過疎化が止まらない金山町

私が2年間単身赴任で住んだことのある奥会津の金山町は過疎化に歯止めが掛からず、住民は将来に不安を抱えています。現在の人口は約2.200人年々減少の一途をたどっています。福島県内で子供の割合が最も低い町村のワースト1位で5.04%(114人)となっています。ちなみに、ワースト2位は三島町(6.7%)、ワースト3位は昭和村(7.07%)で、いずれも大沼郡内の町村です。

(少子化が顕著な金山町の人口ピラミッド)
人口ピラミット

金山町議の横田正敏さんは町政報告紙の中で次のような不安を述べています。「今10代の子供が果たして何人金山町に定住するのだろうか」「20年後この町はどうなってしまうのだろうか」と。横田さんは町議会の一般質問の中で、保育料の全額免除、給食費の全額免除、子供のいる世帯が転入してきた時に転入奨励金を交付する等を盛り込んだ「子育て応援条例」の制定を要望しました。

それに対して長谷川律夫町長は、「若者を定住させ、結婚して頂き、子供が誕生し、その子供が定住して・・・という町づくりしなければ、町は存続しないことは明らかで、その対策のために英知を結集しなければならない」と述べたそうです。至極当然のことですが、私が金山町に住んでいた13年前にも前町長の渡辺さんもそのようなことを言っていたのを思い出します。英知を結集することは至難の業です。

(只見線 川口駅近くの空き家)
空家

先日、久しぶりに金山町を訪れ秘湯の宿恵比寿屋に宿泊し、旧知の方々と懇談しました。いずれも高齢ですが自然豊かな奥会津の風土と一体化し人生を楽しんでいる様子です。しかし、子供たちは家を離れ高齢者世帯になっているのです。集落の中には立派な民家が空き家になっているものも目立ってきました。日本の原風景を醸し出す人情味のある町なのですが、若者は都市に目を向けてしまいます。

(頑張っている玉梨とうふ)
玉梨豆腐

9月16日の敬老の日に合わせて総務省が65歳以上の高齢者の推計値を発表しました。それによると、高齢者は前年より112万人増えて3186万人となり、過去最高を更新したそうです。総人口に占める割合も25.0%と過去最高を記録し、4人に1人が高齢者なったというのですから、金山町の問題は明日の日本の問題でしょう。日本全体で英知を結集する必要があるようです。

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

いわき市長選挙 清水さんが現職を破り初当選

任期満了に伴ういわき市長選挙が9月8日行われました。この結果、前県議の新人清水敏男さん(50)が現職の渡辺敬夫さん(67)、元衆議院議員宇佐美登さん、自営業の五十嵐義隆さん(35)を抑えて初当選を果たしました。投票率は51.13%で前回よりも4.89%下がっています。

(当選した清水敏男さん)
清水

現職が強いはずの選挙がなぜいわき市民は渡辺さんにNOを突きつけたのでしょうか。清水さんは告示まで約2ヶ月前の7月3日に県議を辞職しての立候補表明ですから、組織・知名度的にも現職には劣っていたと思われます。

渡辺さんは、公明党いわき総支部、日本維新の会県支部、みんなの党いわき支部、連合福島いわき地区連合会などから推薦を取り付けていました。また、地元選出の国会議員、県議会議員、市議会議員の多くが渡辺指示を表明していました。しかし、結果的にこれらの組織は力を発揮しなかったのです。

この現象は4月に行われた郡山市長選挙結果にも共通しています。国会議員、県会議員、市会議員など多くの組織的支持を得ていた現職の原正夫さんが、いわき市出身で元郵政審議官の品川万里さんに敗れたのです。

この両市の市長選の結果は、敗れた渡辺いわき市長の弁「結果的に、これまで進めてきたことに対しての批判だと思う。それは謙虚に受け止めたい」に尽きると思います。組織の長や企業の社長が支持を表明しても傘下にいる一般市民はNOだったのです。

