径2メートルにするのに竹の長さは何メートル必要か」など、算数の知識を駆使します。それでも半日くらいの作業で何とか作り上げました。

(直径2メートルの茅の輪作りは大変)
茅の輪の製作

(完成して記念撮影)
茅の輪完成

当日は梅雨明け前でしたが好天に恵まれ、さほどの暑さでもなく祭り日和です。神事は、佐藤宮司が祝詞を奏上した後、参列者が先導の宮司に続き「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶというなり」の一句を唱えながら茅の輪をくぐります。そうすると、正月から半年分の穢れは祓われるというわけです。この句は江戸時代に内藤露沾が詠み当神社に奉納したものだと言われています。

(宮司の先導で茅の輪くぐり)
茅の輪くぐり2

続いて行われた羽黒露沾会展の表彰式では、今年のお題「田(田んぼ・田園)」にまつわる俳句や川柳、短歌86句の応募作品の中から8句の受賞作品が発表されました。最優秀・優秀作品は次の句です。
最優秀 「見渡せば 青田は凪の 海のごと」 志賀邦子
優 秀 「先人の 汗を集めし 美し田 たった一夜で 荒土盛らる」 福田 功
優 秀 「残照に 帰宅忘れて 田を植える」 志賀由直

佐藤宮司から受賞者に表彰状が手渡され、選者となった猪狩行々子さんから講評がありました。猪狩さんは入選作について一句一句講評し、なぜ良いのか、惜しい句をこうすれば良くなるなど具体的に話していただきました。昨年より作品も増え、良い句が多く選考に苦労したとのことでした。私事で恥ずかしいのですが、最優秀と優秀に夫婦で選ばれました。

(句会の入賞者の記念撮影)
句会入賞者

また、神事に先立ち、参列者には裏千家師範代の吉田萬成さんがたてたお茶が振る舞われ、お運びには地域の子供たちが当たりました。寺や神社には足が遠のく昨今ですが、出羽神社の茅の輪くぐり・句会・茶会を取り入れた神事は住民参加型の魅力ある企画だと思います。

(お茶会の様子)
お茶会

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

自然との共生は難しい (只見川大洪水から4年)

先日、奥会津の只見町に行くため国道252号線を走りました。この国道とJR只見線が只見川を縫うように並走しています。磐越自動車道の坂下インターで降り、国道252号線を柳津町・三島町・金山町・只見町へと走ります。カーブも多く走りやすい道路ではありませんが風光明媚です。私は金山町に2年間住んだ経験がありますので沿線には懐かしい景観が広がっています。

(洪水前 紅葉の只見川 会津川口駅付近)
秋の只見川

1911年7月、新潟県と福島県会津地方を襲った集中豪雨は、只見町で観測史上最大となる711mmを観測し、多くの発電ダムで設計洪水流量超過など戦後最大規模の洪水を発生させました。只見川流域の只見町・金山町・三島町・柳津町では洪水氾濫、土砂崩れ、護岸崩壊、橋梁の落橋など、沿川居住地や公共土木施設等に甚大な被害をもたらしたのです。只見町に住む知人はその時の豪雨の様子を「滝のような雨と言うがそれ以上だ、空から水の柱が地中に打ち込まれるようだった」と表現したのが忘れられません。

(復旧できないでいる只見川の鉄橋 金山町横田地区)
只見川の鉄橋

折しもこの年の3月には東日本大震災がおこりました。被害の少なかった奥会津では、温泉組合の人たちが中心となっていわき市にボランティアに来てくれたのでした。金山町の温泉旅館恵比寿屋の坂内さんのグループは小名浜・豊間地区の津波被害地でガレキの撤去作業にあたって頂きました。そのようなことから7月の水害被害に対して、いわきテレワークセンターが中心となって義捐金を集め贈った経緯があります。

(完成した護岸工事 金山町横田地区)
横田地区の護岸工事

この地域を訪れてみると、国道252号線の落橋などは復旧できたものの道半ばです。特に、JR只見線の金山駅から只見駅間は現在も列車が走る状況ではありません。金山町の2箇所の鉄橋は落ちたままで、JR東日本も赤字ローカル線の復旧に手をこまぬいているようです。雑草に埋もれかけている赤さびた線路やプラットホームが哀れです。

(雑草の埋もれた只見線の鉄路)
只見線の線路

諸悪の根源をなした只見川は、発電所のダムが復旧していないので水を貯めることが出来ず、場所によってはかつての渓流の姿に戻っています。私が印象に残る只見川は深くゆったりとした流れで、川霧が旅情をそそったものでした。只見線が全線復旧し電車を川面に映しながら優雅に走る絵になる風景は再び見られるのでしょうか。

