FC2ブログ

絹さやえんどうの盆栽

遊び心で育てた「盆栽絹さやえんどう」が実を付けた。昨年の11月、菜園に春に食べる絹さやえんどうの種をまいた。その際、早春の鑑賞用にしてみようと思い立ち植木鉢にもまいてみた。

(借景にもマッチした、さやえんどう盆栽)
さやえんどう1

さやえんどうには、蔓ありと蔓なし、花の色も白と赤がある。最近の品種の改良には花の鑑賞も視野に入れているようだ。ちなみに我が家では、蔓ありの赤と白を半々ずつ植えつけてみた。咲きそろうのが楽しみである。

(春を呼ぶピンクの花)
さやえんどう2


さやえんどう5


さやえんどう4

ところで、盆栽はというと、2月末に花が咲き始めた。陽だまりを選び移動させたことが功を奏してか、3月15日朝、実を2つ付けていることに気付いた。春は名のみの寒さ厳しき中、よくぞ実を付けた、と感動した。

(食べるのを躊躇うような可憐な実)
さやえんどう3

家族が入れ替わり驚きの声を上げる中、3歳の孫が「いつ食べるの?」と言ったものだから、ちょっと困ってしまった。「もう少し大きくなってからね」と答えたものの、どうしたものかと盆栽を見つめる日々である。

スポンサーサイト

日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

幕張メッセ FOODEXJAPAN 2019

株式会社ケイアンドエムの前島氏から招待を頂き幕張メッセで開催されたFOODEXJAPAN2019を訪問した。44回目となる今回は、幕張メッセの全館を使用し、85カ国から約3500社が出展し過去最大規模となったと言うことだ。

(過去最大規模となった FOODEXJAPAN 2019)
幕張7

「ふるさとマルシェ」では、ギリシャクレタ島産オリーブオイルを取り扱っていることから、前島氏より招待を受けバイヤーとして何度となく参加している。約半日、会場内を渡り歩いたが、とても網羅できるものではない。

(ギリシャ クレタ島のオリーブオイル)
幕張2

ヨーロッパ地域で目を引くのは、何といってもワインである。関税が撤廃されたこともあって、日本への売り込みで拍車がかかっているようだ。各社とも試飲が歓迎であるため勧められるほどにグラスを重ねってしまった。

(ドイツ モーゼルワイン)
幕張3

(40キロの巨大チーズ)
幕張4

ワインに合う食はチーズである。ワインを飲み、隣り合わせの食品ブースでチーズを摘まむ。ワイン好きの私には堪ったものではない。イタリアコーナーではトスカーナのモンタルチーノやアモーレのボトルが目に留まる。ついつい、ほろ酔い気分となってしまった。

(イタリア各地のワイン)
幕張5

アジアゾーンで目に留まったのは、モンゴルコナーの展示品の小脇に置かれた馬頭琴である。スタッフの青年に尋ねると「演奏しますか?」と日本語で思わぬ返事が返る。横浜国立大学に留学していると言う青年は巧みな演奏を披露してくれた。相撲での印象が強い国だが、爽やかな青年との出会いでモンゴルのイメージが変化したような気がした。

(馬頭琴を奏でるモンゴルの青年)
幕張6



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

三四朗 春を呼ぶサックスの調べ

三四朗コンサートがいわき市平のアートスペース・エリコーナで行われた。三四朗こと藤本三四朗氏は東日本大震災のボランティアが縁で市内での演奏活動を行っている。今回はエリコーナのオーナー中川さんと三四朗が音大の同窓であることもあって実現した。

(フルートを演奏する三四朗)
三四朗1

コンサートは三四朗の得意とするサックスをテナー、アルト、ソプラノと使い分け演奏したほか、フルートの演奏やソフトな声でボーカルも披露した。小ホールならではの演奏者と観衆が一体となった気持ちの良いコンサートとなった。

(甘い歌声を披露する三四朗)
三四朗2

ピアノ伴奏は神村晃司氏で見事なピアノソロも披露した。神村氏は大学在学中にジャズに傾倒し、ジャズコンテストなどで入賞するなどの経歴を持っている。サックスとピアノでのジャズ系の演奏はパーカッション不在が気になるところではあったが、靴を踏み鳴らしながらの熱演に拍手が沸いた。

(飛び入りのボーカルはファンクラブの須能さん)
三四朗3

三四朗はバークリー音楽院を卒業後、ニューヨークを拠点にヨーロッパの各地でストリートパフォーマンスを展開した経歴をもつ。若いころに経験した観衆との接触を通して身に着けた音楽家として類ない哲学を持っている。

