「いわき万本桜プロジェクト」20回目の植樹会

いわき万本桜プロジェクト」の植樹会が2月24日(日)に行われました。当日、浜通り地方には強風注意報が出て阿武隈下しの冷たい北風が吹きました。会津地方・中通り地方は大雪というのに、いわきは時に風花が舞うものの冬晴れです。一昨年の春にスタートした植樹会も今回で20回目となります。主催者の志賀忠重さんにこれまでの植樹の本数を確認してみると約1400本くらいだと言うことです。以前のブログで2000本を越えたと書きましたが訂正いたします。

今回は強風・極寒の中でしたので、参加者はボランティアの方々を含め約40名くらいでした。参加者の中には、孫が長野に避難し4月に避難先の小学校に入学するのを記念して植樹したと語る女性もいました。人生の節目に記念として植樹する方が多いようです。

(ご夫婦で記念植樹)
植樹の様子2

(植樹後の記念撮影)
植樹後の記念撮影2

植樹の場所は、今回も中神谷西地区が所有する山林でしたが、この山もこの後2回くらいの植樹でいっぱいになります。その後は、隣集落の上神谷(かみかべや)地区の山林所有者の協力も得られるという話ですので、桜の山が隣接地区にも拡大することになります。しかし、「万本桜」までの道のりは長いようです。

(植樹場所は太平洋を望む絶好のポジション)
太平洋を望むスポット

植樹地域の拡大に伴い大変になるのが夏の下草刈りです。植樹したままで放置すると蔓にまかれ雑草に負けてしまいますので、しばらくの間は除草作業が欠かせません。昨年の夏は炎天下、ボランティアの方々のご支援により雑草除去も順調に行われました。

現在、ボランティア(万本桜支援隊)のメンバーは30名を超え、そろいのユニホームで身を固め休日ごとに作業している姿は頼もしい限りです。中には八王子からキャタピラー付作業車持参で参加しているグループもあります。

「いわき万本桜プロジェクト」は、日本だけでなく世界のいろいろな地域の人々との出会いと交流を生んでいます。それをもとに、地域の未来人が交流の輪を一層充実させ、「万本桜」がヘリテージ(遺産)として誇れるものになって欲しいと思います。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

小泉武夫さんの講演会 いわき文化センターで開催

小泉武夫さんの公演「食からいわきを元気にしよう」を聴きました。
小泉さんは福島県小野町の出身で、現在東京農業大学名誉教授をしています。醸造学・発酵学が専門ですが、自らも包丁を握る調理人で自宅の台所「食魔亭」に立ち様々な料理を供するそうです。またニュースステーションの「食の快楽」という特集にも度々出演していますのでタレント性のある方です。

(熱弁をふるう小泉武夫さん)
小泉武夫さん

今回の小泉さんの公演は「食と寿命」という視点でした。
戦前、沖縄と鹿児島県の徳之島・奄美大島はどちらも長寿で同じくらいの平均寿命だったそうです。ところが、沖縄ではアメリカ占領下で食生活に大きな変化が起こりました。伝統的な中国系の食生活から肉を中心としたアメリカ系の食生活に変化してしまったのです。そうすると、沖縄の平均寿命は伝統的食生活を守っていた徳之島・奄美大島を大きく下回ってしまうのです。それに比べ、徳之島・奄美大島はデンマークなどと並び高い健康平均寿命を記録しています。

小泉さんはその要因を次のように話しています。
徳之島・奄美大島の食は魚、海藻(モズク)、さつま芋、芋づるなどの伝統的な食材が健在です。和食の主材は、根茎、菜、青果(トマト、キュウリ)、山菜・茸、大豆、海藻、米・麦・雑穀です。特に大豆は和牛に劣らぬタンパク質を含み、味噌汁に納豆を入れる江戸時代からの伝統食は肉汁を食べているようなものです。それから、和食の主材に含まれる繊維質は腸の運動を活発化させ免疫を強くさせるNK細胞を増殖させるというのです。和食を食べること、一日二杯の味噌汁を食べることが長寿の秘訣です。

繊維質には吸着力があります。
木綿の布巾はテーブルの汚れをよく拭きとるように、繊維には物質を吸収する作用があるのです。この作用は体内にあっても同じです。体内に取り込まれたセシウムなどの放射性物質も繊維質が吸収し便と一緒に排出されます。ですから、和食を中心とした食生活が体内被曝対策に効果があるわけです。
また、広島の爆心地近くで被爆したご夫婦が90歳まで長生きしている事実があります。その秘訣は食生活にあったようです。広島は味噌の産地で、ご夫婦は物資不足の戦後でもわかめ入りの味噌汁を欠かさず食べたことが、体内被曝対策に効果があったのではないかと考えられるのです。

いわきの農業の基本は土作りです。
農業は「はじめに土ありき」です。そして、「土作りは風土作り」です。いわきでも微生物を活用した堆肥作りを手掛けてはどうでしょうか。須賀川市では「三風」が本格的堆肥作りを始め、外国からの見学者も来ています。醗酵学を応用すれば80日で堆肥を作ることが出来ます。いわきも「発酵の町づくり」を考えるべきではないでしょうか。
また、いわきは花卉栽培に適した地域です。世界で始めて「花を食べる町」に挑戦してはどうでしょうか。菜の花は勿論、カリフラワー、ブロッコリーなども花を食べているわけです。バラは南米では食材となっていますし、ダリアは毒だと思っている方もいますが本当は素晴らしい食べ物です。そのほかにも、ふきのとう、スイレン、ハス、かぼちゃ、ラベンダー、エーライシャンなど食べられる花は沢山あります。また、それらの花を食用としている食文化もあるわけです。「いわきに行って花を食べてみよう」というような視点でいわきを売り出すのもよいのではないでしょうか。

