アドリア海に沿って 4

トロギールの旧市街地はとても小さな島で陸地と橋で結ばれており、ちょうど長崎の出島のような感じです。防衛のために堀を回らせたために島になってしまったと言うのですから、ここにも民族をめぐる抗争の歴史が感じられます。

ホテルを8時30に出発しトロギールの旧市街地を散策しました。クロアチアで最も保存状態がよいと言われるだけあって中世の佇まい色濃く残っています。島を一周しても30分程度ですので1時間くらい散策し次の訪問地スプリットに向かいました。

(中世の町トロギール)
トロギール 2

スプリットはローマ皇帝ディオクレティアヌスの居城であった所に、皇帝の死後クロアチア人の祖先でもあるスラブ人が住み着き町となってしまったと言うのです。スプリットの町を歩いていると、かつての宮殿を中心に巨大なショッピングモールになっているのですから驚きです。ローマの遺跡の見学とショッピングを同時に楽しめる、大変面白いスポットです。

(宮殿の町スプリット)
スピリット

宮殿内のレストランで昼食を済ませ、アドリア海沿いに南下しドブロヴニクに向かいました。約250Kmのドライブです。高速道路ではありませんが右側にアドリア海を眺めながら快適なドライブです。石灰石で覆われた台地がアドリア海に滑り込んでいるような地形ですので、道路の陸側は露出した石灰岩に灌木がへばり付いている痩せた土地です。

(島の多いアドリア海沿岸)
アドリア海沿岸

南下していくとボスニアとの奇妙な国境に出合います。ボスニアは海のない国と思っていましたが、実は約9㎞だけアドリア海に面していたのです。つまり、クロアチアは、細長くアドリア海に突き出たボスニアの領土によって南北に分断されているのです。これは少し認識不足でした。

(高級住宅が立ち並ぶボスニア領の海岸の海岸線)
ボスニア海岸

当然、入国・出国の検問所が設けられていますので、私たちを乗せたバスもわずか9㎞間でクロアチア出国、ボスニア入国、クロアチア入国の形式的な手続きを取ることになったわけです。
ボスニア領の海岸線には富裕層の豪華な家屋が立ち並んでいます。また、立ち寄ったボスニア領内のスーパーマーケットは、クロアチアより物価が安いということで大変な繁盛です。私も衝動的にワイン・オリーブオイル・チョコレートなどを買ってしまいました。支払通貨はユーロ、クーナ、コンバーティブルマルクのどれでもOKというのですから、これもまた「民族のるつぼ」ならではの現象といえるでしょう。

(暮れなずむアドリア海)
アドリア海2

コバルトブルーのアドリア海に見とれながらの約3時間のドライブは退屈する暇はありませんでした。午後6時半ごろ「アドリア海の真珠」といわれるドブロヴニクに到着しました。連泊するグランドパークホテルの部屋からはアドリア海が望まれます。暮れなずむアドリア海を眺めながら、持参したパック入り日本酒の酔いの中で仮想現実に浸りました。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

アドリア海に沿って 3 (ブリトヴィツェ湖群国立公園)

6月24日、メインはプリトヴィッツェ湖群国立公園の観光です。「死ぬまで一度は訪れたい世界名所29箇所」の一つとされる16の滝が点在する景勝地です。

ロブランのホテルを7時30分に出発、生憎の曇り空です。217Kmの移動ですのでその間に天候の回復を祈っていたのですが、残念ながら雨模様になってしまいました。プリトヴィツェ湖群の位置はボスニアに近い内陸部で標高も500mを越します。この地域一帯がカルスト地形の痩せた土地ですので、車窓には潅木、ブドウ畑など丈の低い樹木が広がっています。

ボスニアに近づくにしたがって独立戦争の頃の爪跡が残っています。住むことを放棄してしまった家屋、銃弾の痕の残る壁など戦後は終わっていない感じです。
途中のドライブインで名物のマス料理を食べ昼過ぎ到着しました。残念ながら雨の中の散策となりました。事前に観光案内で晴れた湖群の写真を見ていただけに残念でなりません。一番大きな滝を見上げる頃はまだ小雨程度でしたが、程なく雷が鳴り始め敲きつけるような雨、靴の中にも水が入る始末です。それでも、世界で最も美しいといわれる滝を傘から落ちる滝越しに眺めました。雨男でもなかったと思うのですが、日ごろの行いを悔いる結果となりました。

