トルコ紀行9 (イスタンブール・ トルコ最終日)

5月27日、トルコでの滞在も最終日、イスタンブールの半日観光を残すだけとなってしまいました。2日間滞在したヒルトンホテルを後に旧市街地の北西、エディルネ門の近くにあるカーリエ博物館に向かいました。

この建物も数奇な軌跡を持っているようです。東ローマ帝国時代であった11世紀に正教会修道院の付属教会として建てられたものです。その後、オスマン帝国時代にはモスクに改装され、トルコ共和国になるとその美術的価値が認められ、無宗教の博物館になったということです。

(バラ園に囲まれたカーリエ博物館)
カーリエ博物館

外観は同じ正教会のアヤソフィアと比べると小規模ですが、中に入るとモザイクとフレスコ画に圧倒されます。キリストの受胎から誕生、布教から受難、そして復活とストリーを持った絵画は正にビザンティン美術の最高傑作です。民族と宗教が交錯した戦乱の歴史の中で、ほぼ完璧にこれだけのものが残っているのも驚きです。それにしても、建物を取り囲む庭園が見事なバラで彩られているのが印象的でした。

(キリストのモザイク絵)
キリストのモザイク絵

トルコ紀行の仕上げは夢にも見た世界唯一、東洋と西洋にまたがる海峡「ボスポラス海峡クルーズ」です。ガラタ橋近くの桟橋から観光船に乗り込み黒海方向に向かって進みます。こころなしか、左のほほには西洋、右のほほには東洋の風を感じるような気がします。

この地を舞台に繰り広げた最も大きな民族と民族の攻防は、なんといってもオスマン帝国と東ローマ帝国の戦いでしょう。ローマ帝国の滅亡は1452年の5月29日とされていますので、ちょうど今頃の季節です。初夏の太陽が輝くボスポラス海峡はオスマントルコの艦船で満ちていたのでしょう。メフメト2世は金角湾の北側の陸地に油を塗った木の道を造り、それを使ってボスポラス海峡側から陸地を越えて70隻もの船を金閣湾に移す「オスマン艦隊の山越え」と呼ばれる奇策を成功させたのです。現地添乗員に海峡側の陸揚げ場所を聞いてみると、ちょうど日本総領事館の周辺あたりだろうということでした。

(アジアサイドに立ち並ぶ高級住宅)
アジアサイド

風光明媚な交通の要所ですのでここを支配しようと考える民族は多かったのでしょう。両岸に築かれた歴史的建造物と風景は、人類の歴史を心に刻む格好の舞台です。ボスポラス海峡は全長31キロメートル、クルーズはその半分程度でUターンでしたが出来れば黒海まで足を伸ばしたい気分でした。

(海峡から見たブルーモスク)
海峡から見たブルーモスク

昼食後、イスタンブール空港に移動し16:55発のトルコ航空で帰国の途に着きました。所要時間は約11時間、成田到着は5月28日10:10でほぼ予定通りでした。10日間の現実からの逃避でした。どこ地も訪れる前のイメージと訪れた後の印象は異なるのが常ですが、トルコもまた大きな違いがありました。そのことについては「トルコ紀行 終わりに」に書きたいと思います。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「神谷米(かべやまい)」がデビューしました

「ふるさとマルシェ」では9月8日・9日の両日、郡山ビッグパレットで行われた「ごちそうふくしま満喫フェア」に出店しました。この企画は福島県の豊かな農林水産物や特色ある6次化産品などの「食の力」を発信することを目的に、ふくしま・地域産業6次化推進協議会が主催したものです。出店数は232企業、両日の来場者数は約5万人と大変な賑わいを見せました。

(「ふるさとマルシェ」の販売コーナー)
ふるさとマルシェ

「ふるさとマルシェ」では、通常の商品に加えて今回初めて「神谷米(かべやまい)」の販売を行いました。この米は、いわき市の北東部・いわき市平神谷地区で生産されたもので、下記の「神谷米の由来」にも記載の通り大変美味しい伝統米です。以前から、この地域の生産者から「ふるさとマルシェ」に神谷米のブランド化が出来ないものかと相談がありましたので、今回のデビューとなったわけです。

(神谷米販売開始)
神谷米

販売した「神谷米」は、この地域の中心的米作農家の志賀重之さんが生産したもので、特別栽培米・エコ米に認定されています。勿論、放射能検査においてもNDとなっているものです。この米は現在も市内の割烹や弁当店などにも使用されているもので食味は保証済みと言っても過言ではありません。当日も会場で炊いたものを試食してもらいましたが「いわきにも美味しい米があるのですね」と大変好評でした。

「ふるさとマルシェ」では「住宅エコポイント」取扱商品の中に加えるなど、本格的な販売を行っていく予定です。伝統米であることを理解していただくために「神谷米の由来」を掲載しましたのでご一読ください。

(神谷米の由来)
いわき市の東部に流れる夏井川。この川の河岸段丘には弥生時代から農耕が行われてきました。神谷地区が穀倉地帯となるのは、江戸時代の初期寛永年間に岩城平藩郡奉行「沢村勘兵衛」によって行われた大規模灌漑工事によるものです。それが現在も灌漑用水として使われている小川江筋で、まさにこの地区の先人が残した遺産と言えるでしょう。