(只見駅 会津方面の線路は使われていない)
只見駅


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

難しい自然との共生

3.11大震災はいわき市にも大きな爪痕を残し、3年が経過した今も復旧・復興に暇の無い状況です。特に津波による被害地の復旧には時間がかかります。
最も被害の大きかった豊間・薄磯地区の現状を見てみると、気まぐれな自然との共生はどうあるべきなのか考えさせられます。

現在、この地区では官民挙げていろいろな工事が行われています。薄磯地区は高台移転が計画されていますので新築の住宅は建てられていません。しかし、豊間地区は微妙です。海岸線には従来の防波堤をかさ上げする工事が進められ、その内側では土盛り工事や一般住宅の修理や新築工事が行われているのです。

(防潮堤が完成すれば美しい景観は失われる)
防波堤

豊間は地区内の土地の高低差があるため津波の被害にも差がありました。そのため、復興に対する住民の選択もいろいろ出てきているようです。とにかく海の近くは嫌だと内陸部に移転する人、1000年に一度に拘る必要はないと元の場所に新築する人、経済的な理由から修理し元の家に住もうとする人など住民の様々な行動となって表れています。

(浜辺の丘陵地に立つ高級住宅)
浜辺の高級住宅

海には近いけれども丘陵地形によって救われたホテルや高級住宅が核となって新築住宅がスプロール的に拡大しているようです。浜辺は海水浴場こそ開かれていないもののサーフィンをする若者の姿が次第に増えてきています。

(サーフィンを楽しむ若者)
サーフィン

それにしても気になるのは防潮堤です。完成すれば海辺の景色は一変します。気まぐれな自然現象に対抗するかのように砦のごとく海をにらんでいます。自然との共生という視点で考えた時に多少疑問を感じるのは私だけでしょうか。

(海の見える丘に建つ新築住宅)
浜辺の新築住宅

平安時代の史書「日本三代実録」によると、西暦869年に陸奥の国東方沖を震源とする大地震が起き津波の被害も甚大であったことが記されています。いわゆる貞観地震と呼ばれ、今から1000年以上前の史実です。いわき市の被害の程度についての記録は発見されてはいませんが、今回と同じような津波に見舞われたことは想像がつきます。

(建設中の災害公営住宅)
建設中の災害公営住宅

科学が如何に進歩しようと、人間が自然を支配することは不可能です。忘れたころにやってくる気まぐれな自然災害にどう対応すべきなのか、人類の永遠の課題です。その根底にあるものは「自然との共生」でなければならないでしょう。





日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

夏を乗り切るにはクレタ島のオリーブオイルが最適

「ふるさとマルシェ」でギリシャ クレタ島のオリーブオイルを取り扱っています。このオリーブオイルは、クレタ島に人的な関係を持つ前島一夫さん(株式会社ケイアンドエム社)が直接輸入しているものです。

(私も愛用している テラクレタとプシラキス)
テラクレタ

○ クレタ島の一番搾りオイル
 ギリシャの島々の中で最南端に位置するクレタ島は、美しいエーゲ海に囲まれ、一年を通じて温暖な気候に恵まれています。この地では先史時代よりオリーブの木が栽培されてきました。
 特にクレタ島西部のコリンバリ高原のオリーブは根を深くおろした古木が多くより栄養を豊富に蓄えた身の詰まったオリーブができると言われています。
 化学肥料を一切使うことなくオリーブの果実を丁寧に手摘みしたプシラキスとテラクレタブランドはオイルと言うよりオリーブ果汁、まさに神の恵みともいえる逸品です。(ケイアンドエム社の資料参照)

(一年を通じて温暖な気候のエーゲ海)
エーゲ海の島


○ オリーブオイルの効用
 オリーブオイルと健康、美容、医薬等の関係は、古代から知られていました。ホメロスは「金の液体」と呼び、ヒポクラテスは「偉大な医薬」呼んでいました。
 最近、数多くの研究により、オリーブオイルが心臓血管系の疾患、ある種の癌、老化などの予防に大きな役割を果たすことが学術的にも広く証明されるようになりました。

 他にも様々な効能があります。豊富に含まれているトコフェロール類やポリフェノール類は、天然の抗酸化物質で癌の発生に関係があるとされるフリーラディカル(活性炭素)を消去する効果があるということです。消火器にやさしく働き、胃酸の過剰な分泌を抑制し、潰瘍の予防、治癒にも効果があり、古来胃の薬として使われてきました。

