FC2ブログ

難しい自然との共生


 先日、津波の被害が大きかったいわき市豊間に住む友人宅を訪ねました。彼の家は県道の西側(山側)の丘状地にありますので、津波は庭先までは来たもののすんでのところで被害は免れました。県道の東側(海側)は甚大な被害で瓦礫の山となっています。道路を挟んだ向かい側の方は行方不明になっていて未だ見つかっていないそうです。県道が生死の別れになったようです。この地区にこれだけの津波が押し寄せたのは有史以来のことではないかと思います。

 さて、この地区に限らず津波によって崩壊してしまった集落の再生はどのようにすればよいのでしょうか。日本列島の周りを30メートル以上の防波堤で囲ってしまうことなど出来はしないでしょう。人類の文明がいかに高度になっても自然を征服することは土台無理なのです。とするならば、気まぐれな自然との共生を考えるしかないわけです。

 震災後の都市再生計画は極めて重要です。行政が本気で考えなくてはなりません。いわき地区の津波で壊滅的に破壊された海岸線の集落の中で、幸運にも修繕可能な状態で残った住宅もあります。そうなれば補修して同じ場所に住もうとするのが人情で、時期が経過すれば住宅が立ち並び集落が形成されることになるでしょう。資本主義経済ですから自分の固定資産をどのように利用するかは自由でしょうが、行政は放任していてよいのでしょうか。

 第二次世界大戦の時に戦災に見舞われた多くの地域が、戦後新たな都市計画にもとづき都市の再生を行いました。今回の津波の被害地では、この史実に習い「自然との共生」という観点から抜本的都市再生計画を打ち出す必要があると思います。漁業地域にあっては居住の場と働く場の分離、整然とした避難場所の確保などが前提となるはずです。

 いわき市にあっても、地域住民の考えを聴取し100年後を見通した安心安全な、災害に強い都市づくりを市全体の見地に立って進める必要があります。

 <いわき市豊間地区の被災の様子>
 いわき市豊間地区被災地状況

 ふるさとマルシェ
  被災地復興『元気になろうキャンペーン』がんばろうふくしま!がんばろういわき!


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

磐城桜が丘高校で入学式

女優 秋吉久美子さん臨席、新入生にバラの花をプレゼント

 磐城桜が丘高校の入学式は15日、いわき市平の同校で行われ320人が新たな一歩を踏み出しました。私は学校評議員として出席いたしました。

 式は時節柄紅白幕を施さず、式台には一鉢の胡蝶蘭が置かれるのみの華やかさを抑えたものでした。黙祷の後、新入生一人ひとりの呼名そして守谷校長先生から入学許可。式辞の中で守谷校長先生は未曾有の危機の渦中で迎えた入学式について触れ「一つ一つ積み重ねていく希望への出発の日にしたい」と述べました。

 この入学式には、女優の秋吉久美子さんが特別来賓として臨席しました。秋吉さんは前身の磐城女子高の卒業生です。祝辞の中で秋吉さんは、災禍を乗り越えて高校生活をスタートさせる後輩たちに、模範生とは言えなかった自らの高校生活に触れ、なぜ今になって早稲田大学大学院に進んだのかを話しました。そして、「自分の可能性を自粛することなく、みずみずしい心を大切にして3年間を過ごしてほしい」とエールを送りました。式後、新入生全員に一輪ずつバラの花がプレゼントされました。

 いわき市の県立高校の入学式は15日に10校行われ、今後20日までに3校が行われる予定です。しかし、11、12日の両日に起こった余震で校舎が破損したいわき総合高校、勿来工業高校、磐城農業高校の3校の入学式の予定は立っていないとのことです。

 余談ですが、磐城女子高(現磐城桜が丘高校)は進学校として実績のある高校です。卒業生には秋吉久美子さんの他にもゴルフの小林浩美さん、講談師の神田香織さん、芥川賞作家の松村栄子さんなどいろいろな分野で活躍している方々を輩出しています。


 <新入生にバラの花を渡す秋吉久美子さん>
 磐城桜が丘入学式20110415-03


 <磐城桜が丘高校は桜の名所>
 磐城桜が丘入学式20110415-02
 磐城桜が丘入学式20110415-01

 ふるさとマルシェ
 被災地復興『元気になろうキャンペーン』がんばろうふくしま!がんばろういわき!


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

知っていましたか! この事実

 東京電力福島第一原発事故が未曾有の惨事となっています。

 この背景にあったエネルギー産業の実態をご存知の方は少ないのではないでしょうか。中には、「福島にある原発がなぜ東京電力なの」と言う人さえいるくらいです。

 実は福島県は、東京都全体の電力消費量に匹敵する電力を関東に供給しているのです。平成18年の資料によると、首都圏に供給された電力は736億Kwhに及び、福島県内消費317億Kwhの倍以上の電力を首都圏のために発電しているのです。首都圏における福島県産電力の割合は26%で、2位の新潟県(19%)を大きく上回っています。ちなみに、福島県内の総発電量のなかで、大きなリスクを犯して発電している原子力の割合は50%を超えています。

 4期目の当選を果たした石原都知事は「福島県のために出来る支援はなんでもする」と発言していたようですが、至極当然のことと言えるでしょう。最近の風評被害はいろいろなところに及んでいます。食品はおろか、いわきナンバーの車を毛嫌いするという話まで聞かれます。このような非常時であればこそ、人間は感情より理性にもとづいた行動や発言をしてほしいと強く思うのです。
福島原発資料-01

 ふるさとマルシェ
 被災地復興『元気になろうキャンペーン』がんばろうふくしま!がんばろういわき!

