FC2ブログ

東京ぶらり 明治神宮

1月13日、しばらくぶりに明治神宮を訪ねた。連休の中日で好天であったため大変な賑わいだ。前回訪れたのは30年くらい前だったと思う。鬱蒼と茂った緑したたる常磐の森は一層繁茂したような気がする。

(鳥居と高層ビルのコントラスト)
明治神宮1

参道脇に奉納された酒樽が並ぶが、ふと向かい側に目をやるとワイン樽が並んでいる。まさに神社への奉納品も国際化である。参道を歩む参拝者の中には外国人の姿も多い。異教徒の方々は日本の神々に何をお祈りするのだろう。もっとも、私も観光でイスラム教のモスクを訪ねた折には、手を合わせて「家内安全・身体堅固」を祈ったのだから、深く考える必要はないようだ。

(奉納された日本酒の樽)
明治神宮4

(奉納されたワインの樽)
明治神宮5

本殿前では二組の結婚式が行われていた。宮司に先導され大勢の参拝者の中を進む花嫁行列は警備員の交通整理付である。これほどの参拝者に祝福される新郎新婦は、幸せな家庭を築く自覚を一層深めたに違いない。

(本殿前の参拝者の波)
明治神宮2

(参拝者に祝福される新郎新婦)
明治神宮3

明治天皇と昭和皇太后を祭る明治神宮は、全国からの10万本の献木によって造られた人工林だそうだ。都心部に70万平方の敷地を有する緑の杜は、都民ばかりでなく日本人の憩いの場所となっている。都内を歩くと、住宅密集地も多いが整備された広大な緑地帯も点在している。時に雑踏の中から抜け出し緑の中を歩き命の洗濯をしてみてはどうだろう。
スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

からむしの里 昭和村

晩秋の昭和村を訪れた。周囲を里山に囲まれた集落もこれから訪れる長い冬に備えた佇まいである。山々の紅葉は今年最後の輝きを見せている。そんな村の中心に、からむしの里「織姫交流館」がある。

(からむしの里「織姫交流館」)
からむし1

からむしは、イラクサ科の多年草で、チョウ麻とまともいわれ、繊維を青苧(あおそ)と呼んでいる。夏に刈り取ったからむしを一晩水に浸し、一本ずつ丁寧に皮をはぎ繊維を取り出す作業はなかなか大変である。

(からむしの糸)
からむし3

取り出した繊維を細かく裂き糸をつないでいく。一本一本指で裟いでつなぐ作業は根気のいる作業だ。さらに、おぼけ(苧桶)と呼ばれる丸ワッパにためられた糸を糸車でよりを掛け、丈夫に仕上げる。

(糸をつむぐ織姫)
からむし5

作った糸は、昔ながらの機織り作業により反物に仕上げられる。糸がデリケートであるため高度な技術が必要となる。肌に付着しない夏衣として気持ちよく、一度着用すれば他の織物を着ることが出来ないと言われている。展示している商品の正札を見ると、良さは分かるが財布の中身を考えてしまう。

(高価なからむし織)
からむし2

(天女がまとうようなからむし織)
からむし4

人口約1300人と逓減し限界集落となりつつある昭和村は、からむし織を看板にして移住・定住作戦を展開している。村は毎年からむし織体験生「織姫・彦星」募集している。四季の移り変わりを日々肌で感じながら村の暮らし、からむし織を体験してもらう企画である。織姫の中には、めでたく村人と結ばれ永住につながり人口増加に貢献した人もいる。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

今年最後の輝きを見せる奥会津

11月初旬、奥会津は白の季節を前に今年最後の輝きを見せる。
柳津虚空蔵尊は日本三大虚空蔵尊のひとつ、丑寅年生まれの守り本尊として知られている。境内からは、ゆったり流れる只見川越しに見事に色づいた山々の景色が望まれる。