(雨の中の大瀑布)
大瀑布

これほどの悪天候に見舞われたのは海外旅行では初めてです。そそくさとバスに乗り込み次の訪問地トロギールに向かいました。トロギールはアドリア海に沿ってクロアチアの南北にほぼ中間地点に位置します。約220Kmのドライブですのでアドリア海が見えてくる頃には晴れ間が広がり始め、トロギールに着いたときには青空になっていました。

(トロギールの夜景)
トロギール

宿泊は旧市街地から200m位の橋で結ばれたチオヴォ島にある浜辺のホテルです。島と本土の間は小さな海峡で船溜りになっていて観光船やクルーザー、ヨットなどが所狭しと停泊しています。夕食後、雨の散策の疲れも忘れ、暮れなずむ港の風情を楽しみました。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

アドリア海に沿って 2 (クロアチア イストラ半島)

5月23日、クロアチアの西部に位置するイストラ半島の散策です。
宿泊したロブランは中世初期から栄えたクバルネル湾に面する港町です。そこからバスで約40分、半島の内陸の小さな町モトブンに移動しました。ここは幻想的な天空の町で、宮崎駿の「天空の城ラピュタ」のモデルだという人もいます。標高は280㍍といいますから小高い丘程度ですが、平原の中に城壁で囲まれた町は実際の標高以上の高さを感じさせます。

(天空の城ラピュタ)
天空の城

石畳を上ると城門があり、そこには外敵の侵入に備えた遺構があります。石や熱した油などを落したと考えられ、日本の城郭建築に共通するものがあるようです。門を潜ると、そこはまさに中世の世界にタイムスリップです。地震の少ない地域の石の建築は内部の改造しだいで何百年も使えます。遺構を巧みにリフォームしたカフェテラスやレストランがありゆっくりとした時間を過ごしたい気分になります。

(石や熱い油を落としたといわれる城門の遺構)
城門

モトブンから再び海岸線にあるポレチュ、ロヴィニに向かいました。どちらの町もイタリアに近くに位置しますのでローマ文化の影響が色濃く残っています。特にポレチュはイタリアから35km位の保養地ですので、イタリア人やオーストリア人の所有する土地が多いそうです。路地裏の狭い石畳を歩くとフィレンツェの雰囲気に似ているようです。6世紀に建築されたというビザンティン様式のエウフラシゥス聖堂のモザイク宗教絵は圧巻です。

(珍しい受胎した聖マリア像のモザイク絵)
マリア像

ポレチュからアドリア海沿いに56km南に位置するロヴィニは、こぶし状に突き出た半島の小高い丘の上に教会があります。それを中心にレンガ色の瓦の住宅がアドリア海に迫り出すように立ち並んでいます。18世紀末まではヴェネツィア共和国に支配された歴史を持ちますので、雰囲気もヴェネツィアに似ています。バルカン半島西岸は、アドリア海を挟んで巨大なローマ帝国が君臨したわけですからローマ文化が色濃く残るのは当然のことでしょう。

(小ヴェネツィアといわれるロヴィニ)
ロヴィニ

今日もロブラン泊ですので、ホテル到着後海に面した遊歩道ルンゴ・マレーを散策、お腹をすかし夕食です。今晩もどこといって特色の無いアドリア海料理でしたが、ワインは価格の割には癖が無く美味です。一杯また一杯と杯を重ね、私の好きな李白の詩ごとく、「陶然として萬累を遺る」に至った次第です。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「太極拳ゆったり体操」がブームを呼んでいます。

大阪府熊取町は太極拳を通じた健康増進に力を入れていて、町内には計36ものクラブや教室があるということです。毎年11月には「太極拳フェステバル」が開かれ、1000人を超える町民が演舞を披露しているというのですから大変なブームになっているようです。

このことが、6月2日の読売大阪の朝刊に掲載されましたので、「ふるさとマルシェ」で紹介しているDVD「太極拳ゆったり体操」が大変人気を呼んでいます。このDVDは福島県喜多方市と「ふるさとマルシェ」が提携して作成したものです。

喜多方市は2006年に「太極拳のまち」を宣言しました。同市は07,08年福島県立医大と共同で、転倒経験のある高齢者に3ヶ月間太極拳体操をしてもらった後、血圧や筋力などを測定しました。すると、歩幅が広くなったほか、立ち上がるのにかかる時間が短縮し、歩く速度もあがることがわかったのです。

