FC2ブログ

絹さやえんどうの盆栽

遊び心で育てた「盆栽絹さやえんどう」が実を付けた。昨年の11月、菜園に春に食べる絹さやえんどうの種をまいた。その際、早春の鑑賞用にしてみようと思い立ち植木鉢にもまいてみた。

(借景にもマッチした、さやえんどう盆栽)
さやえんどう1

さやえんどうには、蔓ありと蔓なし、花の色も白と赤がある。最近の品種の改良には花の鑑賞も視野に入れているようだ。ちなみに我が家では、蔓ありの赤と白を半々ずつ植えつけてみた。咲きそろうのが楽しみである。

(春を呼ぶピンクの花)
さやえんどう2


さやえんどう5


さやえんどう4

ところで、盆栽はというと、2月末に花が咲き始めた。陽だまりを選び移動させたことが功を奏してか、3月15日朝、実を2つ付けていることに気付いた。春は名のみの寒さ厳しき中、よくぞ実を付けた、と感動した。

(食べるのを躊躇うような可憐な実)
さやえんどう3

家族が入れ替わり驚きの声を上げる中、3歳の孫が「いつ食べるの?」と言ったものだから、ちょっと困ってしまった。「もう少し大きくなってからね」と答えたものの、どうしたものかと盆栽を見つめる日々である。

スポンサーサイト




日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

幕張メッセ FOODEXJAPAN 2019

株式会社ケイアンドエムの前島氏から招待を頂き幕張メッセで開催されたFOODEXJAPAN2019を訪問した。44回目となる今回は、幕張メッセの全館を使用し、85カ国から約3500社が出展し過去最大規模となったと言うことだ。

(過去最大規模となった FOODEXJAPAN 2019)
幕張7

「ふるさとマルシェ」では、ギリシャクレタ島産オリーブオイルを取り扱っていることから、前島氏より招待を受けバイヤーとして何度となく参加している。約半日、会場内を渡り歩いたが、とても網羅できるものではない。

(ギリシャ クレタ島のオリーブオイル)
幕張2

ヨーロッパ地域で目を引くのは、何といってもワインである。関税が撤廃されたこともあって、日本への売り込みで拍車がかかっているようだ。各社とも試飲が歓迎であるため勧められるほどにグラスを重ねってしまった。

(ドイツ モーゼルワイン)
幕張3

(40キロの巨大チーズ)
幕張4

ワインに合う食はチーズである。ワインを飲み、隣り合わせの食品ブースでチーズを摘まむ。ワイン好きの私には堪ったものではない。イタリアコーナーではトスカーナのモンタルチーノやアモーレのボトルが目に留まる。ついつい、ほろ酔い気分となってしまった。

(イタリア各地のワイン)
幕張5

アジアゾーンで目に留まったのは、モンゴルコナーの展示品の小脇に置かれた馬頭琴である。スタッフの青年に尋ねると「演奏しますか?」と日本語で思わぬ返事が返る。横浜国立大学に留学していると言う青年は巧みな演奏を披露してくれた。相撲での印象が強い国だが、爽やかな青年との出会いでモンゴルのイメージが変化したような気がした。

(馬頭琴を奏でるモンゴルの青年)
幕張6



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

第15回 「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペ開催

第15回「ふるさとマルシェ杯」ゴルフコンペが、12月3日小名浜オーシャンカントリークラブで開催された。初夏と初冬、年2回の開催が恒例となり参加者も定着してきている。

(いざ出陣 勢揃い)
15マルシェコンペ1

参加者48名は、薄曇り無風と絶好のコンディションのもと穏やかないわきの海を眺めながら存分にゴルフを楽しんだ。いわきのゴルフ場は冬期間でも雪によるクローズはほとんど無いため利用者も多い。

(薄曇り無風 絶好のコンデション)
15マルシェコンペ2

競技はダブルペリア行われ、グロス95、ハンデキャップ24.0、ネット71で回った里見修平さんが初優勝した。ちなみに、里見さんはシルバーティー有資格者でありながらレギュラーティーを利用し、ドラコン賞まで獲得したのだから驚くべきシニアである。

