トルコ紀行3 (パムッカレ~アンタルヤ)

ヒエラポリスの遺跡と石灰棚からなり世界遺産に登録されています。ヒエラポリス(聖なる町の意)は、紀元前190年頃にローマ帝国の温泉保養地として栄えた古代都市で、最盛期には人口10万人を数えたと言われています。

ヒエラポリスの入り口に立つと広大な遺跡群が望まれます。印象的なのは優雅な都市生活を思わせる遺構です。永遠と伸びる水路跡や水道橋、そして劇場などが立ち並び、住居跡からも整然と区画整理された都市景観がしのばれます。住宅には温泉が引き込まれていたのではないでしょうか。現在、発掘と復元の作業がおこなわれていますが、完成するまでには建設に要した以上に気の遠くなるような時間と経費がかかるでしょう。

(復元中の円形劇場)
2012 6 21

石灰棚は、これが自然のなせる業かと驚嘆するばかりです。丘陵地帯の石灰棚が弱酸性の雨によって溶け地熱により温泉になり、沈殿した石灰が固まった結果、芸術的な景観が生まれたと考えられています。「純白の棚田」を思わせる景観はまさに圧巻です。ここに保養地として巨大都市を建設したローマ帝国の財力と技術力もまた想像を絶するものです。

(純白の石灰棚)
2012 6 22

パムッカレを後にしてアンタルヤまでは約270Kmのドライブ、途中瀟洒なレストランで昼食、ギュベチと言う煮込み料理とトルコ風春巻きは日本人好みです。アンタルヤは地中海に面し気候にも恵まれているためトルコ屈指のリゾート地です。歴史的には、アレキサンダー大王による征服受け、その後ローマ帝国・ビザンチン帝国・セルジュークトルコ・オスマントルコの支配下と複雑です。

現存する遺跡はそれぞれの時代のものが複合して残っているのですから、歴史ファンにはたまりません。その中でも、イブリミナーレ(赤茶色のタイルで出来た尖塔)とハドリアヌス門(ローマのハドリアヌス帝がこの町を統治した記念に立てられた門)が目を引きます。これらの遺跡を見下ろす丘に立つと、南に地中海、西に海抜2000メートルを越すトロス山脈が見渡せます。財と権力を手にした皇帝であれば、この地を我が物にと思うのは当然でしょう。

(アンタルヤの旧市街地)
2012 6 22-2


旧市街地の散策後、アンタルヤ郊外の地中海に面して建つクラウン・プラザホテルにチェックイン、部屋からの眺望に満足です。連泊ですので、しばし現実からの逃避を図り、トルコワインを飲みながらバーチャルリアリティーに浸ることにしました。

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

北部清掃センターの震災ガレキ焼却反対署名を提出

少し遅れた報告になりましたが、4月26日北部清掃センターのガレキ焼却反対の署名6666名分をいわき市に提出しました。当初、市長に直接提出しようと考えていましたが、市側は「署名などの処理は担当部署で行う方針」と言うことなので、不本意ながら鈴木秀幸環境部長に手渡しました。

(対応する環境部のスタッフ)
環境整備

そもそも北部清掃センターについては、地域は不本意ながら設置を受け入れたと言う経緯があります。それは昭和53年まで遡ります。当時、廃棄物焼却施設でのダイオキシン類や重金属などの有害物質による周辺環境の汚染が問題となっていました。

そこで、北部清掃センターの建設に当たっては、いわき市長と下片寄区長との間で危惧される環境汚染を防止するため覚書が交わされていたのです。その中に「不燃物及び産業廃棄物又は化学上有害なものは一切焼却しない」「焼却灰については埋め立てなどはせず、敷地外に速やかに搬出する」旨が記されているのです。

当時の下片寄区長は先見の明があったと思います。将来の地域環境の保全を見通し地域住民の安心と安全を担保する必要があると考えたから、このような文書を取り交わしたとのです。
それから34年を経てこの「覚書」が、このような形で重要な意味を持つことになるとは予想しなかったことでしょう。セシウムを含んだ震災ガレキはまさに化学上有害なものに当たりますし、高濃度のセシウムを含んだ焼却灰を4段重ねにして保管していることも、昭和53年に取り交わした約束に違反することは誰が見ても明らかです。

市民の中には、現在放置されているガレキはどう処分するのか、データー的に安全であれば市に2箇所ある清掃センターで焼却すべきではないのか、と考える方もいるでしょう。しかし、そのような処分方法でよいのでしょうか。バグフィルターを二重にすればCs137は99.9%除去できると言うことに対しても疑問が残ります。最近、静岡県島田市のガレキ焼却の検証結果に関して、バグフィルターの除去率は60%程度だと指摘する研究者もいます。とにかく、毒を薄めてみんなで飲もう的な処理には賛成できません。

