FC2ブログ

コロナ禍で反省を求められるホモサピエンスの群れ方

新型コロナウィルスの感染拡大によって、我々ホモサピエンスは社会生活の変容を余儀なくされている。そもそも現生人類(ホモサピエンス)は約250万年前にアフリカに起源すると考えられている。以来、我々の祖先はゆっくりとした進化をたどり現在のような知恵を得て社会を形成するに至ったのである。

(ホモサピエンスとネアンデルタール人との関係を研究した興味ある一冊)
DSCN0986_convert_20200818162939.jpg

考古学を頼りに人類の歴史をたどると、現生人類の他にもネアンデルタール人やクロマニヨン人などの旧人類が生存していたことが確認されている。地球上には、ある時期にはホモサピエンスはネアンデルタール人と併存していたというのである。驚くことには、ヒトはネアンデルタール人との異種交配があったことがヒトゲノムの解析から判明したというのである。

(ネアンデルタール人のイメージ写真)
ph_thumb_convert_20200818163144.jpg

それではネアンデルタール人はなぜ絶滅してしまったのであろうか。次のような学説がある。ネアンデルタール人はホモサピエンスに比べて骨格や運動能力など全てで優っていたというのである。単独のハンティングではホモサピエンスの比ではなかった。それでは、なぜネアンデルタール人は絶滅してしまったのであろうか。それは、ネアンデルタール人は群れることが苦手であったことにあるらしい。単独での高い狩猟能力を持っていたため共同して行動する必要はなかったのだ。

(群れ方が問われるホモサピエンス)
1597736397891[1]_convert_20200818170311

この点がホモサピエンスと大きく違うところである。ホモサピエンスは一人一人の行動能力は低いため集団で狩猟をする必要があったのだ。その過程で、集団の中での役割分担ができ共同作業が進められるようになった。それが、長い歴史をたどる中で社会の形成に至るのである。いわゆる、群れることにより個人の能力が効率よく発揮されるようになるわけである。

(改革が求められる一極集中)
1597736420853[1]_convert_20200818170603

今回のコロナ騒動はホモサピエンスの群れ方に反省を促している。密集はウイルスにとっては勢力拡大の好条件となっているのだ。少なくても大都市の過密さは格好の餌食となっているようだ。「密集よりぱらっと住む」過疎と過密を平均化するような住み方をすれば感染はある程度避けられる。日本では東京一極集中を考え直す時期に来ているのかもしれない。
スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

画期的な殺菌力 「エレクリーン」 コロナ菌の殺菌に期待

コロナ禍のもとマスクと消毒液が必需品になり、どちらも品薄状態にある。また、粗悪品も出回っている。そんな中で画期的な殺菌装置が開発された。台湾のベンチャー企業、創浄科技が開発した「エレクリーン」である。

(画期的な殺菌力を発揮する「エレクリーン」)
DSCN0849_convert_20200713111311.jpg

製品にはナノ触媒電極が内蔵されたフィルターが入っている。水をボトルに注入し、ボタンを押して規定時間を待てば、ボトルの中で活性酸素が産出され、1,000㏙以下の過酸化水素水に変わる仕組みである。水は飲用水、水道水などが使用可能である。

(グッドデザイン賞を受賞したおしゃれな容器)
DSCN0855_convert_20200713111608.jpg

この消毒水は、台湾の長庚大学の実証試験の結果、各種のインフルエンザウイルスに対し99.9%の殺菌力があると証明された。新型コロナウイルスに対しては現在検証中ということだが、従来のアルコール消毒液以上の抗菌力があることは確かである。

(小分のできる小容器は携帯にも便利)
DSCN0857_convert_20200713111825.jpg

従来の消毒剤や抗菌剤には多くの化学物質が含まれているため、発がん性物質、アレルギー、環境ホルモン、皮膚炎など、知らないうちに悪影響を与える。また細菌やウイルスも、徐々にこれらの薬剤に対し抗体を持ち始める傾向があると言われている。

(バッグやポケットに入れどこでも使用できる)
DSCN0898_convert_20200713114900.jpg

一見シンプルな構造のように思われるが、電極材料の選定やチップ設計、ボトル容器の開発に試行錯誤し6年もの歳月を要したということだ。「ふるさとマルシェ」では、台湾のベンチャー企業創浄科技と提携して、安全安心で優れた機能を持つ「エレクリーン」を皆様にお届けしたいと考えている。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

サクランボにもコロナ禍

サクランボの一番人気「佐藤錦」が旬を迎えている。今の時季、果物屋に並ぶ宝石のように透き通った朱の球は、誰もが食べてみたくなる。サクランボについての知識はそれ程持ち合わせているわけではないが、「佐藤錦」の上品な甘さは何とも言えない。

