国民の政治離れか? 政治の国民離れか?

衆議院議員選挙は自由民主党の圧勝に終わり、政権再交代となりました。自民党の勝利を伝えるニュース番組では「どこかさめて大勝利」と報じました。私もそう思います。小選挙区での自民党への投票率は43.0%で当選者は237名(79.0%)でした。一方、民主党への投票率は22.8%で当選者は27名(9.0%)でした。さらに、安倍内閣の支持率(毎日新聞12月28日)によると52%と報道されました。衆議院で73%の議席を持つ与党内閣の最初の支持率にしては低すぎると思います。このような結果を見てみると小選挙区がはたして民意を反映するものなのかは疑問が残るところです。

それにしても気になるのは投票率です。小選挙区の投票率で見ると福島県全体では58.86%(全国59.32%)、いわき市は54.81%と、国・県・いわき市ともに前回(平成21年)を下回り過去最低の結果となっています。

いわき市で東日本大震災後に行われた選挙の投票率は、昨年11月の県議選が44.64%、今年9月の市議選が50.05%といずれも前回選挙より10ポイント近く下がっており、投票率の低迷が続く結果となっています。

(立候補者の品定め 福島5区)
衆議院議員選挙

今回の衆議院議員選挙では、安倍自民党総裁が福島市、野田民主代表がいわき市、福島社民党首が会津若松市、嘉田未来代表が飯舘村と福島県で第一声を発しました。これは福島の復興を第一に掲げることが選挙戦略として重要だと考えたからでしょう。嘉田未来代表に至っては、飯舘村で集まった村民の数より報道関係者の数の方が多かったというのですから、いかにマスコミを意識した行動であったかは火を見るより明らかです。

(4党首第一声は福島 福島民報)
4党首福島7

(いわき市小太郎公園で演説する みんなの党渡辺喜美代表 12月5日)
みんなの党

そのような党首の努力虚しく、福島県民の投票行動を煽ることにはならなかったのです。原因はどこにあるのでしょうか。国民の政治(政党)離れを指摘する声もありますが、政党の国民離れもあるのではないでしょうか。

私はいわき市内の私立大学で教職課程の講座を担当しています。経済情報学部3年・4年生で中学校社会・高等学校公民の教員免許状を取得しようとしている学生で、受講生は9名です。この学生たちに選挙をしたかどうか尋ねてみると、なんと「した」と応えた学生は1名でした。しなかった理由を問うと、「関心が無い」と「候補者の言っている政策の違いが分からない」と言うことでした。そこで私は、将来社会科や公民科を教えようとする者の姿勢として「それでよいのか」と言う話をしたのですが、どうもピンとこないような様子です。

私が学生だったのは昭和40年代の前半です。当時、東大紛争に象徴されるように学生運度が盛んな時代でした。それだけに、安保問題やベトナム戦争などに自分の考えを持ち、依って立つイデオロギーを捜し求めたものです。ですから、選挙をしなかったと言う記憶はありません。

今の学生達に政治運動を奨励するわけではありませんが、参政権を行使する教育は必要だと思います。国政選挙の前には各大学で政党の掲げるマニフェストについて公平な立場から説明する機会を持ち、参政権の行使がいかに大切かを教えてはどうでしょうか。そうでもしないと若者の政治離れが進み、投票率が50%を切るようなことも危惧されます。

ふるさとマルシェはこちらから。
http://www.furusatomarche.com/

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「いわき万本桜」今年最後の植樹会

いわき万本桜プロジェクトの今年最後の植樹会が12月16日(日)に行われました。植樹の場所は中神谷西地区が所有する山林で、昭和の初期まで「避病院」と呼ばれて結核感染者を隔離した施設があった場所です。現在は跡形もありませんが、当時使われていた古井戸と樹齢100年位の楓の木が残っています。快晴の植樹日よりでした。山頂からは太平洋を望み、「サンシャインいわき」ならではのスポットです。

今回の植樹には70人くらいが参加、約50本の桜の苗木を植え付けました。参加者は地元より県外の方が増えてきています。埼玉から参加したという女性に何でこのプロジェクトを知ったかを聞いてみると、知人からの口コミと言っていました。プロジェクトも2年目となり植樹を体験した方から、この企画の素晴らしさが知人から知人へと拡大しているようです。

(スタッフによる植樹方法の説明)
スタッフによる植樹方法の説明

また、ボランティアでこの企画を支えているスタッフも次第に組織化してきました。おそろいのジャンパーに身を固め、てきぱきと植樹の指導をしている女性スタッフの姿などは頼もしい限りです。特に今回はボランティアの方によって植樹の為の穴掘りを前日までに済ませてありましたので、参加者は抽選で指定されて場所に肥料を入れ植え付けるだけでした。準備が大変だったと思います。

(植樹の様子)
植樹の様子

(植樹後の記念撮影)
植樹後の記念撮影1

植樹の後は、この地域で生産された「神谷(かべや)米」の炊き立てご飯のカレーライスに舌鼓を打ちました。これもボランティアの皆さんの協力です。この昼食の集いが情報交換の場となっています。新しい企画、参加者の拡大につながっているようです。

