不気味な 地震雲 ?

2月11日の夕方、南西の空を見ると異様な雲が立ち上っていました。ちょっと不吉な予感がしました。地震雲ではないだろうか、不安が過ぎりました。

(地震雲発見 5時28分)
地震雲2

調べてみると、竜巻形地震雲に似ています。竜巻形をした雲で目撃された付近で地震が発生すると言うのです。地震雲発生から8日以内に地震が起こると言われています。

(火災のように立ち上る 6時3分)
地震雲3

地震予知や前兆として知られているかもしれませんが、そのメカニズムや発生の根拠などは正式に証明はされておりません。が、東日本大震災の直前には地震雲らしきものを見たと言う人が多くいました。

(次第に拡散 6時20分)
地震雲1

2月11日から8日以上経過しかしたので心配はないようですが、それにしても不気味な自然現象でした。




スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

浄土宗奥州総本山専称寺本堂の解体修理工事

国指定の重要文化財専称寺の解体修理工事は最終段階に入ってきました。屋根と外壁の工事はほぼ終了し内部の復元工事に入っています。

(屋根と外壁の工事が完成した専称寺)
専称寺1

屋根の復元工事は銅板で吹き上げました。文化財の復元は建立当時の姿にするのが基本と考えられています。専称寺本堂の建立は寛文11(1611)年で、屋根は茅葺だったようです。

(巧みな技術で復元した軒先)
専称寺2

文化財審議会で検討した結果、今後の屋根の維持管理などを考慮し茅葺は無理と判断し銅板葺きとなったようです。工事用の仮屋を外した本堂の屋根は、現在は緑青が出ていないため金色に輝いています。

(修理が必要な庫裡)
専称寺3

しばらくすると緑青が出て落ち着いた感じが出てくるということです。今後何百年と文化財として後世に伝える使命を持った専称寺ですので、平成の大修理は寺の歴史に大きく刻まれることになるわけです。

(歴史を物語る鐘楼)
専称寺4

本堂の脇には茅葺の庫裡が建っています。庫裡も文化的な価値が認められているため国指定の重要文化財になっています。震災の被害は少なかったので、今回の改修の対象にはなっていませんが修理の必要な状態になってきています。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

小学校の教材になった「いわき万本桜プロジェクト」

志賀忠重さんの「いわき万本桜プロジェクト」が小学2年生の教材になっています。10分間で読める本当にあった感動の物語の1つとつとして取り上げられています。

(感動の物語が収録されている副読本)
教材1

学研の副読本に収録された全10話の中で第1番目に紹介されています。志賀さんは東日本大震災に伴う原発事故で何を考えどう行動したか、そして、なぜ「いわき万本桜プロジェクト」の立ち上げに至ったのか、がテーマです。

(最初に紹介されている「万本桜プロジェクト」)
教材2

3月11日の大震災そして原発事故、そんな中でも4月になると桜は満開になりました。今まで何気なく眺めてきたふるさとの桜がキラキラ輝いて見えたのです。志賀さんの心の中には原発事故に対する悔しさもありましたが、未来の子供たちに桜の里山を残そうと思い立ったのです。

(忠重さんの作業の様子)
教材3

志賀さんの「福島県いわき市に世界一の桜の山を作るんだ」の趣旨に共鳴した人の輪は拡大を見せています。万本桜の里山に集う人たちの心は春爛漫、希望に満ちています。

(人の輪が広がる里山)
教材4

この本は筑波大学付属小学校教諭の青木伸生さんが監修したものです。子供たちに身近に起こった心動かされる実話を通して感動を与え、失敗を恐れずチャレンジする心を醸成することがねらいです。万本桜の志賀さんの情熱も多くの子供たちに伝わることでしょう。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

平成30年 神谷(かべや)地区新春の集い

1月20日、神谷地区新春の集いが東日本国際大学の学生食堂を会場に開催されました。例年、来賓としていわき市長、いわき市選出の国会議員、県会議員、市会議員などが出席しています。

(神谷地区区長協議会長 阿部さんのあいさつ)
20180120_133736[1]_convert_20180123161910

今年は、吉野正義復興大臣などの国会議員は秘書の出席でしたが、清水市長をはじめ市議・県議の皆さんが顔を揃えました。特に、清水市長は昨年の選挙で再選を果たしましたので、お礼かたがた参加者と親しく懇談していたようです。

(清水市長を囲んで記念撮影)
20180120_152505[1]_convert_20180123162258

新春の集いは、阿部宏太郎神谷地区区長協議会長の主催者あいさつでスタートしました。来賓の挨拶が9名ありましたので少し長すぎたようです。議員さんたちはこのような時に顔を売るのですから仕方がないでしょう。

(会に花を添える吟醸酒「神谷」)
20180120_150618[1]_convert_20180123162512

祝宴は神谷地区の未来構想などに話が弾み和気あいあいとしたものとなりました。今年は神谷の地酒、吟醸酒「神谷」の醸造が遅れているため、「神谷」ファンへの事情説明に追われました。ちなみに、「神谷」の新酒の発売は2月中頃の予定です。テーブルに乗ったのは私が提供した4代目「神谷」1本だけです。

(会場となった東日本国際大学)
DSCN9952_convert_20180123155523.jpg

神谷地区はいわき市平の旧市街地に隣接する新興地域ですが活気のある所です。特に、文教施設では幼稚園から大学まで設置されています。小学校の教科書にも掲載された「いわき万本桜プロジェクト」も一層の充実を見せています。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

いわきの青い空

このところの寒波の襲来によって、山陰地方の各県をはじめ九州南部・四国まで大雪に見舞われています。ところが、いわき市はここ数日快晴が続いています。まさに、東北の湘南と呼ぶにふさわしい天気です。

(サファーに人気の豊間海岸)
いわきの青い空1

先日、関西に住む友人が電話で「福島の雪はどうだい」と言うので、「快晴で、海ではサーフィンをしているよ」と言っても信用しません。広い県土の福島でイメージするのは会津の風土のようです。13日土曜日、近くの海岸に行ってみると、風もない浜辺で高校生がトレーニングをしています。

(市内の高校野球部のトレーニング)
いわきのあおい空3

いわき市豊間の海岸線は遠浅の浜辺でサーフィンに適した波が打ち寄せます。真冬の今の時季でもウェットスーツを着込んだサファーが波乗りを楽しんでいます。震災以後サーフィン客を目当てにした民宿なども増えているようです。

(ウェットスーツを付けるとそれほど寒さを感じないとのこと)
いわきの青い空2

美空ひばりの「塩谷の岬」で有名になった豊間の灯台も観光スポットになっています。この地域は震災では大きな被害がありましたが、海岸線の整備が進みサンシャインいわきの象徴的な場所に変貌しつつあります。

(津波に備えた護岸工事が完成した薄磯海岸)
いわきの青い空4

津波の被害を受けた薄磯地区の集落を高台に移転するための工事が急ピッチで進んでいます。海の見える造成地には洒落た住宅が建築中です。平の旧市街地から離れていますが、別荘気分で住める住宅を求める方に人気があるそうです。

(海の見える高台の造成地 建築の進む住宅)
いわきの青い空5

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!