西伊豆 富士見旅

2泊3日で伊豆半島を旅しました。駿河湾越しに富士山を見てみようと車で出かけました。3月27日、いわきから常磐道・東名道を通り修善寺温泉に宿泊。残念ながらこの日は富士山にお目にかかることはできませんでした。

(雲に隠れ見えない富士山 達磨山展望台)
富士見旅2

3月28日、修善寺の達磨山高原展望台から駿河湾越しに眺める富士山は日本の代表的風景、と聞いていました。天気は晴れ、期待していたのですが富士山の部分だけ雲がかかっています。雲の移動の気配はありません。

(やっと見えた富士山 黄金崎)
富士見旅3

後ろ髪を引かれる思いで達磨山から西伊豆スカイラインを走り土肥に向かいました。土肥からは駿河湾沿いに起伏のある県道127号線を南下し松崎町を目指しました。途中に「富士見ポイント」の表示がありますので立ち寄りましたが一向に富士山は顔を出してはくれません。

(車を止めて撮影 県道127号線)
富士見旅1

3月29日、松崎町の宿を出て昨日と反対のルートをたどり沼津に向かいました。「今日も見えないでしょう」との宿の方の話です。期待せずに海岸線を走ったのですが、見えました。

(名物のちらし寿司)
富士見旅4

スッキリとまでは言えませんが、黄金崎から駿河湾越しに見る富士山を堪能しました。沼津港市場で名物のちらし寿司を食べ、東名の沼津インターから富士山に見送られながらいわきへと走りました。往復約820キロメートルの運転、さすがにくたびれました。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

西伊豆松崎町の岩科学校

西伊豆の松崎町にある岩科学校は、バルコニーなどの洋風様式を取り入れた伊豆地区最古の小学校です。洋風様式と言ってもこの町の伝統的な「なまこ壁」を施した二階建て瓦葺きで、和洋折衷と言ったところです。

(風格のある岩科学校の正面)
岩科学校1

国指定の重要文化財と言うだけあって風格があります。正面玄関の「岩科学校」の扁額は、ときの太政大臣三条実美の書だそうです。この地域の教育に対する情熱を感じさせる建物です。

(三条実美書の扁額)
岩科学校2

明治8年に建てられ、その後移築復元された学校は保存状態も良好で、日本の近代教育の原点を見るような感じがします。二階には日本間が設置され、作法や裁縫の授業に使用されていました。部屋には床の間・違い棚もあり純日本的な様相です。

(名工入江長八が描いた欄間)
岩科学校3

欄間には松崎の名工入江長八が手掛けた千羽鶴が、一羽一羽形を変えて描かれています。ぬけるような青空と今にも欄間から抜け出るような鶴の飛翔する姿に圧倒されます。これが小学校の一部屋なのか、当時の情操教育の奥の深さに驚きました。

(当時の授業の様子を再現した教室)
岩科学校4

岩科学校の隣には最近まで使われていた町立の小学校が建っています。この町も御多分に漏れず過疎化による児童の減少で廃校になってしまったということです。文化財の隣に後継ぎとなった鉄筋コンクリートの校舎が建っている姿に寂しさを感じました。

(岩科学校の隣にある廃校となった小学校)
岩科学校5



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

土蔵の街 西伊豆松崎町

西伊豆の松崎町は、日本の伝統的な技術である「なまこ壁」の街並みが保存されています。「なまこ壁」は蔵の壁や塀に平瓦を張り、漆喰を板蒲鉾のように盛って固めたものです。

(「なまこ壁」の街並み)
松崎町1

江戸時代、松崎町の左官職人だった入江長八は土蔵などに施す漆喰の壁を芸術の域に高めました。長八の遺作は町営の「長八美術館」に展示されている他、町内の旧家の土蔵などで見ることが出来ます。

(漆喰芸術の施された土蔵の扉)
松崎町2

土蔵は日本の伝統的な建築様式のひとつで、外壁を土壁として漆喰などで仕上げられています。江戸時代には店舗・住宅などを兼ねた見世蔵(店蔵)と呼ばれるものもあり、豪商の象徴のような建物でした。

(明治の豪商 中瀬邸の土蔵)
松崎町3

土蔵様式の建築物は、機能性と左官職人が少なくなったため次第に姿を消してきました。松崎町の「なまこ町通り」は小規模ながら伝統的な日本の街並みを楽しむことができます。3月の末に訪れた民家には雛飾りが展示され、地方の豪商の贅を感じました。

(旧家の雛飾り)
松崎町4

松崎町はギリシャのスニオン岬に劣らぬ夕日眺望のスポットです。歴史の町を散策し、夕日を見て、海の幸を味わいながら地酒を飲む、至福の時を過ごしました。

(松崎町は夕日の名所)
松崎町5


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

春を告げる蕗の薹

蕗の薹(フキノトウ)が見ごろ?、食べごろです。以前、庭先に蕗を栽培していたことの名残で、今の時期フキノトウが咲きだします。家族はあまり食べないのですが、私は好物です。天ぷらにするとお酒が進みます。

(好物のフキノトウの天ぷら)
蕗の薹1

調べてみると、フキノトウは雌雄異株で、よく見ると違いがあるそうです。雄花はやや黄色っぽく、雌花は白っぽいというのですが、見分けるのはなかなか難しいようです。

(これは雌花? 雄花?)
蕗の薹2

独特の風味を食用にするほか、せき止め、健胃の効果があり漢方として古くから使われていたというのですから食べない手はありません。あの独特の苦みが、私にとっては何とも言えないのです。

(健胃の効果もあるというフキノトウ)
蕗の薹3

フキノトウの花言葉は「待望」だそうです。早春に芽吹く「春の味覚」の一つで、その独特の滋味を待ちかねている存在であることかららしいです。私の心境のようです。何はともあれ、凍った土をかき分けて芽吹くフキノトウからは春の息吹を感じます。

(陽だまりに開いたフキノトウ)
蕗の薹4

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

イタリアワインを楽しむ夕べ (キャンティワイン会)

ワインサークル・キャンティ第31回ワイン会が、17日いわき市田町にあるイタリアン・ガーデンで開催されました。今年のスタートは、人気のイタリアンワインとイタリア料理を楽しむ夕べです。

(豊富な品種を誇るイタリアワイン)
イタリアワイン会2

参加者は18名。今回も国分株式会社のソムリエ大河原さんがイタリアワインについてプロの立場から分かり易く解説します。最近、日本ではリーズナブルなチリワインが人気です。日本の輸入量ではイタリアはチリ、フランスに次いで第3位です。バルク買いをするチリワインに押され気味のようです。

(乾杯はアスティスプマンテ)
イタリアワイン会4

栽培しているブドウの品種の数ではイタリアがナンバーワンで、500種ぐらいあると言われています。今回は泡・白が1種類、白が2種類、赤が5種類、計8種類に挑戦です。ピエモンテ州のアスティスプマンテで乾杯、華やかな香りと爽やかな酸味でちょっと甘口です。

(価格当てゲーム第1位足立さん 左 ソムリエ大河原さん)
イタリアワイン会3

赤は軽いものからフルボディへと進みましたが、赤党の私はアマローネ・クラシコがコク、ブリューム感からも気に入りました。価格は8500円、今回のワイン会では最も高価のものです。

(イタリアン・ガーデン お勧めの逸品)
イタリアワイン会1

会場となった「イタリアン・ガーデン」は、いわきで20年を超えるイタリア料理の名店です。イタリアワインとイタリア料理のマリアージュを楽しむ今年最初のワイン会は、陽気なイタリアンムードで終始和やかでした。




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!