吟醸酒「神谷(かべや)」の試飲会を開催しました

「ふるさとマルシェ」では2月12日、純米吟醸「神谷(かべや)」の試飲会を田町のスナックO-kuraで開催しました。

「神谷」は2月10日より販売を開始しましたが、先行予約の回覧や立鉾神社宮司就任祝賀会などが功を奏し順調なスタートを切りました。そして、スナックO-kuraの日本酒好きのママの協力で店を貸し切り試飲会の運びとなったわけです。

当日は、「神谷」を醸造した渡辺酒造の渡辺社長、弊社の会田社長、酒米生産者の木村さんなど23名が参加し楽しい夕べとなりました。会は私から、なぜ神谷の米で日本酒を作るに至ったのか「吟醸神谷のストリー」で始まりました。続いて、渡辺社長から「神谷」を仕込むうえでの苦労話がありました。

(乾杯の音頭をとる佐藤大和さん)
試飲会

特に渡辺酒造では、昨年暮れに長年酒の仕込みを一手に引き受けていた杜氏が病に倒れました。そこで、「神谷」の仕込みの杜氏は渡辺さん自ら行ったのです。酒の味は繊細です。全神経を傾注し眠れぬ夜を経て納得のいく酒に仕上がったということでした。乾杯の音頭は立鉾神社宮司の佐藤さん、弊社の会田さんと酔うほどに祝杯を重ねることとなりました。また、自分の店を休業にして駆けつけた利き酒名人の柏谷さんからも「神谷」賞賛のメッセージを頂き、納得しながら「一杯復両杯」となったわけです。

(利き酒名人柏谷さんと会田和子さん)
試飲会 1

酒造り談義と米造り談義に花が咲きました。米造りプロは木村さんを含め4名参加しましたので、談義は「肥料の調整と酒の味」がテーマです。特に「土壌の成分から硫黄分をどう取り除くか」と話題は専門的になっています。飲みながら酔いながらも、これだけ真剣になれるのであれば、来年の「神谷」の味がさらに向上することは請け合いです。

(渡辺酒造社長 渡辺さん)
試飲会 2

参加者は、米造り・酒造り関係者の他にも、銀行の支店長、卸問屋の社長、前市議会議長、居酒屋の店主、農業委員会の委員長など広範囲の集いとなりましたので、差し詰め異業種交流会と言ったところでした。

(神谷米生産者 木村さん)
試飲会 3

約2時間半、純米吟醸「神谷」に酔い、まさに李白の「便得心中適 盡忘身外事」の心境となりました。お土産にも、可愛い300mlの「神谷」を持参して頂きました。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

立鉾神社宮司就任祝賀会で、吟醸酒「神谷」がデビューしました

2月8日、いわき市平中神谷にある立鉾神社の佐藤大和さんの宮司就任並びに神職身分二級上昇級祝賀会が正月荘で行われました。佐藤さんは名誉宮司に勇退した父佐藤典久さんの跡を継ぎ、立鉾鹿島神社を始め19社の宮司職を拝命したのです。また、佐藤さんは昨年9月に神職身分二級上昇級に昇進していました。この地位は神職にあっては指導的な立場で大変名誉なことです。

(祝賀会で謝辞を述べる佐藤大和宮司)
宮司祝賀会

祝賀会には来賓、各神社の総代など約150名が出席し盛大なものとなりました。会は立鉾神社総代長の国井勝意さんの発起人代表挨拶、鹿島神宮宮司鹿島則良さんらの来賓祝辞、記念品の贈呈と続きます。最後に佐藤大和さんの謝辞の後、自ら冠位束帯を纏い雅楽の演奏に合わせて朝日舞を披露しました。

(朝日舞を披露する佐藤さん)
宮司祝賀会 1

その後祝宴となったわけですが、花を添えたのは吟醸酒「神谷(かべや)」です。祝賀会の開催は大分前から計画されていましたので、祝い酒を「神谷」することにしていたのです。そのため、立鉾神社が所有する田圃でも酒米を耕作し、5月の「御田植祭」10月の「刈穂祭」を賑々しく開催したのでした。そのコメが「神谷」の酒米の一部として使われたのです。

吟醸酒「神谷」のデビューは佐藤大和さんの祝賀会となったわけです。御神酒としてのスタートなったのですから大変縁起の良いことです。720ml入り「神谷」を出席者に引出物として配られた他、円卓の各テーブルに1800ml入り「神谷」を一本ずつ置かれたのです。川島大佳さんが篆書で書いた「神谷」のラベルは上品で風格があり見事です。

(各テーブルに置かれた吟醸酒「神谷」)
宮司祝賀会 3

(「神谷」を注ぐ筆者)
宮司祝賀会 2

出席者のほとんどが初めて味わうことになるわけですので、プロデュースした私も気になるところでした。が、テーブルのあちこちから「これはいい酒だ」の声が聞かれ、注文者も出たほどで私も鼻高々でした。いわきには珍しい雪の宵、祝宴は美酒「神谷」に酔いしれ和気あいあいのうちにお開きとなりました。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