(「神谷米(かべやまい)」のカレーライスに舌鼓)
植樹後の食事

いわき市内の常磐から今回初めて参加した70代の男性は、書面で「先日16日は、楽しみいっぱいのプロジェクトに参加させて頂ありがとうございました。皆さんの生き生きした姿に満足し、乗り乗り気分で1本追加させて戴いたほどに、このプロジェクトにのめり込みました。次回の植木ボランティアにも、是非参加させてください。」とのメッセージを送ってきました。

自分が生きた証として自分の桜を残そうとする人。子供が生まれた記念樹として植える方。平和の世の到来を願い植える人。植樹の動機はそれぞれ異なっても、半世紀・1世紀後の人たちが万本桜を見て豊かな気持ちになり、貴重な遺産を託してくれた先人に思いを馳せるのは間違いないでしょう。このプロジェクトの輪の拡大を願っています。

ふるさとマルシェはこちらから。
http://www.furusatomarche.com/



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

受験生の皆さん、「福島県立川口高校」を知っていますか

12月半ばを過ぎ、年が明けると受験生には大変な高校入試のシーズンが待っています。福島県は県土が広いので県立高校の置かれている環境も地区によって大分異なります。私の前歴は高校の教員でしたので広い県内を転勤した経験があります。生まれはいわき市ですが、浜通りの相馬、中通りの白河、会津地方の金山町と県教委の遠慮無しのミサイル人事のおかげで渡り歩きました。

その中で2年間勤務した、大沼郡金山町にある川口高校が存亡の危機にありますので、ご支援をお願いします。と言われても、え、どんな支援をと思われるでしょう。それは「受験生」を送ってほしいということです。県教委は高校が独立校として存続させる条件として、入学時に定員割れし2クラスに届かない状態が3年間続くと分校化か校舎化するという制度があるのです。

(川口高校の校舎)
川口高校夏の風景

川口高校の1学年の定員は2クラス70名ですので、36名以上の入学者を確保する必要があるのです。それを割った状態が2年間続きましたので、規定では今年も36名に届かないと近隣の高校の分校となってしまう危惧があるわけです。

(川口高校4階ホールからの眺望 下の流れは只見川)
4階ホールからの眺望

それでは困ります。川口高校が困るばかりではなく金山町が困ってしまうのです。金山の人たちは、町の構成要素の中に県立高校が存在することが不可欠だと考えています。そのため川口高校には物心両面からいろいろな支援をしています。私が勤務していた頃、生徒募集に会津地区の中学校を訪問するといったら、町長の公用車を運転手付で貸してくれました。町の教育長と一緒に姉妹都市になっている埼玉県の吹上市まで生徒募集に行ったこともありました。そんなことが功を奏してか、埼玉・いわき・白河などからの入学者もあったのです。

川口高校は規則上も学区外から生徒を入学させることが出来ることになっています。更に大きな利点は、立派な3階建全館暖房の寮があり70人収容できることです。勿論寮生は3食付です。ですから、日本全国どこからでも入学可能な公立高校なのです。ちなみに、寮には舎監として教員が輪番で泊まるようになっており、寮に隣接して教員宿舎ありますので、生徒指導上の問題もありません。また、親元を離れて生活することは子供の自立や協調性の涵養にもつながります。

(全館暖房の寮)
川口高校の寮

気になる卒業後の進路についても徹底した指導が行われています。小規校だから出来る、きめ細かな個人指導、習熟度別学習を実施しているのです。そのため新潟大学・福島大学・山形大学などの国公立大学への進学から就職まで幅広い進路希望を実現しています。

少人数だからこそ、生徒間でも職員間でも気心が知れ、穏やかで思いやりがある、良い人間関係が形成されます。悩みの相談にもきめ細かな指導と援助ができます。面倒見のよい教員集団のもと、勉強と部活動に一生懸命自分自身を磨き上げることのできる隠れた優良校なのです。

(生徒募集のポスター 椎名誠さんも支援しています)
川口高校生徒募集ポスター

人間誰しも環境を変えてみたい、今までの人間関係を一新してみたいと考えることもあるでしょう。そのような方には最適な選択だと思います。また、青春の1ページを奥会津の豊かな自然の中で勉学に励んでみるのも、未知のDNAにスイッチONすることにつながるのではないでしょうか。

(ウインタースポーツでも活躍)
川口高校冬の風景

(川口高校の魅力)
川口高校の魅力


ふるさとマルシェはこちらから。
http://www.furusatomarche.com/


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

日本の原子力の現状が良くわかる本を紹介します

田坂広志さんが書いた「田坂教授、教えてください。これから原発はどうなるのですか?」を読みました。田坂さんは原子力の専門家として広い分野に活躍されている方ですが、東日本大震災の発生に伴い、内閣官房参与に就任しました。総理大臣の特別顧問として、原発事故への対策、原子力行政の改革、原子力政策の転換に助言をしています。

