いわき市の住宅事情

いわき市内は住宅建築ラッシュが続いています。原発事故以後双葉地区からいわき市に移住している人は約2500名いるのではないかといわれています。移住してきてもいわき市に住民登録をしていない人が大多数ですので正確な数字は掌握できないようです。

福島県は広い県土を有していますので気候も風土も違います。会津地方に避難し移住した人達は冬の季節に耐えるのは大変です。雪道の車の運転、除雪作業などは原発周辺地域の双葉郡の人達にはあまり経験の無いことです。そのため、気候の温暖ないわき市に再移住人も多くなってきているのです。

富岡、大熊、双葉、浪江の4町は、いわき市内に仮の町構想を掲げておりますので、これが実現すると人口はさらに増えることになります。また、原発避難地域の人達は補償金が入り資金的には潤沢ですので、いわき市内に土地を求め戸建住宅を建て定住することを考え出しているようです。

(薄磯地区の災害公営住宅 3月から入居予定)
住宅事情

(建設を急ぐ豊間地区の災害公営住宅)
住宅事情1

現在、いわき市内は時ならぬ住宅の建築ラッシュです。市内には16箇所の災害公営住宅の建築が急ピッチで進められています。平地区には2棟の大型マンションの建設、その他住宅メーカーのアパート、個人の住宅が各地に建てられ震災特需の様相を呈しているのです。とある大手のハウスメーカーでは四国(愛媛・香川)の従業員を融通し工事を進めているとの事で、関係者は「いわきは異常ではないか」と話していました。

(平地区に立つマンションの工事現場 後ろは東日本国際大学の学生マンション)
住宅事情2

困ったのは、震災の被害を受けた個人住宅などの修理です。住宅メーカーや工務店は、どうしても新築優先となりますので小規模な修理は後回しになる傾向にあります。当社の玄関周辺の修理工事も工務店に依頼してあるものの未だに着工出来ずにいます。

(新築の賃貸住宅 平 神谷地区)
住宅事情3

何といっても、最優先は災害復興住宅の早期完成でしょう。入居の申し込みは12月に締め切っていますが、入居の最も早い薄磯地区の災害復興住宅でも3月中旬ですので、震災から3年が経過してしまうことになります。その間、仮設住宅など不自由な生活を強いられているわけですので、その他の地域も一日でも早く入居できるようにして欲しいと思います。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

いわきの寒中ゴルフ

1月20日は大寒、一年中で一番寒い季節です。そのような中いわき市は晴天が続いています。今年はいまだ降雪を記録していません。阿武隈山地が雪雲をブロックしてくれているのです。有難いことです。

お陰様で、いわき市のゴルフ場は降雪によってクローズになることはほとんどありません。プレー費も安いしゴルファー天国といったところです。

(何か良いことが起こりそうな冬晴れ)
小名浜オーシャン

1月16日、小名浜オーシャンカントリークラブが主催するコンペに参加しました。このゴルフ場は12月2日に「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペを開催したところです。団長ブログでも紹介しましたが、このゴルフ場は海に突き出た大地に建設しましたので風光明媚です。アウト・インの18ホールですが、ほとんどのホールから海が見えます。海越え(入り江越え)をするホールも何か所かありますのでスリル満点です。

(インコース10番ホールのグリーン上)
小名浜オーシャン1

私のゴルフの師匠である山崎さんを含め友人4人で回りました。9時30分インの10番ホールからスタートしました。晴天で風もなく絶好のゴルフ日和です。「何か良いことが起こりそうな予感」がしましたが、その予感はすぐに裏切られてしまうのです。10番パー、11番ボギーまではよかったのですが、12番のミドルは2打めの海越えに失敗しトリプルボギーを敲いてしまいました。その後は推して知るべし、メンタル面の弱さが出てしまう結果となったのです。