北部清掃センターから半径2Km内には、幼稚園・小中学校・高校・大学などの教育施設が点在しています。園児・児童・生徒・学生たちが安心して野外での教育活動を行えるような環境を整備することが肝要です。
今回の原発事故は人災なのですから、なぜ東京電力に当事者責任を果たせと強く言えないのでしょうか。国策として進めてきた原子力政策なのですから、事故が起きたら処理は地方自治体に委ねるのでは筋が通らないでしょう。

いわき市は東京電力に対して、ガレキは東京電力の敷地内により安全な施設を新設して焼却し、焼却灰も東京電力の責任のもとに保管するよう要請すべきだと思うのです。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

トルコ紀行2(イスタンブール~パムッカレ)

5月19日、成田11時40分発、トルコ航空で一路イスタンブールへ、客室乗務員は勿論トルコ人、混血と思われる美人のフライトアテンダントに異国情緒を感じます。いよいよトルコ紀行の始まりです。所要時間は約12時間、時差は6時間ですので、現地時間の19日午後5時40分にイスタンブール空港に到着しました。空港からバスで約30分、郊外のカヤ・ラマダ・プラザホテルにチェックイン。夕食は機内食で済ませてきましたで、暮れなずむマルマラ海を眺めながら日本から持参したパックの日本酒一合を飲み9時には就寝となったのですが、日本時間では午前3時になりますので長い1日でした。

5月20日、今日はエフェソス遺跡の見学がメインです。国内線で約50分のフライトでエーゲ海に面したトルコ第3の都市イズミールに移動、空港からエフェソスのあるセルチュクまでは1時間のバスドライブです。

エフェソスは小アジア最大の古代都市遺跡群があることで有名です。ギリシャ時代には小アジア最大の都市国家として君臨していたといわれていますので、ギリシャの都市国家アテネやスパルタと競い合っていたに違いありません。遺跡には野外劇場、図書館、アゴラ、浴場のほか公衆トイレの跡まで見られ、優雅な都市生活の様子が窺われます。紀元前120年ごろに水洗トイレがあったのですから、現在トルコでウォシュレットの普及がフランス、ドイツより進んでいても不思議ではないような気がしました。

昼食はレストランでチョップシン(羊肉串焼き)とビール、午後はエーゲ海の見える小高い山に登り聖母マリアの家を見学しました。家の外には3つの聖なる泉があり、願い事がかなうというので、お金持ちになるという泉で特に念入りに手を洗った次第です。これらの遺跡が世界遺産には登録されていないと知り驚きです。

その後、「KIRCILAR」という皮の店に立ち寄り、一路パムッカレに向かいました。約3時間のドライブで車窓には地中海特有の灌木の畑が続きます。ガイドの話では、この地域はオリーブ、綿花、桃、ザクロ、イチジクの産地となっていると言うことです。

パムッカレのサーマル・コロッセアホテルには7時ごろに到着し、夕食はトルコビールのエフェスとワインでバイキング料理に舌鼓を打ち、トルコの食の豊かさに満足です。食後はホテルの温泉プールでひと泳ぎし熟睡しました。

(エフェソス遺跡)
トルコ遺跡1

(紀元前120年頃の水洗トイレ跡)
トルコ遺跡2








日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

トルコ紀行(はじめに)

アジアとヨーロッパの接点であるトルコは、歴史的にも興味のある地域です。特にオスマン帝国のスルタン、メフメト2世がビザンティン帝国の都コンスタンティノープルを陥落させた古戦場をこの目で見てみたいというのが以前からの夢でした。

今回の10日間の旅行では、以前から描いていたトルコのイメージを再確認したことと、新たに認識したことがいくつかあります。東西文化の接点として形成された人種・宗教・風俗などは想像していた範疇に入るものでした。

しかし、親日的とは聞いていましたが、トルコの人たちがこれほど日本に対する理解を深めようとしていることには驚きでした。イスタンブールで知り合い、名刺を交換した50才代の男性からは帰国と同時くらいにメールが届き、再度トルコを訪問した折には案内したいと言っているほどです。

現地の添乗員がトルコは観光立国をめざし人口の35%は観光関係で雇用を生んでいると言うだけあって、ホテルなどの宿泊施設やレストランの食事も充実しています。トイレのウォシュレットの普及はフランス・ドイツなどより進んでいて清潔感を感じました。

住宅の近代化は国の施策として進めているようです。首都アンカラやイスタンブールなどの郊外では、かつてのスラム街を改修し高層マンションが立ち並び整然とした住宅街が建設されていました。
次の「トルコ紀行」からは、行程にしたがい旅のつれづれを書きたいと思います。

(ボスポラス海峡越にアジアサイドを望む)
2012 6 1

(ヒルトンホテル9階からの眺望 右側はリッツカールトンホテル)
2012 6 1 2



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!