「万本桜プロジェクト」 1年目の桜が咲きました

昨年5月から始めた「万本桜プロジェクト」は、今年も2月より植樹を開始し、4月22日の植樹で4回目になります。3月には、埼玉県から88名の団体が観光バス2台に分乗して、被災地視察を兼ねた支援活動として植樹に参加していただきました。

そんな中、昨年5月(第1回目)に植樹した苗木が可憐な花をつけました。温暖ないわき市も今年は例年になく桜の開花も遅れましたが、1年生桜が元気に花をつけたことはうれしい限りです。私もハイキング方々確認に行きました。集落を見下ろす小高い里山に植えられた桜は、年々成長し大樹となって地域を見守ってくれることでしょう。万本桜は未来につなぐ夢とロマンのプロジェクトだと思います。

そこで、100年後私がこの里山にのぼり満開の桜の大木の下で詠んだ一句。
 「万桜 平和を願い 幾星霜」

このころは神谷地区の里山は桜の大木で覆われ、県内はおろか全国的に桜の名所として知れ渡っているだろうと思います。多分私も天国から花見を楽しんでいることでしょう。

間もなく迎える4月22日(日)の植樹会には、現在ニューヨークを拠点にボストン・パリ・ロンドンなどでストリートパフォーマンスを展開しているサックス奏者「三四朗」さんがミニライブを開催する予定です。1年生桜を見て、植樹をして、サックスの音色を楽しんでみてはいかがですか。参加費はかかりませんのでお気軽にお越しください。

(可憐な花を付けた1年生桜)
1年目の桜

1年目の桜2


スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

[


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

双葉郡内の「仮の町」をいわき市に

双葉郡の自治体がいわき市内に「仮の町」を設置するという話は大分前から聞いていましたが、どうも報道や噂が先行していたようです。4月10日の毎日新聞の記事によると、平野達男復興相と渡辺敬夫いわき市長との会談が行われ、いわき市に「仮の町」設置に向けての制度設計協議への参加が求められたと報じています。

具体的には、双葉郡の浪江・大熊・富岡3町などが、震災復興住宅を核に教育・商業施設などを集約する地域(仮の町)を建設し町民のコミュ二ティーの維持を図ることにあるようです。このような構想は日本には過去の災害には例のないとのことですが、前例にない地震と原発事故の災害が重なったわけですから、前例にとらわれず被災地の住民の立場に立った施策を展開すべきだと思います。

いかし、震災から1年が経過した今、いわき市民も困惑しているのも事実なのです。というのは、いわき市は双葉郡の支援の立場には立っていますが、いわき市自体も死者行方不明者約3500名、全壊家屋約8000棟と大きな被害を受けているのです。

いわき市内は避難者の借り上げ住宅需要や原発関係労働者の住宅確保のため、賃貸空家物件が減り、市民が住宅を借りられないことも多くなってきています。4月の転任の時期を迎え大変な思いをした人も多かったことでしょう。

毎日新聞の紙面で、渡辺市長が「飲食店やパチンコ店まで避難者であふれ『働いていないのにサービスばかり受けている』という不満がさらに大きくなるのが心配」と板挟みの苦悩を吐露していました。避難者の全てがそのような退廃的な生活をしているとは思いませんが、近隣のパチンコ店や夜の巷が異様な賑わいをしているのを肌で感じるこの頃です。

このようなことからも、本来の町民コミュニティーの再生は大切です。地縁・血縁のある人たちで社会を形成することが健全な人間生活の基本だと考えるからです。双葉郡に近い地域、具体的には四倉工業団地などに仮の町特区を建設し従来の町の再現に努力すべきではないでしょうか。

(ウイークデーでも賑わうパチンコ店)
2012 4 16

(鹿島街道沿いの木造仮設住宅 近くに飲食店も多く便利な地域)
2012 4 16 2






日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

梅の名所「専称寺」今が見ごろ

倒壊の危険性のある専称寺については昨年末のブログに掲載しましたが、今、梅が満開になっています。例年ですと、彼岸頃に見頃を迎えるのですが今年は遅れているようです。1395年の開山で梅福山報恩院専称寺と言うのが正式名称ですので古来より伽藍には梅が植えられていたのでしょう。

現在参道の左右に広がる梅林は50~60年前に檀家の有志によって植えられたものと聞いています。6月頃には実をつけ、檀家で収穫し販売して寺の収入にしたこともありましたが、最近は剪定をしないせいかあまり実付きはよくないようです。

専称寺は夏井川の南の小高い山を利用した伽藍配置となっていますので、堤防付近から見上げますとさすがに浄土宗奥州総本山としての風格が感じられます。

特に、約500本の梅の木に花をつける今の季節が一番です。また、境内からの眺望は一面の梅花越しに太平洋を見ることが出来、水墨画にかすかな梅の色を加えたようなその風景は心を落ち着かせてくれるスポットです。

昭和40年代頃までは専称寺に参詣するために、夏井川に渡し舟があり風情がありました。この渡し舟は専称寺檀家の専用で、各檀家が年毎に決められた米を納め船守りを雇っていたのです。檀家の家族は無料、一般の通行人や観光客からは料金(50円)を取っていたのを覚えています。

私の気に入りの角度からの写真を掲載しましたので、ぜひ梅の名所専称寺を訪ねてみてください。

(鐘楼付近の梅林)
2012 4 6

(梅林越に太平洋を望む)
2012 4 6 3


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

千代田さくらまつり「さくらフィステバル」に出店しました。

3月30日から4月1日までの3日間、千代田さくらまつり「さくらフェスティバル」が東京靖国神社で開かれました。参道に今年は特別に東北被災地ブースが設けられ特産物の販売、観光PRなど被災地支援の企画が加わりました。

「ふるさとマルシェ」も出店のお誘いを受け、若手社員3名を派遣してえごま油蜂蜜など県内産品を販売しました。3月30日31日の両日は天候に左右されお客様の出足もまばらでしたが、4月1日は快晴の上、靖国神社の染井吉野桜標準木の開花宣言もあったことから大変な賑わいを見せました。私も応援に駆けつけました。

売れ筋は日本酒です。利き酒とコップ売りもしたことから対応に事欠く時間帯もあったほどです。一合300円で飲める福島の地酒は日本酒党には魅力のようで、参拝前に一杯、参拝後に一杯、出店で買い物を済ませてまた一杯という女性のお客さまがいて嬉しい応対でした。また、被災地から東京に移住している方が懐かしそうに県内産品を求める姿も印象的でした。

概して日本酒は女性に人気があるのは新たな発見でした。試飲したのも女性の方が男性よりはるかに多かったのです。「日本酒はおやじ」のイメージは変えるべきではないでしょうか。

今年は桜の開花が遅れましたので、千代田さくらまつり「さくらフィステバル」は桜の見頃にあわせ、4月7日・8日にも開催されることになりました。「ふるさとマルシェ」も再度出店の予定ですので是非お立ち寄りください。福島の逸品を取り揃えお待ちしております。

(福島の地酒は大人気)
2012 4 5


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!