吟醸酒「神谷(かべや)」きき酒名人にも好評、間もなく販売開始

「ふるさとマルシェ」でご案内の吟醸酒「神谷(かべや)」の予約販売が順調に進んでいます。現在の予約状況は一升(1800ml)が約200本、四合(720ml)が約400本、300mlが約50本となっています。予約はネットによるものより地域(神谷地区)の口コミが多いのは当然でしょう。

(販売間近の吟醸酒「神谷」)
吟醸酒神谷1

気になる味ですが、満足できる状態です。辛口に仕上がっています。口に含んだ時には甘さを感じるのですが、暫くするとすきっとした辛さが伝わってきます。私は+1位の辛口が好きですので丁度合っているような気がします。

先日、いわき市平南町で居酒屋「柏谷屋」を営む柏谷裕司さんに試飲していただきました。柏谷さんは、全国きき酒選手権2年連続福島県代表になった「日本酒ツウ」です。柏谷さんの「神谷」に対する評価は、ほぼ私が感じた味覚と同じで「いい酒です」ということでした。きき酒名人に好評を得たわけですので自信をもって勧めることができます。

(「神谷」を試飲する柏谷さん)
柏谷さん

しかし、弊社の会田社長は、ほとんど日本酒は口にしないのですが、ちょっと口に含んで「これが本当にいいお酒?香りが良くないじゃない」と不安げです。きき酒名人にも好評を得たわけですので「下戸は黙れ」と退けてはみたものの、大衆受けすするかどうか一抹の不安が残ります。

(きき酒大会での表彰状)
柏谷店内1

居酒屋「柏谷屋」にも美酒「神谷」を置いて頂くことにしましたので店の様子を紹介します。店はいわき駅から5~6分、東邦銀行平支店の路地2本裏手、南向きのビルの一階にあります。「柏谷屋」と書かれた看板の下の暖簾をくぐると、左右に6~7人で飲める個室があり、厨房の脇を進むと奥には20人以上収容できる部屋になっています。清潔感のある雰囲気でなかなか好感がもてます。

(柏谷屋のしゃれた店内)
柏谷店内

柏谷さんはマニアックな方で、店には今では懐かしいレコードプレーヤーが置かれ趣味の音楽を聴くことができます。他には日本酒・焼酎のコレクションは勿論のこときき酒コンテストの表彰状が飾られ、その道の造詣の深さを知ることができます。吟醸「神谷」を飲む居酒屋の一つになってほしいと思っています。




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

いわき市「在京・地元各界交流の夕べ」に出席しました

1月29日、「いわき市在京・地元各界交流の夕べ」が港区新橋にある第一ホテルで開かれました。この会は名称が示すように、いわき市と東京都内の各界で活躍する方々の交流の場です。前年に参加した方には案内状が送られますが基本的には自由参加となっています。今年は例年になく参加者が多450名くらいあったようです。

(挨拶するいわき市長 清水さん)
交流会

会では、昨年10月の選挙で市長となった清水敏夫さんから、いわき市の現況と元気の出る街づくりの決意が述べられました。来賓では女性活力・子育て支援担当内閣府特命担当大臣の森まさこさん、復興大臣の根本匠さん、衆議院議員吉田泉さん、港区長の武井雅昭さんの挨拶があり、それぞれの立場からいわき市の震災後の復興にエールが贈られました。

(国務大臣 森まさこ さん)
交流会1

来賓の顔ぶれを見てあらためて認識しましたが、いわき市には衆議院・参議院合わせて5人の国会議員がいるのです。このような市は全国でも珍しいのではないでしょうか。これらの国会議員のベクトルを一つにすれば、さらなるいわき市の発展につながると思うのですが、少なからず政争が存在するのも事実です。いわき市の復興と発展のため小異を捨て大同についてほしいと思うのは私だけではないでしょう。

(歓談する 荒井さん・平山さん・会田さん・木村さん)
交流会3

(筆者・いわき市議吉田さん・会田さん)
交流会4

会は立食パーテーで、思い思いに移動し懐かしい顔・新しい顔に触れ親睦を深め情報の交換の場となっています。知り合いが知り合いを紹介し名刺を渡し自己紹介をし合うと、同じ故郷を持つ人たちがかくも広い分野で活躍をしているものだと驚きます。

(品川区会議員西本さん・いわき市議会議員西山さん) 
交流会5

私もここ数年参加していますのでお馴染みの顔もできています。IT産業の社長をしている高校時代の同級生、銀座でスナックを経営する遠野出身の女性、品川区議会議員を務める赤井出身の女性など、今年も元気なご尊顔を拝しご同慶の限りです。

(フラガールによるダンス)
交流会6


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!