また、肝臓、腸、すい臓、皮膚などの機能を高めることでも知られ、悩んでいる方も多い便秘にも大きな効果があります。さらにビタミンDの吸収を高めるので、骨粗しょう症の予防にも役立つのです。

○ オリーブオイルの歴史
 原産地とされているのは、トルコ南部の地中海に面した自生していたと考えられています。すでに紀元前」4000年頃には、クレタ、キプロス、シリアでオリーブオイルが盛んに生産されていたことが史実として記録されています。

(オリーブ栽培地の中の史跡 ギリシャ本土)
オリーブ畑


 古代人たちは、オリーブを食用に供するばかりでなく、果実から油を抽出し、さらに香草などにより香りをつけたオリーブオイルを神に捧げ、また体に塗って身体の保護や薬用にすることを早くから学んでいたのです。

 現代のように地中海全域で栽培が盛んになったのは、紀元前3世紀、ローマ帝国の隆盛により食用、灯火、薬品、化粧品など都市生活のあらゆる面でオリーブオイルが使われてことによるものと考えられます。有力貴族たちは植民地に広大なオリーブ農園を経営しオイルをローマに運んだのです。 (ヒロ・コミュニケーションズ発行「私の時間」参照)

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

第1回「ドイツモーゼルワインを楽しむ夕べ」が開催されました

第1回「ドイツモーゼルワインを楽しむ夕べ」が6月30日いわきワシントンホテル椿山荘で開かれ、ワイン愛飲家約100名が出席ました。この会はドイツからモーゼルワインを輸入販売している株式会社三國屋(いわき市平 高野達也社長)ワイン事業部が主催するものです。

(和やかな日独友好の様子)
モーゼルワインの夕べ

会にはモーゼルワインを生産している、ザール・モーゼル・ヴィンツァーゼクト社のアドルフ シュミット社長、独日協会トリーアのヨハン アウバート会長ら4名が出席しました。来賓として公益財団法人日独協会副会長で元ドイツ大使の木村敬三さんらドイツに関りをもつ方々が出席しました。それにしても、いわき市にいわき日独協会の鎌田哲男会長はじめ親独家が多くいることには驚きました。

(挨拶するシュミット社長 通訳は小澤愛さん)
シュミット社長

セレモニーでは、主催者三國屋社長の高野達也さんが挨拶に立ち、モーゼルワインを輸入するに至った経緯やヴィンツァーゼクト社との関係について話しました。高野さんは昨年同社を訪問しワイナリーが主催するワイン祭りに出席しています。

(ドイツワインケナーの認定書を受ける高野達也社長)
高野社長

来賓シュミットさんは挨拶で、格式あるドイツワインの品質と味の良さを強調されたようです。通訳はドイツの民族衣装をまとった同社に勤務する日本人の小澤愛さんが行いました。

セレモニーの後はいよいよ食事ですが「ワインを楽しむ夕べ」ですのでいつものように「先ずはビール」というわけにはいきません。すべてワインです。料理に合わせて6種類のワインを楽しみました。
乾杯には、白のゼクト 2011年リースリング Sekt Brut
アミューズには、ロゼゼクト 2011年ピノ・ノワール Sekt Brut
前菜のドイツソーセージには 白ワイン 2011年リースリング カビネット
                             Feinherb
魚料理には、白ワイン 2011年リースリング S Trocken
肉料理には、赤ワイン 2011年ドルンフェルダー Trocken
デザートには、アイスワイン 2000年リースリング Eiswein  
といった具合です。私は赤ワインを中心に比較的飲んでいる方ですが、一度に6種類を頂くのは初めてです。残念ながら未熟な私の舌では堪能するまでには至らなかったようです。一番気に入ったのは乾杯に飲んだ白のゼクトでした。ゼクトはドイツワインではスパークリングを意味します。

(日独交流 シュミット社長 会田和子さん ブリギッテさん)
日独交流

その後歓談となり、私はシュミット社長に純米吟醸「神谷(かべや)」をプレゼントしました。聞けば、シュミットさんは新潟で日本酒を飲んだことがあり美味しいとのことでした。「神谷」の美味しさは新潟以上と宣伝しぜひ味わってほしいと伝えました。

(シュミット社長に「神谷」をプレゼントする筆者)
シュミット社長と筆者

「モーゼルワインを楽しむ夕べ」は、ワインを楽しむことに止まらず日独友好の一翼を担ったようです。ワインから友好そして交流へと発展すればこの上ないことでしょう。主催した高野さんには、日本ドイツワイン協会連合会から「ドイツワイン ケナー」の認定書が贈られました。

(三國屋で販売しているドイツモーゼルワイン)
モーゼルワイン



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!