(日本三大虚空蔵尊のひとつ柳津虚空蔵尊)
奥会津2

(宮大工の匠を感じる本堂)
奥会津4

本堂左手の朱色に色づいた紅葉がひときわ目を引く。春の桜、秋の紅葉に包まれる円蔵寺は只見川を見渡せる撮影スポットになっている。

奥会津1

三島町の道の駅付近から眺める第一只見川橋梁は鉄道写真家に人気のスポットととして知られている。鉄橋に列車が通りかかる風景を撮影しようとすると努力を要する。一日に数本しか通らない只見線の時間表を駆使しなければならないからだ。

奥会津3

間もなく白の季節が到来する。三島町・金山町・只見町いずれも豪雪地帯である。それだけに、雪解け、桜、新緑の喜び、そして最後の輝きを見せる紅葉が心に染み入るようである。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

二本松の菊人形

二本松の霞ケ城公園を会場に「二本松の菊人形」が開催されている。戊申の役から150年にあたる今年は、ふるさとを守るために戦った二本松少年隊のエピソードなどを菊人形に表現したものが多く、その技巧には目を見張るものがある。

(日本名城に数えられる二本松城)
菊人形2

二本松には、幕政時代から菊の愛好者が多く、昭和の初期から街中に菊人形が飾られていたということだ。昭和30年から「二本松の菊人形」として、霞ケ城公園で開催されるようなり、福島県を代表する秋のイベントになっている。

(少年隊を題材にした菊人形)
菊人形3

二本松城は日本の名城の一つに数えられ、別名霞ケ城、白旗城と呼ばれている。また、城の周辺の山は桜が多く、日本さくら名所100選にも選ばれている。

(見事な懸崖つくり)
菊人形4

菊人形7

室町時代15世紀中頃に築城、戦国時代には伊達氏との攻防戦があった。江戸時代になると丹羽氏によって大改修され現在に至る遺構を備えたようだ。

(滝と一体化した見事な菊)
菊人形6

戊辰戦争での攻城戦には「二本松少年隊」の涙の物語がある。会津の白虎隊では生き残った隊員によって活躍の実態が明らかとなったが、二本松少年隊では生き残った者が無く詳細を伝承することが出来なかったと言われている。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

ワインサークル・キャンティ チリワインにトライ

高野さんの主催するワインサークル・キャンティが開催された。今回は、「南太平洋の海風&アンデスの恵み」と題してチリワインへの挑戦である。チリワインと言うとフランス・イタリアよりは、と思いがちだが、決してそんなことは無い。

(今回トライしたチリワイン)
チリワイン1

ちなみに、日本で輸入するワイン量のトップがチリである。チリワインの安い理由は、何といっても土地代人件費が圧倒的に安いことだろう。また、EPAが発効し関税が段階的に引き下げられていること、ちょっと専門的にはフィロキセラ被害を受けていない唯一の国で、台木がいらないことからコスト安になっていることなどが要因と考えられる。

(ワインを注ぐ高野会長)
チリワイン2

今回トライするワインは自転車のマークでおなじみのコノスルである。チリは南北に細長い国だが、コノスルワイナリーはちょうど真ん中に位置する。白3種類、赤4種類にトライしたが、コノスル初の瓶内二次発酵のスパークリングのセンティネラ・ブリュットは爽やかなキレの良い味わいで印象に残った。

(飲んだワインの感想を述べる会員)
チリワイン3

赤の極めつけはシレンシオだ。静寂と言う名のコノスルが誇るブラッグシップワインで、品種はカベルネソーヴィニヨン、フレンチオーク樽でじっくりと成熟させたものだ。上品でエレガントな味わいは高級フランスワインに引けを取らない。

(ルミエール フランス料理の前菜)
チリワイン4

会場はいわきで定評のあるフランス料理店ルミエール。自慢のフランス料理とコノスルとのマリアージュは極めて良好である。ちなみに、店主はベルギーの日本大使館でシェフを務めた経歴を持っている。夏の世の更けるのを忘れ心行くまでチリワインとフランス料理を堪能した。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!