小泉さんの公演は、ほかにもいわきの水産業について専門の醗酵学の立場から、醗酵を取り入れた水産加工の方法など示唆に富んだ内容でした。小泉さんのウイットに富んだ語り口と興味をそそる内容は、理解しやすく飽きさせませんでした。会場のいわき文化センターのホールもほぼ満席、笑いあり拍手ありの実りあるひと時でした。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

衆議院議員吉野正芳氏 北部清掃センターを視察

先日とある新年会に出席した折、衆議院議員の吉野正芳さんと同席しました。吉野さんに北部清掃センターの焼却灰の問題について、「早急に搬出しなければ困る。対策を講じて欲しい」と訴えました。すると、吉野さんは現場を見てみたいと言うので、翌日片寄地区の区長と一緒に北部清掃センターの焼却灰集積所に同行しました。

(場内を視察する吉野正芳氏、右 矢吹県議)
吉野正芳氏

北部清掃センターでの震災ガレキの焼却問題については、昨年のブログにも掲載しましたように、依然として解決せず地域にとっては深刻な問題です。神谷地区の区長協議会は、市からの震災ガレキを北部清掃センターで焼却する旨の通知に対して、清掃センター内に保管されている焼却灰を搬出しない限りは地域としては承諾できないと回答しています。

(テニスコート内に積まれた焼却灰)
テニスコートに積まれた焼却灰

清掃センター内は下記の写真のような状況です。地域の子供たちがソフトボールなどに利用していたグランドには寄り付く人はいません。テニス愛好家で賑わっていたコートにはフェンスが掛けられシートで包んだ焼却灰が積まれています。この場所が満杯になれば次はグランドに積むしか方法は無いのです。

(テニス場に回らされた不気味なフェンス)
テニス場のフェンス

テニスコートのフェンスの南側にはバードゴルフ場あります。訪問したのは日曜日でしたので、地域の方10人位がプレーを楽しんでいました。話を聞いてみると、「他に適当な場所もないし、あまり気持ちは良くないが毎週プレーしています。年だしね・・・」と言うことでした。確かにバードゴルフ場の北側に立てられた銀色の高いフェンスは威圧的で異様な感じがします。ちなみにバードゴルフ場内の放射線量を測ってみると、0,15~0,50位の測定値です。まったく安全という数値とは言えないでしよう。

(テニスコートの南側にあるバードゴルフ場)
バードゴルフ場3

吉野さんには、昨年焼却反対の署名を市の環境部長に提出したときの「いわきの環境を守る会」の機関紙を手渡し、国として対策を講じるよう要請しました。吉野さんの話では、最終処分場はもう一押しで関係地域の承諾が得られそうなので、もう少し待って欲しいと言うことでした。
とにかく、国策として推進してきた原子力政策なのですから、事故がおきたら地方で対策を的な姿勢を許すわけにはいかないのです。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「いわき万本桜」 デンマークからのボランティア

「いわき万本桜プロジェクト」を支えるボランティアの輪が次第に拡大し国際的になってきました。今回は、デンマークから素敵な女性・カミラさんの参加がありました。彼女はプロジェクトの主催者志賀忠重さんがコペンハーゲンで蔡國強さんの個展(以前のブログで紹介)をサポートした折、日本語の通訳として手伝ってくれた方です。

蔡さんが支援している「いわき万本桜プロジェクト」をコペンハーゲンの美術館のスタッフにもPRしていていただいたようです。その結果、デンマークの方々の賛同者も出てきて、万本桜の植栽地の中に「デンマークの杜」が出来ることになりました。この話は昨年の11月13日のブログに掲載しました。

(デンマークの杜で記念撮影)
カミラさん

今回カミラさんは「デンマークの杜」に植えられた桜の苗木の確認を兼ねボランティアに参加したということです。カミラさんは明るく屈託のない女性で、いろいろな経験の持ち主です。大使館員としてロシアに駐在したこともあり、またデンマーク軍隊に所属しアフガニスタンに駐留した経験があるというのですから驚きです。

(作業の合間のティータイム)
作業の合間のティータイム

私が「館山」の東斜面の一角に設けられた「デンマークの杜」に案内すると、軍隊で支給されたという編上げのブーツに身を固めた彼女は、急な斜面も身軽な身のこなしです。さすがデンマーク軍隊仕込みです。斜面を行き来して両親や知人の桜を確認することが出来ました。万本桜事務局では、現在は18人のデンマーク人からの植樹の依頼があるということです。将来、日本とデンマークの友好のシンボルになれば大変良いと思います。

(カミラさんのお気に入りスポット)
カミラさんのお気に入りスポット

カミラさんは「館山」から眺める田園風景を大変気に入った様子でした。ちなみに、現在彼女は東海大学で環境についての研究を行っています。4月からは立教大学の大学院に入学するということですので、しばらくは日本に滞在することになるようです。日本語も上手で親日家ですので「万本桜親善大使」としてスポークスマン的存在になってほしいと思っています。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!