FC2ブログ

いわき市在京・地元各界交流の夕べ

恒例となっている「いわき市在京・地元各界交流の夕べ」が、8月18日に新橋第一ホテルで開催され約500名が参加しました。この会も今年で30回となり、規模内容ともに豊富になって来ています。

(主催者の挨拶をする清水市長)
交流の夕べ

あいさつに立った清水市長は、震災後の復興の進捗状況や今年5月に行われた太平洋・島サミットの様子など、元気ないわき市の近況について話しました。その後、来賓の祝辞、根本市議会議長の音頭で乾杯した後は、懐かしい顔に会い肩を叩き合う姿や、初対面で名刺を交換する姿など各界交流の夕べとなりました。

(乾杯を待つ参加者)
交流の夕べ 1

市が会場内に設置した、いわき市観光コーナー・ふるさと寄附金(ふるさと納税)コーナー・いわき平競輪PRコーナーなど各コナーでは担当者が情報提供に努力しています。特に、医師募集コーナーが置かれているのは、いわき市の医師不足の深刻さを物語っているようです。

(医師募集コーナーで説明する担当者)
交流の夕べ 2

今年の交流会の問題点は余興です。前々回あたりから登場したフラダンス、それに加えて今回はのど自慢で全国優勝した高校生の民謡、市公認ご当地アイドルのアイくるガールの「発表会」となりましたのでライブ会場化してしまいました。

(アイくるガール「発表会」さながらのステージ)
交流の夕べ 3

これでは、ゆっくり話をというわけには行きません。場所を変えてと会場を後にするグループの姿も見られました。元気のある若い人たちの活躍を見せようとしたのでしょうが一工夫必要です。「何でも有り」では焦点がぼけてしまいます。「あれもこれも」ではなく「これだけは」の視点に立つことも大切です。

(会津磐梯山を歌う のど自慢優勝者の高校生)
交流の夕べ 4


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

歌舞伎座と日比谷線東銀座駅

所要で日比谷線の東銀座駅で下車しました。それほど利用することはありませんでしたので、歌舞伎座と一体となった駅の佇まいに驚きました。歌舞伎座側に進むと江戸情緒豊かなコーナーが広がります。興味がありましたので立ち寄りました。

(東銀座駅に直結した木挽町広場)
歌舞伎座 1

地下2階には木挽町広場があり、入り口には大提灯が下がっています。中に入ると歌舞伎グッツやお土産屋の屋台が立ち並び、縁日のような賑わいです。和風雑貨や和菓子など浅草の仲見世を思わせる雰囲気です。

(江戸情緒豊かな小物コーナー)
歌舞伎座 2

案内に従い5階に上がると、歌舞伎座大屋根の上にある和風庭園が設置されています。それほど広々としたものではありませんが、阿国桜や紅葉などの植栽、枯山水が配され、四季を感じる心和むスポットになっています。

(歌舞伎座大屋根と朱塗りの階段)
歌舞伎座 3

5階庭園から4階回廊へとつながる朱塗りの階段が設置されています。歌舞伎座の大屋根が迫り、見事な和瓦の並びが日本の伝統建築を象徴しているようです。平成25年に装いを新たにした歌舞伎座は、伝統を継承しながら新たな創造を取り入れた日本の伝統文化の発信基地と言えるでしょう。

(5階の和風庭園)
歌舞伎座 4

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

いわき万本桜音楽祭

5月30日(土)・31日(日)の両日、いわき万本桜音楽祭が開催されました。
30日の前夜祭は「薫風に乗るサックスの夕べ」と題し、三四朗と仲間たちの演奏会がいわき市文化センターで行われ約300名が参加しました。

(暁星国際学園ヨハネ研究の森コース聖歌隊のコーラス)
音楽祭 1

プロのアーティストとしては、サックスの藤本三四朗、ギターの小畑和彦、ドラムの石川智、ピアノの浅香里恵、ボーカルのゲーリー杉田、ソプラノ歌手の愛と豪華メンバーです。加えて、三四朗が非常勤講師をしている暁星国際学園ヨハネ研究の森コース聖歌隊と福島県立いわき総合高校のブラスバンド部の生徒などが加わりましたので多彩な編成です。

(演奏する三四朗さんとゲーリー杉田さん)
音楽祭 2

コンサートは暁星国際学園の生徒の唱歌メドレーから始まり、次第にプロの演奏とつなぎます。サンバから演歌まで親しみのある曲を三四朗のサックスを中心に演奏し、ゲーリー杉田の載せ上手に観客は立ち上がって手拍子を打つ場面が多かったようです。フィナーレは出演者、観客が一体となって「ふるさと」の大合唱で幕となりました。

(いわき総合高校の生徒との合奏)
音楽祭 3

コンサート終了後は、場所を近隣のライブハウスに移し打ち上げとなり、三四朗ファンクラブ、暁星国際学園の生徒、主催した「ふるさとマルシェ」の関係者などが集い、ここでも三四朗と仲間たちの演奏に酔い痴れました。