神谷地区は夏井川の氾濫原で、上流の阿武隈山地から運ばれた肥沃な土砂が堆積し米作に適した土壌となっています。また、夏井川の水は阿武隈山地の石灰質の地層を通ってきますので水稲耕作に適したものになっています。そのために江戸時代から神谷の米は美味しい米として評判でした。

米作りの基本は「土」と「水」です。私たちはこの貴重な遺産を活用して化学肥料には頼らない「土づくり」に挑戦しています。江戸時代から定評のあった伝統米にふさわしい「神谷米」を多くの人に味わって欲しいと考えています。
「ふるさとマルシェ」は「神谷米」生産者の夢とロマンを実現するため応援しています。

(小川江筋の取水口)
小川江筋

下小川・関場地点で夏井川を堰き止めて(小川江堰)水を取り入れ、小川~平窪~神谷~泉崎などを通り、四倉北部までの約30Kmの水路、夏井川左岸954Haの農地を灌漑しています。

ふるさとマルシェはこちらから。
http://www.furusatomarche.com/


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

盛り上がらなかった、いわき市議会議員選挙

9月9日任期満了に伴ういわき市議会議員選挙の投票が行われました。これにより現職28名、元職1名、新人8名が当選し、新議員37名が決まりました。それにしても、震災復興で市議会議員の活躍が期待されるこの時期に、投票率が50.05%で過去最低で前回(20年)を8.15ポイント下回ってしまったということは、なにが原因なのか考えてみる必要があります。

私は選挙当日最寄りの投票場で選挙を済ませ、公民館前の選挙ポスター掲示板の前を通りました。すると選挙ポスターを真剣なまなざしで見入っている若い子供連れの夫婦が目に入りました。候補者の品定めをしているようです。思わず私は「まだ決まっていないのですか」と声をかけました。すると「まだなんです」との返答です。それでは「○○さんにしてはどうですか」と私、すると「その人なら知っています」と言いながら別の候補者の顔と見比べています。

(立候補者を品定めする子供連れの夫婦、 ぼくはこの人が良いと思うよ)
市議会議員選挙

この二人は投票直前まで誰に投票するかを決めてはいなかったようです。選挙ポスターに書かれている情報はわずかです。あとは顔の好み程度でしょう。しかし、「この精悍な顔立ちが市会議員にふさわしい」これが正解かもしれません。投票率は50.05%なのですから、どのような基準で投票しようと参政権を行使した姿勢は立派です。

私は生まれも「いわき」ですので立候補者の多くを知っています。何人かの事務所開きにも顔を出しました。この方々の所信表明演説を聞いて残念に思うことは、自分は狭義の意味での地元に何をしたか、何をしようとしているかを強調しすぎるのです。たとえば、あの公園のトイレを水洗にしたのは私だ。あの道路を舗装したのは私だ的に、地元にいかに環境整備をしてやったかを強調するのです。これでは区長の仕事と何が違うのでしょうか。

立候補者が広い視野に立った市政をどうするのかを全く話していないと言うのではありませんが、地元のみに固執した票集めの話をすると他地区の人は興ざめしてしまいます。欲を言えば政治家としての理念・哲学をもっと語って欲しいのです。2000票前半程度しか票を得ることができなかった当選者の皆さんは少し反省してみる必要はないでしょうか。

3.11震災以後、福島県の浜通りの組長さんがマスコミに顔を出す機会が多くなりました。その中には、残念ながら理念や哲学や論理的な思考が感じられない組長さんがいることも確かです。政治家を目指す方は特に寄って立つ「政治家としての理念・哲学」をきちっと持ち、揺るがぬ座標を保持することが肝要です。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

住宅エコポイントで「会津漆器」を取り扱います

ふるさとマルシェでは会津漆器を住宅エコポイント取扱商品に加えることにいたしました。復興支援・住宅エコポイントとは、地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、住宅市場の活性化、東日本大震災の被災地域復興のために行われているものです。エコ住宅の新築またはエコリフォームした場合にポイントが発行され、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度です。

この度取り扱うことにした会津漆器は、会津若松市の神明通りに店を構える鈴善漆器店の商品です。鈴善漆器展は1832年(天保3年)の創業で、以来会津塗りの伝統技法、伝統技術を継承し現在に至っています。

(食器など日用品コーナー)
鈴善漆器店 店内 1

(朱で仕上げた和ダンス)
鈴善漆器店 店内 2

会津における漆器の始まりは4世紀後半の古墳時代まで遡ると言われています。会津若松市の一箕町にある大塚山古墳からは漆で塗られた武具や装飾品などが発掘されています。また、会津には漆が塗られた平安時代の仏具、仏像が今も残っており、この頃には漆器工芸がある程度進歩していたと考えられます。