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

風評被害を打ち破れキャンペーン

風評被害を打ち破れキャンペーン


 東京電力福島第一原子力発電所事故により、福島県農産物が一部出荷・摂取制限の自粛要請がなされました。これに伴い、食品衛生上の暫定規制値を下回っている「いわき産農産物」までもが、風評被害により出荷拒否や価格が低下するなど農林水産業者は経営意欲を減退される状況になっています。

 このような状況を打破するため、いわき市は『がんばっぺ!いわき』のキャッチフレーズのもと、いわきの農産物に対する風評被害を払拭するための5つの事業を展開しています。


〔活動内容〕

(1)『いわきの農産物は安全!オールいわきキャラバン』

 市民に対し、市内5ヶ所で本市農産物を販売しながら、安全であることをPRするとともに、いわき駅前タクシープールにおいて、市長が安全宣言を行う。


(2)『いわきの農産物は安全!オール日本キャラバン』

 首都圏(港区新橋駅前 SL広場及びサテライト新橋2F)において、いわき市の農産物を販売しながら安全であることをPRする。

  ※(1)(2)でPRする農産物 
   トマト、いちご、きゅうり、ネギ、キノコ類(菌床しいたけ、ナメコ、イリンギ)など


(3)『いわきの農産物は安全!PR動画』の作成・配信

 いわき市の農業者及び消費者からの「いわき市農産物は安全」というメッセージを録画編集し、Web上で配信しながら、全国にいわきの農産物が安全・安心であることを広くPRする。


(4)『いわきの農産物は安全!いわきブランド農産品通信』の発行

 市民に対して朝刊折込により農産物の安全をPRする広報誌を各戸に配する。


(5)『いわきの農産物は安全!市民からつなぐトモダチ作戦』の実施

 市民による草の根の「いわきの生産物は安全!」一大キャンペーンを展開する。


 概要は以上のとおりです。
 この企画の担当はいわき市役所農業振興課(電話0246-22-7479)です。

 下記の写真は『いわきの農産物は安全!オールいわきキャラバン』の実施状況です。


inいわき市 平成23年4月9日

 がんばっぺいわき20110409-01市長挨拶
   <いわき市長挨拶>

 がんばっぺいわき20110409-01がんばっぺ三唱
   <がんばっぺ三唱>

 がんばっぺいわき20110409-01市長試食
   <いわき市長試食と撮影陣>

がんばっぺいわき20110409-01商品02
   <地域のお米や野菜>

がんばっぺいわき20110409-01商品01
   <その他の販売会場>

 ふるさとマルシェ
 被災地復興『元気になろうキャンペーン』がんばろうふくしま!がんばろういわき!

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

地域の連帯は健在でした

 東日本大震災の直後、いわき市内はライフラインがストップし、第一原発の風評が輪をかけたためガソリン・食料などの物流が最悪の状況になりました。

 私が住んでいる地区は、いわき駅から東へ約4Kmで海からは離れていますので幸い津波の被害も無く、屋根の瓦が落ちる程度で倒壊した住居もありませんでした。しかし、水・食料などの生活用品は手に入らない状態となり、遠くまででも買いに行きたいがガソリンが無いといった状況に陥りました。そんな中で原発20Km以内の地域から避難してきた方々を小学校の体育館・公民館に受け入れました。まさに非常時です。

 震災後1ヶ月を経過し区の様子を振り返って見ますと、地域共同体としての基本的な機能が有効に働いていたと思います。消防団・婦人会・民生委員・区役員の方々がそれぞれの立場で活動しました。中心となったのは公民館です。館長は市職員ですので市からの各種の要請は館長から各区長へ、区長から委員や各団体へと伝達されました。

 緊急支援物資の配布は3月22日から1週間行われました。消防団により広報が行われ、区の委員が中心となって配布に当たり、民生委員は一人暮らし高齢者の安否の確認と食料の配達を担当しました。毎日400名程度の皆さんに整然と配布することが出来ました。また、消防団による消防車での夜警活動も連日行われ地域に安心感をもたらしました。

 私は3月末まで区長をしておりましたので、この異常な事態に「私」より「公」を優先して地域のために活動していただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。地域への帰属意識とか連帯感が希薄になっていることが指摘される昨今ですが、当地区の秩序・互助・連帯の精神は健在であったと思います。

 ふるさとマルシェ
 被災地復興『元気になろうキャンペーン』がんばろうふくしま!がんばろういわき!

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!