(海越えショートホール 木村さんのショット)
小名浜オーシャン2

インコースは海を存分に意識させるコースです。海越えのショートホール、グリーンの奥が海などプレーヤーに妥協を許さないコース設定になっているのです。プレーヤーには、めげずに攻める姿勢が要求されるわけです。私も十分に理解しプレーしているはずなのですが功を奏しませんでした。

(アウトコース 打ち下ろし120ヤードショートホール)
小名浜オーシャン3

しかし、スタート時の予感は思わぬ所で花が咲いたのです。上位の順位はおろか飛び賞にもありつけなかったのですが、最後の行われた抽選会でただ一人、小名浜オーシャンホテルの「スイートルーム宿泊券」をゲットしたのです。妻も大喜びです。1月まれの夫婦に思わぬ誕生日プレゼントとなりました。

(オーシャンホテルに向かって打ち出すインコース最終ホール)
オーシャンホテル

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

大國魂神社の初音祭

いわき市平菅波にある延期式内大國魂神社(山名隆弘宮司)で、1月13日初音祭が行われました。

(大國魂神社本殿)
大国魂神社本殿

初音祭(はつねさい)は、本来、新年はじめての「きのえね」の日に行われるのが慣わしでしたが、現在は正月「成人の日」に祈祷大祭として行っています。一年の始まりにあたっての祈祷大祭ですので、いわき市はもとより県内外より多数の参詣者で賑わいます。今年は風が強かったものの晴天でしたので、例年よりは多い参詣者があったようです。

大祭当日は神楽殿において御神楽「大和舞」と「稚児舞」が奉納され縁起物の扇子や紅白餅がまかれます。今年も縁起物を拾う人、アマチュア写真家などで大変な賑わいでした。

(紅白の餅をまく稚児舞)
1初音祭

(ちょっと滑稽な大和舞)
初音祭1

「大和舞」は宮司・山名家に伝わる文書によると、享保年間に舞われていた記録がありますので歴史と伝統のある無形民族文化財です。現在は大國魂神社の氏子有志によって構成される大和舞伝承会によって伝承され大祭の時に舞われています。笛、太鼓、舞それぞれの伝承者の指導のもとに、月1~2回の練習を続けているということです。

例年、初音祭には「ふるさとマルシェ」も出店し祭りに花を添えています。今年も白河の「だるま最中」、渡辺酒造の「甘酒」などを販売しました。特に「だるま最中」は本物の白河だるまが1つ入っている縁起物ですので、毎年常連客が付いているようです。

(出店した「ふるさとマルシェ」)
初音祭3

私は宮司の山名さん一家とは親しい間柄ですので、「初音祭」には詣でて、家内安全・身体堅固を祈ることを年中行事の1つにしています。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

中神谷西区で「語り部の話を聴く会」・「餅つき大会」を開催

恒例となっている中神谷西区の「語り部の話を聴く会」・「餅つき大会」が1月5日神谷公民館で開かれ、約40名の子供たちが保護者に付き添われ参加し大変な賑わいでした。

第1部「語り部の話を聴く会」は、語り部として小澤洋子さんを招き、「かさこじぞう」「三枚のお札」など5つの昔話を語っていただきました。小澤さんは元小学校の教諭で退職後、ボランティア活動として語り部をしています。地元の平第六小学校にも勤務した経験があり地域をよく理解しています。それだけに子供たちの掌握も上手で、巧みな語り口に子供たちは目を輝かせ聴き入っていました。

(語り部の話に聴き入る子どもたち)
語り部の話を聴く会

第2部は「餅つき大会」です。婦人会や子供会の協力で前日に研いでおいたもち米をふかし、臼と杵でつきましたので子供たちも大喜びです。出来上がった餅を雑煮ときな粉餅にしましたので、用意した餅は完食となってしまいました。