会津漆器が本格的に作られるようになったのは、1590年(天正18年)に蒲生氏郷が会津の領主になってからです。氏郷は、前の領地近江の国(今の滋賀県)日野から吉川泉守を頭に木地師を会津に伴わせ、漆器を盛んに作らせました。

江戸時代には、会津初代藩主保科正之が漆の木を保護するなどして、ますます漆器産業を盛んにしていきます。その後、5代藩主松平容頌の家老田中玄頌宰が、京都から蒔絵師木村藤蔵を招き、新しい蒔絵の技術を取り入れたり、会津漆器を長崎から中国やオランダへ輸出するなどして、会津漆器産業を大変盛んにしました。

しかし、戊辰戦争により会津漆器は一時滅びかけますが、明治政府の援助により再び始められます。その後、さらに技術を改良し、現在では食器、文具、茶器、仏具、など多くの種類の製品が作られるようになり、会津漆器は全国でも有数の漆器産地となっています。

鈴善漆器店は会津の歴史とともに歩んだ老舗です。神明通りに面した店舗はそれほど広い間口ではありませんが、奥には明治から昭和初期にかけての土蔵などが軒を並べています。平成13年には史的景観指定建造物に指定されたということですので城下町ならではの佇まいと言ったところです。

(史的景観指定建造物に指定された敷地内の土蔵)
鈴善漆器店 土蔵

                        
それらの建物を巧みに活用し、食器などの日用品、インテリア関係、塗ダンスなどが陳列されています。朱で仕上げた和ダンスなどはまさしく会津塗ならではの逸品です。
(鈴善漆器店「会津塗の由来」参照)

ふるさとマルシェの住宅エコポイントはこちらから。
 ふるさとマルシェ復興支援住宅エコポイント商品
日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

誰もいない真夏の海

7月の上旬、フランス国立東洋言語文化大学教授のトワイエ千賀子さんが来日しました。トワイエさんは東京世田谷の出身ですが、フランス人と結婚し現在はフランス在住です。共立女子大学などとフランスの大学との交換留学の推進にも尽力しています。

彼女は今回の帰国に際し原発のある双葉郡に隣接するいわき市を訪問してみたいということから、縁あって私がいわきの被災地域を案内することになりました。震災から1年半が経過した久ノ浜から小名浜の海岸線、いわきニュータウンの仮設住宅の様子などを見ていただきました。

私も久しぶりにいわきの海を見て、誰もいない真夏の海にある種の戦慄を覚えるのです。いわき市の海岸線はいわき七浜と呼ばれ、勿来・小名浜・永崎・豊間・薄磯・四倉・久ノ浜の全長60キロメートルに及ぶ風光明媚な所です。

東京から比較的近いこともあって、夏には海水浴客やサファーなどで賑わいを見せていました。ところが、昨年・今年のいわき七浜は無人島の浜辺のようです。今年は勿来海水浴場だけはオープンしましたので多少の人出はあったようですが、他の海水浴場はまさに「誰もいない真夏の海」なのです。

トワイエさんを案内し久ノ浜の海岸に立つと、最近行われたと思われる慰霊の祭壇が残されていました。祭壇に手を合わせ振り返えると、久ノ浜は津波の後に火災が発生しましたので、夏草の中に住宅の基礎だけが虚しく残っています。そのような中に、小さな社と古い土蔵だけが傷つきながらも毅然と立っているのが印象的です。

(津波にも耐えた社)
久ノ浜海岸

その後、県立公園にもなっている新舞子海岸沿いに走りました。この地点は海岸から陸側に県道、江戸時代に植林されたという松林(防災保安林)さらに川(横川)が並行して走る地形が数キロ続きます。この地形が津波を和らげる働きをしたことをトワイエさんに告げると、大変興味を持ち車を止め写真を数枚撮りました。

薄磯の海岸に着くと、この地区がいわき市内でも津波の被害が最も大きかっただけに、惨憺たる状況を見て彼女も驚きの声をあげました。薄磯海岸は遠浅で海水浴には最適な場所です。しかし震災前まで、この季節は海水浴客で大変な賑わいを見せていた海岸には人影がないのです。集落も無くなり観光客も訪れないこの地域は将来どうなっていくのか不安がよぎります。

(誰もいない薄磯海水浴場)
薄磯海水浴場

(震災前は賑わいを見せていた四倉海水浴場)
四倉海岸

薄磯から豊間、小名浜を経由しいわきニュータウンの中に建設されている仮設住宅を訪れました。この地域の仮設住宅は木造です。しかし、瀟洒な住宅や結婚式場・高校・大学などが点在する中では異質な存在であることには違いがありません。

時間に制限がありましたので、いわきの案内はここで終わりました。トワイエさんとの話の中で印象的だったのは、「この地域の人々はもっと怒るべきだ」と彼女が政府や東電の姿勢に憤慨していることでした。フランスは電力の80%を原子力でまかなう原発大国ですが、建設や安全性については住民に情報を100%提供し納得の下に推進しているのです。原発建設地域の市町村にのみ甘い汁を吸わせ、情報提供も不十分な状態で進める日本の原子力政策とは根本的に違うのです。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!