このような立場から書いたこの本は大変示唆にとんだもので、特に福島県民にとっては必読書であるような気がします。この本を読み心に残った点について触れてみます。

(日本の原発の現状が良くわかる本)
田坂先生の本

田坂さんは「安全」と「安心」よりも大切なものは「信頼」だと指摘しています。たとえば福島原発4号機の現状について、本当に燃料プールの崩壊の可能性は無いのでしょうか。田坂さんは4号プール補強工事の最悪シナリオ対策のプロジェクトに参画した立場から「この補強工事が盤石か」と聞かれれば「イエス」とは答えられないと言っています。

12月7日にも岩手県沖を震源とする比較的大きな地震がありましたが、東北地方で地震が起こると、地元の私たちは「4号機にプールは大丈夫か」と、反射的に頭に浮かびます。まさに「想定外」の地震と津波が起こった後ですので、今後、どのような地震や津波が起こってもおかしくないと恐れているからです。

田坂さんは、政府がこうした現状を理解しているならば、安易に「事故収束宣言」などをせず「根拠の無い楽観的空気」を自戒し、福島原発の現状に対しては、極めて慎重な姿勢をとるべきだと指摘しています。安易に「冷温停止状態」や「事故収束」を宣言する政府の楽観的姿勢を見て、逆に多くのメディアや国民が政府への不信を強め「本当に4号機のプールの補強工事は大丈夫か」との声が広がることになるわけです。

更に田坂さんは、東京電力と原子力安全・保安院が国民とメディアから「信頼」されていない現状こそが我が国の原子力行政の問題を象徴していると言っています。原子力においては、しばしば「安全」と「安心」と言うことの大切さが語られますが、それ以上に大切なものは「信頼」だと力説しています。電力会社や規制組織が、どれほど「安心です」「安心してください」とメッセージを語っても、それを語る電力会社や規制組織が国民から「信頼」されていなければ、そのメッセージそのものが意味を失うと指摘しています。

この視点を福島県に当てはめてみれば同じことが言えると思います。福島県では、県民健康管理調査の実施に当たって専門家が意見を交わす公開の委員会を開催されました。それに先立って、委員たちが事前に見解を擦り合わせるための「秘密開」を開催していたというのですから呆れてしまいます。(10月10日のブログに掲載)更に、この調査の経費は国と東電が出資して賄っているというのです。これでは、座長の山下俊一さん(県立医大副学長)が語るメッセージは「信頼」されないのは当然で、そのメッセージそのものが意味を失っていることに県当局は気がつかないのでしょうか。
この本の中で田坂さんは、他にも示唆にとんだ意見を述べていますので、機会をとらえて紹介したいと思います。


ふるさとマルシェはこちらから。
http://www.furusatomarche.com/


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

前河原公園の除染作業

前河原公園内に自動放射線量測定器が設置されています。最近の線量の数値は0.2代を示しています。数値としてはそれほど高いものではないと思いますが、この地域(中神谷)内では相対的には高い数値です。

この公園は約30年前に前河原地区の宅地造成に付随して作られたもので、その時に植栽した楠や欅などの樹木が鬱蒼と生い茂っています。子供たちの遊び場、お年寄りのゲートボールなど地域の人たちの集うには大変良い場所で利用頻度の高いところです。

そこで気になるのが放射線量です。私たちの中神谷西区としても市の公園緑地課に掛け合い除染や立ち木の枝打ちを要請しました。しかし、市当局は予算の執行には優先順位があり無理だというのです。

(枝の伐採作業)
1除染作業

区の役員会で図った結果、それでは自力で行うこととなり11月24日に除染作業の決行となったのです。市に計画書を出せば鋸、長靴、手袋程度の現物は支給するということなので、それらで身を固め公園に集合しました。個人所有のチェーンソーなども持ち寄り作業に取り掛かりました。

始めは、高所は無理せず下枝だけと言うことにしたのですが、作業が始まると勢いづき高所の枝まで伐採してしまいました。参加者20名、平均年齢62~3だと思いますが中々のパワーです。伐採した枝は軽トラックで市の焼却場に運び、半日の作業で公園は散髪後のようにさっぱりとしました。楠木は切ると芳香を漂わせます。少し躊躇はあったのですが手ごろな枝は我が家のまきストーブの燃料にすることにしました。

(薪ストーブの燃料)
2除染作業

ところで、気になるのは放射線量の変化です。残念ながら、努力の甲斐なく設置されている自動放射線量測定器の示す数値にはほとんど変化なく、無表情に「0.218」を表示しているのです。やはり、本格的に除染するには表土を剥離し客土しなければ効果はないようです。

(「0.218」を表示する自動線量測定器)
除染作業3

現在、復興予算の目的外使用が問題となっていますが、このような所にこそ適用されるべきではないかと語り合った次第です。

ふるさとマルシェはこちらから。
http://www.furusatomarche.com/






日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!