続 サイクリングのススメ

5月13日のブログに「サイクリングのススメ」を掲載しました。その後、サイクリングを取り入れた私の日課はどうなっているか? 勿論継続しています。毎朝5時には起床し夏井川の河口まで軽快に走っています。雨の日は中止しますが、今年の梅雨は雨も少なく私を応援しているようです。

(夏井川河口付近 建設中の防潮堤)
夏井川河口付近の景観

継続している大きな理由は自転車を新しくしたことです。健康維持を名目に、大枚5万円をはたいて購入した軽量の自転車の走りは軽快です。決める時には24段ギアなど必要ないのでは、と思ったのですが、走ってみるとギア操作も走る楽しみであることに気付きました。下り坂で負荷のかかるギアにチェンジし踏み込むと一挙にスピードが上がります。今までの実用自転車とは格段の差があります。

(購入した愛車)
私の愛車

私の様子を見て妻は「今の陽気は良いけど、冬は寒いよね・・・」と熱しやすく冷めやすい私の性格に猜疑心を覗かせるのです。

国土交通省は「安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた検討委員会」なるものを設置しています。それを受けた、国土交通省道路局の自転車活用のまちづくり計画の中に、「新川・夏井川地区(いわき市)」として含まれています。

(国宝 白水阿弥陀堂)
白水阿弥陀堂

この地区の概要として、「JR内郷駅から二級河川新川・夏井川を通り、太平洋岸まで至る自然あふれるサイクリングロードを整備。サイクリングをしながら、国宝白水阿弥陀堂などの観光地めぐりを楽しむことができます。」と記されています。この計画が完成すれば、コース内には国宝白水阿弥陀堂と国指定重要文化財専称寺がありますので、観光客の誘致にも一翼を担うことになるでしょう。将来レンタル自転車の設置などにもなるのではないでしょうか。

(整備中のサイクリングロードの案内図)
案内図

現在、工事は河口から私の住む神谷地区まではほぼ完成しています。特に河口付近は河川敷が広いのでバードゴルフ場が作られ、それを取り囲むようにサイクリングロードが走っています。道路はクッションの柔らかいアスフャルト舗装が施されていますので、自転車覚えたての子供を連れて走るのにも最適です。

(河口付近の河川敷に作られたバードゴルフ場)
河口のバードゴルフ場

サイクリングロードの建設は大変喜ばしいことなのですが、ちょっと困ったことは雑草対策です。現在、市などの自治体が直接草刈を行うことはありません。基本的には各行政区が自主的に実施し自治体が補助金を出すという方式です。神谷地区では5月15日に住民約120名が出て堤防の草刈を行いました。今朝も爽やかな朝風を切ってサイクリングロードを軽快に走りました。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

奥会のそば処「ふなき」

6月22日、所要で金山町を訪問した折、会津柳津町のそば処「ふなき」で久しぶりにざるそばを食べました。「ふなき」は私が10年前金山町に単身赴任をしていたころ懇意になった店です。

(そば処「ふなき」)
ふなき

そのころは現在の新築した店舗の東側に、少し手狭な店構えで営業していました。味には定評があり、そばの「ふなき」と言えばそば通には知られた店となっていました。偶然に入ったことが縁となり今でも親しく言葉を交わす間柄となっています。

(木の温もりを感じる「ふなき」の店内)
そばどころ

「ふなき」のそばは、高冷地の南会津・猿楽台地で収穫した玄そばを100%使用し、伝統的手打ちによりそば本来の素朴な味わいを生かしたものになっています。「ふなき」に通い始めたころに店主の舟木さんに勧められ「水そば」なるものを食べたことがあります。一切たれを使わずに水で食べるのですが、そば本来の味に触れ感動しました。

最近は舟木さんから伝授された息子が打つことが多くなっているようですが、こしのあるある伝統の味は守られています。3月に女優の竹下景子さんが来店し絶賛したと話していました。関東圏から伝統の味を求め来店する人も多いようです。

私はそばは「ざる」と決めているのですが、「ふなき」の天ざるもお薦めです。天ぷらは舟木さんの奥さんの担当で、季節の野菜を中心にしたアツアツの揚げたてがざるそばに添えられると伝統の味に相乗効果を及ぼします。これもまた逸品なのです。

(絶品「天ざる」)
天ざる

柳津町には、福満虚空蔵菩薩円蔵寺があります。約1200年に及ぶ歴史を誇る名刹で、会津では「柳津の虚空蔵さま」と呼ばれて親しまれています。「ふなき」は虚空蔵さまから約1キロメートル、柳津町役場の隣に位置しています。