(早生種の紅さやか)
DSCN0841_convert_20200701101121.jpg

このサクランボにも新型コロナは影響を及ぼしている。先日、福島市郊外の吾妻連峰の麓を走る県道5号線、愛称フルーツラインをドライブした。この地域はフルーツ王国福島を代表する果樹園が軒を並べている。この地域に異変が起きているのである。

(旬を迎えた佐藤錦)
DSCN0868_convert_20200701101422.jpg

(ルビーの輝き)
DSCN0874_convert_20200701121248.jpg

果樹園地帯を突っ切る約14キロの左右には観光果樹園が並び、都会からの観光客で賑わいを見せるはずである。ところが、今年はそうはいかない。外出を自粛する影響で観光バスでの来園者は殆どいない。広い駐車場には乗用車が十分すぎるソーシャルデスタンスをとって停まっている状況である。

(閑散とした直売所)
DSCN0829_convert_20200701101821.jpg

園では少ない来場者に検温するなどの安全対策を講じている。今年もサクランボ狩りを楽しみにしていた人も多いはずである。吾妻連峰を眺めながら食べるサクランボの味は、都会の店頭に並ぶものを外出制限の自宅で食べるのとは大きな違いがある。

(入場には体温チェック)
DSCN0831_convert_20200701100613.jpg

これからフルーツ大国福島では、桃、ブドウ、ナシ、リンゴと自慢の味が待っている。待たれるのはコロナの終息ではあるが、ネットなどを通して「テレ果物狩り」をして頂き、訪問した気分になって福島の味を堪能していただきたいと思っている。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「ふじの里人」 石井さんのクラフト工芸

「ふじの里人」こと石井さんはハンドクラフトの趣味が長じて販売にも十分耐えられる木器を製造している。石井さんの器には、ひとつひとつじっくり丁寧に作られた手のぬくもりを感じる。

(手の温もりを感じさせる木器)
クラフト1

工房を訪問したことはないが、幾つかの力作を頂いている。石井さんは生木工法による手彫りでマグカップやゴブレットを製造している。製造した時点では均整の取れた形をしているが、生木であるため乾燥するにつれて歪みが出てくる。

(日本酒用に愛用)
クラフト2

偶然のなせる技の歪みが器に味わいを醸し出すのである。丁度、陶磁器が焼く過程で歪みや窯変によって器の価値が出ることに似ている。ちょっと変形したコブッレトでビールやワインを飲むと、自然との対話が始まり里山の小道に分け入るような気持ちになってくる。

(いびつさが何とも言えない味を出す)
クラフト3

一昨年、トランジットで立ち寄ったヘルシンキ空港で求めた木製のマグカップと石井さんの物との共通性を感じた。後で知ったが、フィンランドは木工細工の本場と言うことだ。森林王国と言われるフィンランド、日本と共通する木の文化が健在のようである。

(木器の良さを醸し出す逸品)
クラフト4

石井さんが製作したゴブレットの中に廃材となったブドウの巨木を活用したものがある。製造から時間が経過し歪みと傾きが出たゴブレットは何とも言えない味があり、毎日の晩酌用に使用している。ワインとセットにして販売すれば人気商品になるのではないだろうか。

(台座・器ともにぶどうの巨木)
クラフト5


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

絹さやえんどうの盆栽

遊び心で育てた「盆栽絹さやえんどう」が実を付けた。昨年の11月、菜園に春に食べる絹さやえんどうの種をまいた。その際、早春の鑑賞用にしてみようと思い立ち植木鉢にもまいてみた。

(借景にもマッチした、さやえんどう盆栽)
さやえんどう1

さやえんどうには、蔓ありと蔓なし、花の色も白と赤がある。最近の品種の改良には花の鑑賞も視野に入れているようだ。ちなみに我が家では、蔓ありの赤と白を半々ずつ植えつけてみた。咲きそろうのが楽しみである。

(春を呼ぶピンクの花)
さやえんどう2


さやえんどう5


さやえんどう4

ところで、盆栽はというと、2月末に花が咲き始めた。陽だまりを選び移動させたことが功を奏してか、3月15日朝、実を2つ付けていることに気付いた。春は名のみの寒さ厳しき中、よくぞ実を付けた、と感動した。

(食べるのを躊躇うような可憐な実)
さやえんどう3

家族が入れ替わり驚きの声を上げる中、3歳の孫が「いつ食べるの?」と言ったものだから、ちょっと困ってしまった。「もう少し大きくなってからね」と答えたものの、どうしたものかと盆栽を見つめる日々である。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!