(優勝 里見修平さん)
15マルシェコンペ3

ベストグロスは75で回った常連の薗辺利夫さんで勿論イージシュート、他に太田清次郎さんも80のイージシュートとゴルフを趣味とし健康であることを証明した。

(準優勝 志賀一成さん)
15マルシェコンペ4

(ラッキーセブン 渡辺正俊さん)
15マルシェコンペ5

「ふるさとマルシェ杯」は商品の良さでも定評がある。参加賞にはゴルファーの健康維持の一助になることを祈って話題の奥会津産の「エゴマ油」全員に配られた。最近、エゴマの効用がテレビなどで報じられているため「ふるさとマルシェ」でも人気商品の1つになっている。

(参加賞は人気のエゴマ油)
15マルシェコンペ7

今回も開催に当たり各方面から協賛を頂き賞品として使わせて頂いた。サザンコヒーさま、渡辺酒造本店さま、福島トヨタ自動車いわき平店さま、赤津隆彦さま、小名浜オーシャンカントリーさまなどからのご協賛に感謝する次第である。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

五代目神谷(かべや)発売開始のお知らせ

立春の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、常日頃、吟醸酒「神谷」をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
さて、「神谷」の新酒(五代目)は、2月15日より発売を開始することになりましたのでお知らせいたします。

(5年目になる吟醸酒神谷)

五代目_純米吟醸神谷

例年、新酒の発売は12月中旬に行っておりましたが、昨年末、渡辺酒造本店の醸造システムの改修工事が行われたため「神谷」の仕込みが2カ月程度遅れてしまいました。お歳暮・お年始の贈答品としてご用意することが出来ず、ご迷惑をおかけいたし大変申し訳ありませんでした。

(低温醸造1回火入れで仕上げた逸品)
5代目神谷3

ご承知のように、吟醸酒「神谷」は神谷地区の米作農家と渡辺酒造本店、ふるさとマルシェが連携して製造した自慢の逸品です。特に、渡辺酒造本店は昨年も全国新酒鑑評会で金賞を受賞するなど県内屈指の蔵元として定評があります。

(絵にな神谷)
有田焼 2

今年の五代目神谷は、昨年同様福島県奨励米「天のつぶ」を使用し、「低温醸造一回火入れ」で仕上げました。芳醇なキレの良い一杯を楽しんでいただければ幸いです。今年も吟醸酒「神谷」をよろしくお願い申し上ます。

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

復興を急ぐ 飯舘村

震災後はじめて飯舘村を訪れました。しばしばマスコミに登場する菅野村長さんのリーダーシップのもと村は活気を取り戻しているようです。拠点的には震災前より賑わっているような感じがします。

(高原の佇まいを感じさせる飯舘村役場)
飯舘1

除染の進捗状況も順調で公共施設の整備も急速に進められています。特に、県道12号線沿いに作られた道の駅「までい館」は、平日であるにもかかわらず大変な賑わいようです。

(復興のシンボル的存在の「までい館」)
飯舘2

道の駅「までい館」は、国土交通省と関係機関の支援によるもので、地域活性化の拠点となる施設です。店内には生活必需品販売施設やコンビニエンスストアを備え、避難指示解除後の住民生活を支えることも意図しています。

(広々としたレストラン)
飯舘3

(各地の特産物が並ぶ販売コーナー)
飯舘4

役場など公共施設が立ち並ぶセンター地区では、特別老人ホームや小中学校などの整備が進んでいます。県立相馬農業高校飯舘校は廃校となることが決定しましたが、菅野村長は新たに村立高校の設立を提言しています。センター地区に各種教育機関を整備し若者が集う村づくりの実現を期待しています。

(廃校が決まった飯舘校)
飯舘6

(かつては県内で最大規模の分校だった飯舘校の校舎)
飯舘8

今のところ復興は拠点的で広い村内の点と言ったところです。帰還者は震災前の1割にも満たない状況です。住民が安心と安全を心から感じて帰還をするためには、点と点を結ぶ線さらには面の復興を実現することが必要です。

(圃場に積まれた放射性廃棄物)
飯舘7


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!