(「ふなき」のパンフレット)
パンフレット

「ふなき」でそばを食べた後は、近くには斎藤清美術館、道の駅柳津、観光物産館清柳苑などもありますので結構楽しめるスポットです。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

東京ぶらり

時に東京を歩くと街の変容に驚きます。私が東京で過ごした学生時代は昭和40年代の前半、東京オリンピックの直後でした。その時代からは40年以上経過しているのですから隔世の感があります。しかし、街を歩き当時もあった店などに出会うと、つい足が止まります。

先日、所要があって妻と一緒に上京し青山のホテルに宿泊しました。いつからか、この界隈のホテルに宿泊した時には朝食は「青山アンデルセン」にしています。フレンチトーストとスープにコーヒー程度ですが、なにか満ち足りた気分になるのです。

(朝食のフレンチトースト)
アンデルセン

「青山アンデルセン」の創業は昭和45年だそうです。「東京・青山通りにコペンハーゲンの街角をもってきました」というキャッチフレーズが話題を呼んだようです。妻はこの近くの大学を卒業しましたので、当時、アンデルセンのフランスパンを抱えて闊歩する外国人に目を見張り、都会人に憧れたと回顧しています。

(馨しい香りが漂う1Fのベーカリー)
アンデルセン 3

現在はヨーロッパの雰囲気を醸し出す洗練された店舗です。1Fのベーカリーには本格的な食事用パンが並び馨しい香りが漂っています。BF1はデリ&サンドイッチバー、2・3Fはレストランになっています。朝食にはBF1が最適です。

(青山通りに面した瀟洒な店舗)
アンデルセン 2

6月10日は梅雨の晴れ間でしたので、ホテルから10分程度散歩し「青山アンデルセン」で遅い朝食を摂り、界隈の昭和の面影を探してみました。
渋谷に向かって表参道の交差点手前の路地を入ったところに「おそば古道・増田屋」があります。創業は明治45年で全国に拡がるおそばの「増田屋」のれん会の第一号店と言われていますから格式のある店です。その割に価格は庶民的ですので、酔った帰り道に食した思い出のある店です。

(おそば古道 増田屋の店舗)
増田屋

増田屋の斜めはす向かいに大きな楠木がありました。若いころに、この路地の奥にあった「青山会館」(現フラロシオン青山)は共済組合指定であったのでよく宿泊しました。その折に、この路地を通ると都会には珍しい楠の大木の下を通った記憶があります。大木はいつの間にか無くなっていましたが、気を付けてみてみるとその大木の切り株から若木が育っているのです。しめ縄がかけられ由来が書かれています。土地が売却された1990年代の初めに切り倒されたということです。

(生命力を感じる楠の若木)
楠

6年後のオリンピック開催に向けて東京の変容は拍車がかかるでしょう。功利主義的変容は都会には仕方がないことでしょうが、日本としての「不易」を失っては困ります。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

第6回 ふるさとマルシェコンペが開催されました

5月29日、第6回ふるさとマルシェゴルフコンペが小名浜オーシャンカントリークラブで開催されました。腕に覚えのゴルファー55名が参加し、AUT・INの18ホールで日ごろの成果を競いました。

当日は真夏を思わせるような好天に恵まれゴルフにはベストコンデションです。目に染みる新緑、コバルトブルーの太平洋、そして晴天、スコアを悪くする要因は何もないようなゴルフ日和で、参加者には存分にプレーを楽しんでいただけたようです。

(スタート前の記念撮影)
スタート前の記念撮影

競技はダブルぺリア方式で行いましたので運も左右します。優勝はグロス76、ハンデキャップ6.0で回った山崎修一さんが競り勝ち、ベストグロス賞も合わせて勝ち取りました。

今回のコンペでは山崎修一さんと第4位の薗部利夫さんが、自分の年齢以下のスコアでプレーしたエージシュートを達成しました。共にグロス76ですので、日ごろのたゆまぬ努力の結果と言えるでしょう。お二人の年齢は秘密ですが、76歳以上であることは確かです。

(ホテル前のIN最終ホール)
ホテル前のIN最終ホール

プレー終了後表彰式が行われました。優勝した山崎さんには、今回のコンペに会田社長が提供した優勝杯のほか、小名浜オーシャンホテルペア宿泊券、マルシェセット(牛肉の味噌漬)、さらにベストグロス賞として肉のノーベルの詰め合わせセットなど豪華賞品が贈られました。なお、優勝杯は持ち回りとし、次回返納の折にレプリカを渡すことにします。