(千本杵で餅をつく子どもたち)
餅つき大会1

(お雑煮をほおばる子どもたち)
お雑煮

第3部は「花餅飾り」です。この地方では古くから小正月に行われていた行事で、水木と呼ばれる樹木の枝に小さく切った餅を飾りつけます。出来上がると花が咲いたようになりますので、花の少ない季節には適した行事だったのでしょう。五穀豊穣を祈る行事だったとも言われています。

現在はこの地域で「花餅飾り」を行っている家庭は無いでしょう。親子での作業は楽しそうで、芸術作品が次々と生まれました。完成した「花餅飾り」を鑑賞した後解散となり、家族へのお土産として持ち帰ってもらいました。

(親子で作る芸術作品)
花餅 

これらの行事は、3.11震災以前には「鳥小屋行事」の一環として行われていました。田んぼに作った鳥小屋の中で語り部の話を聴き、公民館に移動し餅つきとなったのでした。しかし、鳥小屋に使用する稲藁には微量でもセシウムが含まれているのではないかと危惧する声があり、以後3年間鳥小屋作りは中止となっています。

私は中神谷「鳥小屋保存会」の会長をしています。子供たちを地域に残る伝統行事に触れさせることは、郷土愛の醸成や健全育成につながるものと考えています。セシウム問題が払拭した時には「鳥小屋行事」を復活させたいと思っています。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

吟醸酒「神谷(かべや)」 2月に発売

ちょっと遅れましたが、新年おめでとうございます。今年も「ふるさとマルシェ」共々よろしくお願いいたします。

さて、今年「ふるさとマルシェ」ではオリジナルブランド吟醸酒「神谷(かべや)」を2月から販売を開始します。この日本酒はネットにも掲載している「神谷米」生産者木村健一さんと郡山市にある酒蔵渡辺酒造本店と「ふるさとマルシェ」が提携した、いわゆる6次化商品です。

(三者会議 渡辺社長 筆者 木村さん)
吟醸酒 神谷

「神谷米」には歴史と伝統があります。神谷地区が穀倉地帯となるのは、江戸時代の初期寛永年間に磐城平藩郡奉行「澤村勘兵衛」によって行われた大規模灌漑工事によるものです。神谷地区は夏井川の氾濫原で、上流の阿武隈山地から運ばれた肥沃な土砂が堆積し米作には適した土壌となっています。また、夏井川の水は阿武隈山地の石灰質の地層を通ってきますので水稲耕作に適したものになっています。この貴重な遺産を酒米の生産に活用してみました。

(立鉾神社刈穂祭 昨年秋)
刈穂祭6


(氏子による酒米の刈り取り)
刈穂祭7


一方、醸造に当たる渡辺康弘さんは福島県酒造協同組合の理事及び酒米対策委員長を務めています。同酒蔵は明治4年の創業で、主力商品「雪小町」は平成23年から3年連続「全国新酒鑑評会」で金賞を受賞しました。また「福島県秋季鑑評会」では、吟醸・純米の両部門で県知事賞を受賞する快挙を成し遂げました。このような実力派の酒造メーカーに吟醸酒「神谷(かべや)」の醸造を挑んで頂きました。「神谷」はアルコール分15度、精米歩合60%、いわき市神谷地区産米100%の純米吟醸酒として発売されます。

(吟醸酒「神谷」)
吟醸酒 神谷1

蔵出しは2月8日を予定しています。この日は、昨年秋に「神谷」に使用する米の収穫を祝う「刈穂祭」の神事を行った立鉾神社の宮司佐藤大和さんの神職昇進を祝う御神酒として振る舞われます。吟醸酒「神谷」にとっても縁起の良いスタートとなります。

気になる価格ですが、1,800ml(一升瓶)が2,600円、720ml(四合瓶)が1,300円、300mlが500円と吟醸酒としては抑えたものになっています。現在、地域では回覧板によって先行予約注文を受け付けているところです。お問い合わせは「ふるさとマルシェ」までお願いいたします。


ふるさとマルシェはこちらから。
http://www.furusatomarche.com/
日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!