(欅の大木前の特設会場で演奏する三四朗と仲間達)
音楽祭 4

31日の音楽祭は、いわき回廊美術館の特設野外ステージで行われ、昨日の演奏者のほとんどがステージに立ちましたので豪華なメンバーです。新緑の里山は「薫風に乗る音楽祭」の観客で賑わい、万本桜の丘からサックスの音色が響き渡りました。

(鈴木都さんによるタイ料理教室)
音楽祭 5

また、昼にはタイ料理研究家鈴木都さんによるタイカレーが振る舞われ、午後には、暁星国際高校女子生徒の劇団ヨハンナによる劇「ヘレン・ケラー」が上演されるなど、芸術性の高い「いわき万本桜音楽祭」となったようです。

(劇団ヨハンナによる「ヘレン・ケラー」の上演)
音楽祭 6

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

備前焼徳利に入った吟醸酒「神谷(かべや)」原酒を販売します

「ふるさとマルシェ」では備前焼徳利に入った吟醸酒「神谷(かべや)」原酒の限定販売を開始します。この企画は少し遊び心を持った試みです。

備前焼は日本における代表的な陶器であることは言うに及びません。室町・桃山時代の茶道の流行とともに茶陶として人気を呼びました。釉薬を一切使用しない「酸化焔焼成」で仕上げた陶器は、焼の偶然性と相まって詫び寂びの境地に誘います。

(風格のある柴岡秀泉作の備前焼)
備前焼神谷1

「神谷」を入れる備前は柴岡秀泉の作です。備前の陶工としては中堅的存在だと思いますが、創意を凝らした造形、表情豊かな焼きが魅力的です。また、備前焼の内部には微細な通気性が生じます。これにより酒の香りが高くまろやかなコクのある味に変身させますので、「神谷」の飲み口も一段と向上します。

(「神谷」原酒を表示した裏ラベル)
備前焼神谷2

売り出した「神谷」入り備前焼は、4合入り、2合入り各二種類です。私も4合入り二種類を求めましたが中々の代物です。思うに、鑑賞用には4合、毎日使うには2合と言ったところです。勿論、盃もセットになっています。私の知り合いは、4合入りは違い棚に据え置き、それを鑑賞しながら2合徳利で毎晩飲むことにしていると話しています。

(両脇に備前焼徳利を従えたすまし顔の吟醸酒「神谷」)
備前焼神谷3

これこそ私の好きな白居易の詩の境地です。「一杯復両杯 多不過三四 便得心中適 盡忘身外事」と口ずさみながら杯を重ねれば、日頃の世迷いごとは払拭してしまうこと請け合いです。

備前焼は使い込むと表面の微細な凸凹の角が取れ落ち着いた味わいになってきますので、長く「神谷」用酒器として愛用していただくのに相応しい逸品です。


神谷原酒入り 備前焼の販売ページはこちら↓
神谷原酒入り 備前焼 特設販売ページ
日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

「神谷(かべや)地区新春の集い」を開催

「神谷地区新春の集い」が1月17日、東日本国際大学で開催されました。この会は神谷(かべや)地区の区長協議会が主催するもので、半世紀以上続いている伝統行事です。趣旨は地区の役員など要職にある方が集う新年の親睦会といったところですが、毎年地元選出の国会議員、県会議員、市会議員が来賓として出席しています。

会は区長協議会長の木村徳夫さんの「震災後の復興は道半ば、議員の方々のご助力、地域の方々の連携をお願いしたい」との挨拶で始まりました。来賓祝辞は、清水敏男いわき市長、吉野正芳衆議院議員、岩城光英参議院議員、森雅子参議院議員秘書、地元選出県会・市会議員などみちなかばであ11名に頂きましたので、1人3分と時間を切ったものの少し長いセレモニーだったようです。

(挨拶する岩城光英参議院議員)
岩城光英

祝辞の中で多くの方が異口同音に触れていたことは、神谷地区は地域内に幼稚園・小学校・中学校・高校・大学まである文教地区で人口も増加しており活気のある地域だということです。そして、この地域が進めている「いわき万本桜プロジェクト」と神谷地区で生産された米を使った吟醸酒「神谷(かべや)」の販売プロジェクトは地域活性化の起爆剤になっていると話していました。

(清水市長と記念写真)
清水市長

祝宴は美酒「神谷」を飲みながら神谷地区の夢を語る会となりました。ちなみに、この地区は中神谷西・中神谷南・中神谷北・鎌田・塩・上神谷・上片寄・下片寄の8つの地域から構成され、昭和25年までは神谷村と言われていました。地域の長老の話では「新春の集い」も神谷村の時代から行われていたということですので、まさに伝統行事であるわけです。

(会場となった東日本国際大学)
東日本国際大学

最近、地域に対する帰属意識や連帯感の希薄が指摘されていますが、この地域にも言えることです。このような会合が単なる宴会に終わることなく、新たな人間関係の構築、更には郷土愛の再確認を行い地域の活性化に繋がるものになってほしいと思います。


日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。

■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!