この結果をもとに、当社と連携して太極拳の動きを取り入れた介護予防体操「太極拳ゆったり体操」を開発し、DVDとして発売しました。その後、このことがNHKの「ためしてガッテン」にも取り上げられましたので、そのときも人気を呼びました。

開発リーダーの福島県立医大教授安村誠司さんは「ゆったりした太極拳の動作は、見た目以上に下半身に負荷がかかる。高齢者の転倒防止に必要な脚力とバランス感覚の維持に有効だ」と話しています。

日本の平均寿命は男女平均で83歳、長寿国として君臨しています。しかし、厚生労働省の発表によると、2010年の統計では日本人の健康寿命は男性が70.4、女性が73.6ということです。寿命が延びても健康でなければ面白くありません。健康維持のためにも太極拳ゆったり体操を始めてみてはいかがですか。

介護予防のための太極拳ゆったり体操
太極拳ゆったり体操

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

アドリア海に沿って 1 (ドイツ~オーストリア~スロベニア~クロアチア)

今年の現実からの逃避はバルカン半島の西海岸、アドリア海に沿った3か国にしました。この地は「民族のるつぼ」と言われ歴史的にも民族紛争の絶えなかったところです。

第一次世界大戦の発端となった「サラエボ事件」もこの地に起こりました。また、紺碧のアドリア海もいろいろな歴史の舞台となった美しい海です。

5月21日、23名のツアーに参加し旅立ちました。直行便はありませんので、先ずはドイツルフトハンザ航空でフランクフルトへ、ここで航空機を乗り継ぎオーストリアのグラーツに入ります。ここからスロベニア共和国のブレッドへはバスで約220Kmの移動です。オーストリアの細長いベルター湖(氷河湖)を左手に見て、7.8Kmのカランバトルトンネルを抜けてブレットのホテルに着いたのは現地時間の午後9時40分でした。日本からの所要時間は約18時間を要しました。

5月22日、いよいよバルカンの旅の始まりです。最初の向かったのはアルプス山系の東端に位置するブレット湖です。宝石のように美しいと形容されるだけあって、山の緑を映し出す水面は青く輝き、湖上にある教会、湖畔の古城を配する光景はどのスポットも見事なアングルです。

(アルプスを背景にした湖畔の古城)
ブレッド湖1

ブレット湖は水質保全のためエンジン付きのモーターボートなどの使用は禁止されています。そのため湖上の教会には手漕ぎボートで渡りました。湖畔の高台にあるブレット城から見下ろす湖の眺めも絶景です。古城の中にある小さなワイナリーで白ワインを購入、散策しながら中世の権力者がこの自然を我が物にした気分にしばし浸ってみた次第です。

(湖上にある教会)
ブレッド湖2

次の訪問は120Kmほど移動してポストイナ鍾乳洞です。スロベニアの大部分は石灰岩の大地に覆われるカルスト地形です。この鍾乳洞は石灰岩をビフカ川の流れが10万年かけて浸食したことによって形成されてと考えられています。全長27Kmに及ぶ鍾乳洞は、ヨーロッパ最大、世界でも第3位の規模というだけあって非常にスケールの大きなものです。中心部に入るためにトロッコ電車に乗り約10分、徒歩で1.5Kmを散策し、更に別なトロッコ電車に乗り出口へ、所要時間は約2時間でした。

(ポストイナ鍾乳洞・内部は撮影禁止なのでそっと撮影)
ポストイナ鍾乳洞


スロベニアの滞在は1日間で、次の訪問国クロアチアに向かいました。バスによる国境越えで、クロアチアの入国審査は簡単です。添乗員が23名分のパスポートを集め提出、形式的に押印するだけでした。スロベニアはEU加盟国、クロアチアも今年7月に加盟する予定ですので、この形式的入国審査も間もなく無くなるということでした。

(クロアチア側の国境検問所・後から分かりましたが撮影は禁止です)
国境の検問所


この日の宿泊は、クロアチア北西部イストラ半島のアドリア海に面するロブランです。瀟洒な海の見えるホテルに着き、地元のワインを飲みながらあまり特色のないクロアチア料理を食べ、ほろ酔い気分で港町を散策しました。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!