(優勝した山崎修一さん・中央)
優勝

(表彰式で挨拶する会田和子社長)
表彰式 4

また、1位から10位までと跳び賞として5番刻みに豪華賞品が贈られた他、参加者全員に純米吟醸神谷(かべや)720mlが配られました。
「目に青葉 山ホトトギス 初カツオ」、帰宅後、初カツオを肴に吟醸酒神谷の杯を重ねながら、ゴルフの反省をした方も多かったのではないでしょうか。

成績上位者は次の通りです。(優勝から5位までは、NETで2.6の近差でした。)

順 位氏 名GRHCNET
優 勝山崎 修一76
6.0
70.0
準優勝
渡辺 一雄
94
24.0
70.0
3 位
大越 征子
82
10.8
71.2
4 位
薗部 利夫76
3.6
72.4
5 位
小野寺彦光81
8.4
72.6

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

北海道ゴルフツアー

ゴルフ仲間6人で3泊4日の北海道ゴルフツアーに出かけました。
1日目 6月2日、真夏のような晴天、木村さん運転のエルグランドに5人が乗り込みいわき市平を7時に出発、磐越自動車道・東北自動車道を北上し一路仙台に向かいました。

午前10時30分、宮城県大郷町のおおさとゴルフ倶楽部に到着、簡単な昼食を済ませスルーで18ホールをプレーしました。北海道に入る前の予行演習ですが、私は103点の大たたきでツアーをスタートしました。

(おおさとゴルフクラブに勢ぞろいした6人衆)
おおさとゴルフ倶楽部

プレー後は仙台港に向かい太平洋フェリーの「いしかり」に乗り込みました。「いしかり」は名古屋~仙台~苫小牧を結ぶ3年前に就航した大型フェリーです。船の中央部には3層吹き抜けになったエントランスホールがあり中々豪華です。バイキングの夕食を楽しんだ後は、お風呂のジャグジー・バイブラバスにつかりミニコンサート等を楽しみゆっくり休みました。

(仙台港から「いしかり」に乗り込む)
いしかり

(船内でのミニコンサート)
船内でのミニコン

2日目 6月3日、快晴で太平洋は穏やかです。苫小牧港への到着は午前11時ですのでゆったりと朝食をとり船旅を楽しみました。
苫小牧到着後は忙しくなります。直ちにエルグランドに乗り込み北海道千歳市にある千歳カントリークラブに直行です。昼食のカレーライスをそそくさと食べ18ホールに挑みました。雲一つない好天の下、北海道ゴルフを満喫しました。夜は苫小牧市内の韓国焼肉サランバンで夕食を兼ねた反省会、ゴルフ談議に花が咲きました。

(樽前カントリクラブでの記念撮影)
樽前カントリークラブ

3日目 6月4日、今日も真夏を思わせるような快晴です。ホテルで朝食を済ませ、このツアーのメインでもある樽前カントリークラブに向かいました。ちなみにこのゴルフ場は6年前にプレーしたことがあり、雄大さとキタキツネに出会ったことを覚えています。樽前山の麓にひろがる広くてフラットで長いコースです。各ホールともフェアウェイの平均幅が60mとゆったりしており、その上で両サイドに樹木が少なくますます広い感じがします。お陰様でOBになることは殆どありません。

(雄大な樽前カントリークラブ)
樽前カントリークラブ 2

時間がたっぷりありゴルフ場も空いていましたので、中・南の18ホールの予定を変更して、結局北コースを加え樽前カントリー全コース制覇となってしまいました。いわきのゴルフ場では味わいない雄大なゴルフを満喫しました。スコアーの方も雄大で3コース合わせて150点となった次第です。

(OBを恐れずに打ち出すドライバーショット)
樽前カントリークラブ 3

プレー後は苫小牧港に戻り太平洋フェリーの「きたかみ」に乗り込みました。来るときの「いしかり」よりは一回り小さな13000トンくらいの船ですが揺れも少なく快適です。例によって、夕食はゴルフ談議に話は尽きません。来年も企画しようと意見がまとまり、酔いも回って6人一部屋の1等寝台で眠りにつきました。

(「きたかみ」の船上から 太平洋の日の出)
太平洋の日の出

4日目 6月5日、仙台港への入港は午前10時です。下船後は東北自動車道を南下、国見サービスエリアで昼食をとり3時には帰宅となりました。初体験の3日連チャンのハードなゴルフツアーでしたが、その割には疲れも残らず楽しいゴルフ三昧の日々でした。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!