(三四朗CDと特製カレンダー)
三四朗4

三四朗の夢の一つは、若者に音楽を通して人生の生き方在り方を教えることである。現在、いわき市内の高校や大学に接触し教壇に立つことを模索している。サックス奏者としての三四朗の魅力は勿論であるが、教壇でサックス片手に人生を語る講義を聴いてみたいものだ。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

レモンの皮とオリーブオイルとのマリアージュ

今年は、我が家のレモンがたくさん実を付けた。以前にも掲載したことがあったが、レモンは東北では栽培が難しいと言われている。「我が家で採れたレモンだ」と言うと、「いわきでもレモンが採れるの?」と、一様に驚く。多分、耐寒性の強いリスボンレモンではないか、と思っている。

(沢山実を付けた耐寒性のレモン)
リスボンレモン6

(実は不揃いだが豊作)
リスボンレモン5

レモンの皮には果汁の5~10倍のビタミンが含まれているそうだ。他にも、繊維、カリウム、マグネシウム、βカロテンなどが豊富に含まれ骨粗しょう症やリュウマチ予防にもなるので大いに活用したいところだ。ところが、輸入されたレモンは農薬やワックスが使用されているため皮を食することは難しい。

(実を取り除き皮を擦りおろす)
リスボンレモン

(オリーブオイル注ぐ)
リスボンレモン2

ところで、我が家のリスボンレモン?であるが、害虫防除の消毒や施肥などは一切していない。自己流の剪定をするだけである。それでもよく実をつける。どうもこのレモンは我が家の自然環境を気に入っているらしい。

(特製オリーブオイルの完成 オリーブオイルはクレタ島産のミノスとプシラキス)
リスボンレモン3

一策を講じてレモンドレッシングを作ってみた。といっても、難しいことをしたわけではない。レモンの皮を摩り下ろしてオリーブオイルを加えただけである。しかし、オリーブオイルは吟味したものを使った。ギリシャのクレタ島で作られたミノスのエキストラバージンオイルである。(ふるさとマルシェのネットショップを参照していただきたい。)

(生野菜にもぴったり)
リスボンレモン4

ギリシャの高級オリーブオイルと我が家の田舎レモンとのマリア―ジュは絶妙である。癖のないオリーブオイルとレモンの味のマッチングは表現は難しいが、とにかく美味しい。サラダにかけたりパンに付けたり大変重宝している。



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!

こだわりのレストラン Taro’s Cafe 

Taro’s Cafeは、いわき市平谷川瀬の平競輪場の近くにある。この店に足を運んだのには、ちょっとしたわけがある。12月にブログに取り上げた四倉町の田中さんのカボスを友人がTaro’sCafeのシェフに紹介したのだった。それで、こだわりのシェフ曳地さんはカボスドレッシングを作ったというのである。

(しゃれた佇まいの Taro'Cafe)
たろうずかふぇ1

友人は、この機会にTaro’sCafeで食事をしてほしいというので、田中さん夫妻と私と妻で会食をすることになった。私はサラダプレートランチ、3人はカレープレートランチを注文した。どちらも1500円、共通するのは主食に添えられた豊富な野菜である。

(カボスの田中さんと曳地シェフ)
たろうずかふぇ2

新鮮な取り立て野菜をふんだんに使った料理はボリュームたっぷり、ヘルシーで味も絶品である。シェフの話によると、平の泉崎にある直営のタローファームで栽培された新鮮野菜を朝採りして使用しているとのことである。

(野菜たっぷりのサラダプレートランチ)
たろうずかふぇ5

(カレープレートランチ)
たろうずかふぇ6


(しゃれたデザート)
たろうずかふぇ3

Taro’sCafeのオナー長谷川祐一さんは、薬局の運営や保険調剤業務・介護保険支援など幅広く活動している。Taro’sCafeは福祉との連携の中で食を提供する場所としての機能を持っていると言える。お薦めのレストランである。

(レジ脇にはタローファームの直売野菜)
たろうずかふぇ4



日本ブログ村へ登録しました。イイね!と思った方はこちらもにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村
はてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるさとマルシェ ショッピングサイト↓↓
ふるさとマルシェ
ふるさとマルシェは福島県を中心とした各地域の旬の“逸品”を厳選し、産地直送にてお届けするインターネットショッピングサイトです。
送料全国一律500円。パソコンなくても電話一本でご注文可能。豊富なお支払い方法をご用意し、大口や法人対応も可能です。
わからないことがあったらまずはお電話を!女性スタッフが親切・丁寧に対応させて頂きます。
今なら新規会員登録で500ポイントプレゼント中!
■Facebookページへの【いいね!】お待ちしております!
■ふるさとマルシェtwitterをフォローすると最新情報がチェックできますよ!