特にいわき市では、東日本大震災に伴う原発事故に対する市民の不安に渡辺市長は応えていなかったと判断されたのです。震災直後の生活物資の不足、津波の被害が甚大であった地域の住宅の確保、放射性物質に汚染された生鮮食料品の問題、震災ガレキの焼却の問題などへの対応ははたして十分だったのでしょうか。市民は今回の選挙で掲げた候補者の公約よりも、震災以後のこれらの問題に対する市長の対応が一票を投ずるかどうかの指標としたようです。

(立候補した4氏の選挙ポスター)
選挙ポスター

新市長・清水敏男陣営で選挙戦を指揮した前議長の蛭田克さんが話しています。「各地で行われた集会には渡辺陣営の方が多くの人が集まっていました。多分動員を掛けられた人達だと思います。集まった人の多さが得票につながったとは思いません」と。今回くらい組織の無力さを感じた選挙もありませんでした。

清水さんは当選の弁で「東日本大震災を受けて、市民の中にはこのままではいけないという思いが強まり、それが私への期待に変わり、票を投じてくれたと思う」と述べています。正しい分析だと思います。これから4年間、初心を忘れず市民の声に謙虚に耳を傾け、揺るがぬ座標をもって32万市民の幸せを確立する市政を実践して欲しいと思います。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「ふるさとマルシェ」は生産者との連携を図っています。

福島県は原発事故以後2年半が経過しましたが、依然として不評被害に悩まされ続けています。食品関係は特に厳しい状況です。安倍総理や石破事長が美味しそうに福島桃を食べて見せても風評は払拭されず、事故前の売り上げに達成することが出来ずにいます。そんな中でも生産者は類無き努力をしながら福島ブランドの再構築に力を入れているのです。

「ふるさとマルシェ」では、このような状況を踏まえ安心安全な逸品を提供するサイトとして、一層の充実を図りたいと考えています。それには、生産者との連携が基本です。生産者の思いを「ふるさとマルシェ」が共有しサイトに掲載することが大切だと考えています。8月には会津地区の生産者・協力者を訪問し情報の交換をしました。その中のいくつかを紹介します。

 鈴善漆器店(会津若松市)
漆器を弊社が運営している「住宅エコポイント」取扱商品として掲載しています。毎月何件かの注文があり好評を得ています。鈴善漆器店については以前のブログにも掲載しましたが、会津漆器の生産販売店として江戸時代からの歴史を持つ店です。辺見課長の説明を受け、伝統工芸の良さを再認識しました。

(漆塗りに使用した椀を加工した逸品)
漆椀

(土蔵を活用した展示室)
土蔵

 渡辺宗太商店(会津若松市)
店主の宗喜さんは「ふるさとマルシェ」の会津顧問と言った所で、会津地区のいろいろな情報やアドヴァイスを頂いています。弊社の奥会津産えごま油も取扱っています。以前のブログで紹介しましたように、宗喜さんは蕎麦打ちの名手でもあります。限定20食程度ですので、当日は予約しておき10割蕎麦を堪能しました。弊社の会田社長も大のファンです。

(宗喜さん・会田社長)
宗太商店

 目黒麹店(坂下町)
大正14年創業当時から受け継いだ技術で麹づくり続けています。会津盆地の清らかな水と原料の大豆・米・塩は全て国産品を使い、秘伝の麹は会津米を丁寧に醗酵させ、味噌づくりにてきした麹に仕上げているということです。
主力商品は、創業当時からから守り続けてきた懐かしい味の田舎みそ、無農薬玄米100%で麹をつくり二年間自然発酵させた玄米味噌、通常より1.5倍の麹を使い麹の香りが強いのが特色のバイオ味噌、秘伝の製法により仕込みバイオ味噌と比べるとマイルドな本熟みその4種類です。いずれも会津味噌の逸品ですので「ふるさとマルシェ」でも掲載を検討しています。

(歴史を感じる目黒麹店)
目黒麹店

上記のほかにも、会津人参(朝鮮人参)を商品化することに取組んでいる喜多方市の清水有限会社、「ふるさとマルシェ」の人気商品のえごま油の生産者・金山町の栗木さん宅などを訪問しています。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

[


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!